スポンサーリンク

富山国際大学生チョコパイ無料配布に千人超え殺到。フェンス壊れる

壊れたフェンス画像 国内ニュース

11月5日、富山国際大学の学生の「富山駅前でチョコレートパイを無料で配布する」というツイッターの書き込みで、多くの人が駅前に殺到。

あまりの混雑に駐車場のフェンスが壊れ、学生たちは駐車場の管理会社に謝罪。

大学も謝罪文を発表する事態となりました。


スポンサーリンク

チョコパイ1,500個を無料配布

2018年11月5日の夕方。

富山国際大学の男子学生6人(1~4年生)が、

「JR富山駅前でチョコレートパイを無料で配布する。」

とツイッターに書き込みました。

ツイッター画像
引用元:日テレNEWS24

学生は、自分たちで購入した総額18万円分のチョコレートパイ1,500個を富山駅前で配布。

大量のチョコパイ画像
引用元:日テレNEWS24

富山駅前には、その書き込みを見た高校生など1,000人以上が殺到。

学生ら画像
引用元:日テレNEWS24

近くの駐車場のフェンスが壊れる騒ぎとなりました。

大学側の聞き取りに対して学生らは、

「喜んでもらいたかった。

目立ちたかった。」

と無料配布した目的について話し、反省している様子を見せたとのこと。

学生らはフェンスが壊れた駐車場の管理会社に謝罪。

フェンスの修理代も学生らが負担するとのことです。

壊れたフェンス画像
引用元:日テレNEWS24

11月9日には富山国際大学が、

「学生の軽率な行為によって多大なご迷惑をおかけしましたことを深くおわび申し上げます。」

とホームページ上で謝罪のコメントを発表。

大学は、詳しく調査した上で学生の処分について適正に対応するとしているそうです。

スポンサーリンク


富山国際大学とは

富山国際大学は、富山県富山市東黒牧(ひがしくろまき)65-1に本部を置く私立大学。

以下の4つの教育機関からなる学校法人富山国際学園が運営しています。

  • 富山国際大学
  • 富山短期大学
  • 富山国際大学付属高等学校
  • 富山短期大学付属みどり野幼稚園

幼児期から青年期まで地域の保育や教育を担う、富山県内随一の私立総合学園の富山国際学園。

1963年に県内初の私立大学として設立された富山女子短期大学が、1990年に富山国際大学となりました。

富山国際大学画像
引用元:日テレNEWS24

学生たちの行為について、

「人間性と社会性を重視する本学の教育方針に照らして不適切なものだ。」

とした大学側。

富山国際学園が目指す人格形成のあり方として、「高い知性」「広い教養」「健全で豊かな個性」を備えることが重要だと述べています。

それぞれの特質について学園では次のように定義。

  • 知性:物事を考え、理解し、判断する能力。
  • 教養:人間が持つべき知識・常識や自然や文化への幅広い造詣。
  • 個性:他の人とは違う、その個人にしかない性格・性質。

参考:富山国際大学HP

今回の学生たちの行為は、判断力や常識に欠けていた部分もあるかもしれません。

また、個性という部分においても、目立つこと=個性ではありませんね。

ちなみに“みんなの大学情報”によれば、富山国際大学の偏差値は35.0とのことです。

 

 

ネットの反応

チョコパイを配った理由は?
その部分が重要だと思うけど。
大学側が謝罪したとあるが、なぜ謝罪しなければならなかったのかが一番興味ある部分ですね。

引用元:Yahoo!映像ニュース

いくら駅前だからって、なんの告知なしにいきなり無料でお店の人でも何でもない人が配るチョコパイをわれ先に貰おうと群がる人が多かったことのほうがビックリ。

引用元:Yahoo!映像ニュース

昔、バイト先で新商品のサンプリングで無料で配った時、開始時間数分前になったら普段からは想像がつかないくらいの人が押し寄せてきて、店員側からしたら無料のものにこんなに人が群がることに恐さを感じた。
たった100円くらいの商品だったのだけれど、無料というだけで驚くくらいの集客力。
この学生たちの目的がわからないけど、無料の力を甘くみてはいけないと思う。

引用元:Yahoo!映像ニュース

無料チョコパイに群がった人達がフェンス壊した後も、騒ぎが大きくなって警察が来た時も、配った大学生は「自分達は悪くない」的なツイートしてたから、原因を作った責任は全く感じてなかった様子。
誰かが大学に凸して大学に怒られたから謝る気になったのかな…
配った学生もそこに集まった人達も、もう少し思慮深くなれたら良かったですね。

引用元:Yahoo!映像ニュース

学生が大元の原因だとしても、フェンスを壊したのは別人だし、別問題だと思うけどな

引用元:Yahoo!映像ニュース

NHKの報道では、無料配布の目的について“喜んでもらいたかった。目立ちたかった”と書かれていました。

しかしネット上では・・・

“配布した学生の何人かが勤めていた携帯電話販売会社の宣伝のため、高校生をターゲットに宣伝広告を兼ねたチョコパイ無料配布を行った”

という内容のコメントが見られました。

どちらが正しいのかはわかりません。

しかし、大学生が1人3万円(6人で総額18万円分を調達)も出したことに、少し違和感は感じました。

フェンスを壊したのは学生たちではないので、大学側が謝る意味がわからないという意見も。

確かに、1,000人並んだとしても、普通に並んでいればフェンスが壊れることはありませんね。

チョコパイの無料配布という非日常的な出来事に遭遇し、知らない人たちが同じ目的で集まったことでお祭り気分になり、テンションが上がりすぎたのかもしれません。

フェンスが壊れなければ、もしかしたら問題視されなかった出来事かもしれません。

何事も調子に乗りすぎると、あまり良い結果を招かないようです。

 

 

今年の渋谷のハロウィーンはひどいものでした。

渋谷・ハロウィーンでトラブル。軽トラ横転させられ器物損壊容疑で捜査

火災も発生で騒然の渋谷ハロウィーン。暴行・盗撮・痴漢で逮捕者も

 

スポンサーリンク



参考:富山 NEWS WEB朝日新聞デジタル日テレNEWS24

コメント