DVの韓国籍の男がシェルター避難の息子連れ去り!警官らを刺し逮捕!

東京都荒川区で車で事故を起こし職務質問された50代の男が、警察官らを包丁で切りつけ逮捕。

車内にいた、男の息子とみられる1歳の男児が保護されました。

男のDVから逃れるためにシェルターに身を寄せていた妻と息子。

男は、その息子を連れ去っていたのでした。

スポンサーリンク


事件の概要

5月2日午後9時半すぎ、東京都荒川区でパトカーが追跡していた手配中の軽ワゴン車が、車道の中央分離帯に衝突。

事故を起こした車画像
引用元:日テレNEWS24

警官が車中を確認すると、運転していた50代の韓国籍の男性が、助手席の50代のポルトガル人男性を包丁で刺し重傷を負わせていました。

男性は、さらに警官の右手を切りつけ、自らの喉も包丁で刺し病院に運ばれました。

事故を起こした車画像
引用元:日テレNEWS24

警視庁はこの男性を殺人未遂の疑いで逮捕。

事故を起こした車の後部座席に乗っていた1歳の男の子が保護されました。

事故を起こした車画像
引用元:日テレNEWS24

男の子は男性の息子

男性のDVから逃れるために、男性の妻と息子は、DVェルターに避難していたのです。

しかし先月30日17時ごろ、川崎市高津区の路上で母親と一緒にいた息子が男性に車で連れ去られ、神奈川県警が行方を捜していたのでした。

目撃者によれば、現場にはおびただしい血が流れていたそうですが、刺された2人も、刺した男性も命に別状はないとのことです。

男の子にもケガがなく良かったですが、そんな小さな子供を乗せた車でパトカーを振り切ろうとすること自体、息子のことを考えていない証拠です。

DVから逃げるためシェルターに

事件を起こした男性の30代の日本人妻は、昨年6月、男性からの暴力や暴言などについて、

夫がDVで子供を連れて逃げてきた。

と神奈川県内の警察署に相談。

その際に妻が、被害届は出さずに「夫から逃げたい」と希望したことから、母子でDVの被害者を保護するシェルターに身を寄せていたのです。

事件現場画像
引用元:日テレNEWS24

警察は、110番通報があればDVで避難している女性だとすぐわかるよう、妻を「特定通報」の対象者として登録していました。

特定通報者登録
被害者や家族の電話番号をあらかじめ登録しておくと、登録者が110番通報した時に、名前や住所、通報理由などをくわしく告げなくても警察官が駆けつけてくれる制度。 

シェルターに避難していたにもかかわらず、路上で息子を連れ去られてしまった時、妻はどんなにか怖く、どんなに息子が心配だったことでしょう。

スポンサーリンク


事件の現場は?

事件の現場となったのはJR西日暮里駅から北に約400メートルの住宅街。

東京都荒川区西日暮里6の車道です。

お寺などの由緒ある建物や、昔ながらの商店街も多く、また多くの韓国人が住んでいる場所でもあります。

ネットの反応

もうDV被害者の避難場所を作るんじゃなくて、DV加害者の隔離場所を作ったほうがよくないですか?

引用元:Yahoo!映像ニュース

お子さんが無事でよかった!
DV男は妻子の情報をどこで手に入れたのだろう?
殺されてしまう事例もあるし怖いね。

引用元:Yahoo!映像ニュース

子供を連れ出せたこと、場所がわかったことは大問題です。子供の命が危険にさらされてしまった。

引用元:Yahoo!映像ニュース

そもそも なんで避難先のシェルターの場所がバレたの??
シェルターの意味無いじゃん…
男の子が無事だったから良かったけど…

引用元:Yahoo!映像ニュース

ん?助手席の刺されたのは誰?

引用元:Yahoo!映像ニュース

シェルターにいたのになぜ居場所がわかってしまったのか疑問視、問題視する声が多く聞かれました。

助手席に乗っていた男性が誰なのか、またなぜその男性も刺されたのか、それも疑問です。

男性と妻は、息子の親権を巡ってトラブルになっていたという話もあります。

しかし、家族に暴力をふるったり人を刺したりする人に、親権どころの騒ぎではありません。

息子さんにケガがなかったのは幸いでしたが、母子の居場所がなぜわかったのかなど調べが進むのを待ちたいと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする