鹿児島・運送会社で男性殺害。近くで腹から血を流していた35歳女逮捕

事件現場画像 事件

鹿児島市の運送会社で、従業員の男性が胸から血を流しているのが見つかり、死亡が確認されました。

同じ部屋で腹から血を流していた35歳の女「男性を刺して自分も刺した」と供述。

逮捕されました。

スポンサーリンク


事件の概要

2018年9月25日正午すぎ。

鹿児島市南栄3丁目の運送会社“福岡ソノリク鹿児島支社”から、

「男性が刺され意識がない。」

と、119番通報がありました。

鹿児島市の運送会社で殺人事件 ニュース画像
引用元:MBC NEWS

警察と消防が駆けつけると、社内の仮眠室で、従業員の男性が胸から血を流して倒れていました。

男性は、発見から約3時間半後に死亡。

鹿児島市の運送会社で殺人事件 ニュース画像
引用元:MBC NEWS

死亡したのは、鹿児島市下福元町に住む35歳の男性。

この運送会社の営業所長だったそうです。

鹿児島市の運送会社で殺人事件 ニュース画像
引用元:MBC NEW

また、同じ部屋で、同社の従業員ではない30代の女も腹から血を流しているのが見つかりました。

病院に搬送された女は命に別状はないとのこと。

鹿児島市の運送会社で殺人事件 ニュース画像
引用元:MBC NEWS

事件当時、支社は営業中でした。

 

血を流していた女逮捕

その後の調べで、同じ部屋で血を流していた女が、

「(男性を)刺して自分も刺した。」

などと供述。

9月26日の夜、鹿児島市下荒田(しもあらた)に住む、飲食店従業員の35歳の女が殺人の疑いで逮捕されました。

上半身裸の状態で、胸を複数ヶ所刺されていた男性。

室内のゴミ箱の中からは、凶器とみられる血の付いた包丁が見つかったそうです。

2人は交際関係にあったとみられ、交際関係のもつれなどから女が犯行に及んだ可能性もあるとのこと。

女が、激高したくなるような立場に置かれていたということでしょうか。

刺された男性がどうして上半身裸だったのかも気になるところですが・・・

 

更新情報

10月17日。

鹿児島地方検察庁は、女を殺人の罪で起訴しました。

警察の調べに対して、刺したことを認めていた女。

しかし、鹿児島地方検察庁は、女が罪を認めているかどうかについて明らかにしていないそうです。

 

スポンサーリンク


事件の現場は

事件の現場となったのは、鹿児島県鹿児島市南栄(なんえい)3丁目の運送会社“福岡ソノリク鹿児島支社”です。

現場は、鹿児島市中心部から南に車で約20分の距離で、海沿いの工場が立ち並ぶ場所の一角にあります。

 

株式会社福岡ソノリクとは

株式会社福岡ソノリクは、主に農作物を運ぶ会社。

平成8年1月現在の従業員数は186名。

東日本大震災被災地に500万円の義援金を送っています。

会社の口コミ

商品管理(倉庫フォークリフト作業)社員なら研修時期(入社2日目)から12時間労働当たり前です。仕事量と作業員の数が合っていません。作業が片付かないので仕事ができる人は12時間以上労働でした。個々の仕事量が多いので新人はほぼ放置です。教育体制が全く整っていません。休憩時間など決まっておらず「自由にとっていいよ」と言われますが、新人が勝手に取れるはずがなく、お昼休憩も14時~15時頃と遅くなっていました。(2017年)

30代 / 男性 / 元社員(正社員) / 運輸・物流・設備系

引用元:カイシャの評判

物流関係は今はどこも忙しいですが、この会社も例にもれずかなり忙しい会社だったようです。

 

ネットの反応

事件直後のネットの反応です。

女が刺したのか、あるいは二人共被害者かもしれないな…。

引用元:Yahoo!映像ニュース

不倫の末の刃傷沙汰かな?女は死にきれなかったか。

引用元:Yahoo!映像ニュース

>堂浦さんと女性との関係はわかっていませんが、

普通なら同僚だろ。分かっていないということは、無関係の女性が会社に侵入していたということか?

引用元:Yahoo!映像ニュース

運送会社だけにドライバー達の噂話がすごい勢いで方々に拡散されているらしい
まあ痴情のもつれっぽいが

引用元:Yahoo!映像ニュース

これだけ立派な会社なら防犯カメラとかないですか?

引用元:Yahoo!映像ニュース

「詳しい経緯を知っているとみて」とか「近く聴取する」などという言い方は重要参考人として見られてるという意。
重要参考人=参考人のうち,まだ被疑者ではないが,状況証拠から犯人もしくは事件に深く関与しているかもしれないという人のこと

普段から新聞読んでたら別に法律を知らなくても分かるはずなんだけど知らない人もいるんだね

引用元:爆サイ

 

 

スポンサーリンク



参考:MBC NEWS鹿児島 NEWS WEBMBC NEWS鹿児島 NEWS WEB

コメント