島根県松江市・全焼の住宅の焼け跡から姉と弟の遺体。弟の胸に刺し傷

火災現場画像 事件

9月28日、島根県松江市で住宅1棟が全焼。

焼け跡からは25歳の長女23歳の長男の遺体が見つかり、長男の胸には心臓に達する刺し傷がありました。

警察は、出火時逃げて無事だった21歳の次男から直前の様子を聞くとともに、火災の原因を調べているとのことです。

スポンサーリンク


事件の概要

2018年9月28日午後3時25分ごろ。

島根県松江市古曽志町(こそしちょう)の看護師の女性(50)の住宅から出火。

近所の男性が煙に気づいて通報しましたが、住宅は全焼。

火災現場画像
引用元:ABC NEWS

約1時間20分後に鎮火した焼け跡からは、2人の遺体が見つかりました。

この家に住んでいたのは、女性と4人の子ども。

出火当時、女性と三男(18)は外出中で、家の中にいたのは、長女と長男、次男の3人。

このうち21歳の次男は逃げ出して無事でした。

見つかった遺体は、25歳の長女23歳の長男と確認。

火災現場画像
引用元:ABC NEWS

長女の死因は一酸化炭素中毒。

しかし、長男の遺体の胸のあたりには刺し傷のようなあとがあり、失血死の可能性が高いとのこと。

刺し傷は心臓まで達していたそうです。

警察は、自殺の可能性もあるとしながらも、何者かが長男を殺害し家に火をつけた放火殺人の可能性もあるとみて、当時の状況を調べています。

 

スポンサーリンク


火災の現場は

火災現場画像
引用元:ABC NEWS

火災の現場となったのは、島根県松江市古曽志町(こそしちょう)にある住宅です。

古曽志町は、松江市の中心部から約7kmの場所にあり、現場は10棟ほどの住宅がある集落の一角。

国指定史跡の丹花庵(たんげあん)古墳や、古墳の丘“古曽志公園”があるそうです。

全焼した住宅は木造2階建てでした。

 

ネットの反応

出火原因は、
家にいて外に逃げて無事だった
次男が知ってるんじゃないのか?

引用元:Yahoo!映像ニュース

近所への聞き込みや、現場検証が島根県警にしては綿密だったので、おかしいと思ってたが
やはりそんな裏があったのか

引用元:Yahoo!映像ニュース

三男がまだ10代だし、可哀想。

引用元:Yahoo!映像ニュース

訳あり臭が凄い!

引用元:Yahoo!映像ニュース

20過ぎてるのに実家同居かよ。こんなんさっさと追い出せばええねん。
跡継ぎの長男以外はさっさと放り出せ。

引用元:Yahoo!映像ニュース

成人した多くの子どもたちが同居していた家庭だったようです。

まだ、出火当時の状況はわかっていませんが、単なる火事でなかったことは確かなようです。

出火当時のことは、逃げ出して無事だった次男にしかわからないかもしれません。

何があったのか・・・

調べが進むのを待ちたいと思います。

家も、2人の子どもも失ってしまった母親の気持ちを考えると、やりきれません。

 

 

スポンサーリンク



参考:島根 NEWS WEB島根 NEWS WEBABC NEWS

コメント