スポンサーリンク

青森・飲酒運転のうえ130kmで追突4人死亡事故。高杉祐弥容疑者ら逮捕

事故現場画像 国内ニュース

2018年9月に青森県つがる市の国道で、車4台が絡み4人が死亡した事故。

警察は、飲酒のうえ時速約130kmのスピードで運転し他の車に衝突したとして、団体職員の高杉祐弥(たかすぎゆうや)容疑者を逮捕。

高杉容疑者の車に同乗していた、無職の野呂祐太朗(のろゆうたろう)容疑者も道交法違反(同乗)の疑いで逮捕されました。

事故の概要

事故現場画像
引用元:産経新聞

2018年10月22日。

自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の疑いで逮捕されたのは、青森県つがる市森田町大館千歳(もりたちょうおおだてちとせ)、団体職員の高杉祐弥容疑者(32)です。

高杉容疑者の車に同乗していた同市森田町上相野若緑(かみあいのわかみどり)、無職の野呂祐太朗容疑者(33)も道交法違反の疑いで逮捕されました。

高杉容疑者顔画像
引用元:日テレNEWS24

事故が起きたのは、2018年9月22日午前1時5分ごろ。

青森県つがる市の国道101号でのこと。

事故に巻き込まれた4台の車は、片側1車線の直線道路を2台ずつ対向して走っていました。

片側にいた2台の車のうち、後方を走っていたRV車が、時速約130kmのスピードで前方の軽自動車に追突。

そのはずみでセンターラインをはみ出し、対向車線を走っていた軽自動車と正面衝突した疑いが持たれています。

事故現場画像
引用元:FNN PRIME

時速約130kmで走っていた車に追突された軽自動車は道路脇の柵にぶつかり横転。

軽自動車に乗っていた、広船淳(ひろふねじゅん)さん(43)と、妻の愛莉(あいり)さん(30)が死亡しました。

事故現場画像
引用元:FNN PRIME

正面衝突されたほうの軽自動車は、道路脇の田んぼに転落。

転落した軽自動車に乗っていたのは、代行運転手の山田春治(はるじ)さん(63)と、代行を利用していた客の山田久美子さん(46)。

2人とも死亡が確認されました。

事故現場画像
引用元:FNN PRIME

また、軽自動車で山田さんの後方を走っていた運転代行の同僚男性(50代)も、道路脇の柵にぶつかり対向車線にはね飛ばされた広船さんの軽自動車と衝突。

軽傷を負いました。

事故の相関図
引用元:TBS NEWS

飲酒運転していたとみられる高杉容疑者の車には、高杉容疑者を含め3人が乗っていたとのこと。

3人は小中学校の同級生。

事故の前日から高杉容疑者の自宅でバーベキューをして飲酒していた3人は、さらに別の場所で飲酒しようと移動する途中だったそうです。

高杉容疑者を含む2人も胸などを骨折する重傷を負い、もう1人は軽傷を負いました。

高杉容疑者は飲酒運転は認めていますが、“運転は正常にできた”という旨の供述をしており、容疑を否認。

野呂容疑者は、

「高杉(容疑者)は正常な運転ができる状態ではなかった。」

と容疑を認めています。

もう1人の同乗者はいまだ入院中のため、回復を待って事情を聴く方針とのことです。

 

スポンサーリンク


事故の現場は

事故現場となったのは、青森県つがる市国道101号。

制限速度50km、片側1車線の直線道路。

ひたすらまっすぐで見通しが良く、普通に運転していれば事故を起こす可能性の低い道路だそうです。

 

誤解を生む報道による中傷

この事故をめぐっては、あたかも亡くなった広船さん夫妻が飲酒運転していたかのような誤解がネット上に広まりました。

その一因となったのは、

「最初に衝突したとみられる2台の軽乗用車のどちらかの運転手が、酒気帯びだった可能性がある。」

との地元民放の報道。

軽自動車に乗っていた山田さんが代行運転の業務中だったことから、山田さんが飲酒していたとは考えにくく、飲酒運転していたのは広船淳さんではとの臆測を呼んだのでした。

県内のパチンコ店運営会社の同僚だった広船さん夫婦。

夫婦の上司だった男性によれば、事故当日の9月22日、広船淳さんは午前0時ごろまで遅番の勤務をしていたとのこと。

事故が起きたのは、勤務が終わってから約1時間後の午前1時5分ごろ。

男性は、

「(淳さんが)妻を迎えに自宅まで戻り、酒を飲んでからまた出かけて事故を起こすとは思えない。」

と指摘していました。

しかし、すでに誤解が広がったネット上には、“酒気帯び夫婦”など、広船さん夫妻に対する中傷が相次いでしまったのです。

その後の調べで、淳さんも山田さんも血液などからアルコールは検出されず、どちらも飲酒していなかったことが判明。

高杉容疑者が飲酒運転の上、猛スピードで広船さんの車に追突し、センターラインをはみ出し山田さんの軽自動車に衝突した可能性が強まったのでした。

誤解による中傷に遺族たちは心を痛め、誤解の一因となった報道に憤りを募らせているとのことです。

 

青森テレビ誤報謝罪

中傷が広がる元となった誤報を報じた青森テレビ(9月25日放送)が、

「誤っていました。

おわびして訂正します。」

と、10月22日の夕方のニュース番組で謝罪しました。

TBS系の地方局である青森テレビ。

小山内悟常務は、

「誤報の結果、遺族の方が気持ちを痛めたことは申し訳なく、おわび申し上げます。」

とコメントしました。

 

ネットの反応

《飲酒運転の男性に対する反応》

こんな悲惨な事故なのに発生して1か月たっててるんですね。そして、実名報道もされてない。
やはり、地域によって、飲酒運転の報道の仕方かなり違います。
本当に他の方がコメントされているように飲酒運転は殺人をする人間と同じだと思います。
もっと全国的にも飲酒運転の報道をやって、飲酒運転の悪さを感じて、飲酒運転をしないようになってほしいです。

引用元:Yahoo!映像ニュース

代行を頼んだのに飲酒運転に巻き込まれるとは思わない

引用元:Yahoo!映像ニュース

その30代の同級生3人の名前を出してもいいくらい悪質な案件。
相手方はお酒飲んで、ちゃんと代行を頼んだのにこんなことになるなんて思いもしないよね。
吉澤の件も記憶に新しいのに、何で?

引用元:Yahoo!映像ニュース

使い回しのような「酔っていて覚えてない」。
この言い訳したら責任が軽くなるような印象を与えるけど、どうにかならないものかと思う。

引用元:Yahoo!映像ニュース

お酒を、飲んでトラブル起こした人に対する処罰が軽すぎる。
飲酒運転のみならず、喧嘩したり、絡んだり。
正直酔っ払った上でのトラブルは、もっと厳罰に処すべし。
酔っぱらって犯罪を起こした人の統計とってみてよ。とんでもない数になるから。
今回のドライバー、同乗者、今後の為にも重い処罰を!

引用元:Yahoo!映像ニュース

《中傷のもとになった報道に対する反応》

これから警察もマスコミも、だったかの疑いで調べてるとかの発表をやめたらいい。
ネット社会で誹謗中傷が起こりやすい時代になったのだから、ネットによる二次被害や冤罪を無くす方法をしないと。
謝罪もしない不特定多数が出てくることは防がないと。
一方でネットニュースとか見てる人もリテラシーをきちんとしなければならない。
こんなニュース増えてきてる。

引用元:Yahoo!映像ニュース

最初に報道した「民放」の責任が重いだろ!
どちらか判らないならそこは報道するべきじゃないんじゃないか?

引用元:Yahoo!映像ニュース

ネット社会は情報の受け取り方の誤解で
いろいろと誤った情報が広がりやすいね。
発表する方がネット社会になった事意識しないとならないね。

引用元:Yahoo!映像ニュース

たまたまNHKドラマ「フェイクニュース」を観た後で

現実にあるんだろうなと想像だけしていたら本当にあるんだと
このニュースで実感した。
そんな中傷ニュースに乗らないようにしなきゃ。

引用元:Yahoo!映像ニュース

日本中どこを探しても、「時速130km」で走行できる道路は無い。
ましてや一般道とは・・・。
飲酒運転をした方が亡くならず、ぶつけられた方が亡くなるのが悲しい。

引用元:Yahoo!映像ニュース

飲酒運転は言うまでもなく、時速130kmというスピードを出していたことも、大きな事故につながった要因の1つです。

報道による誤解が中傷につながったことも、報道がスピードを出しすぎることに原因の一部があると思います。

事件や事故の内容を理解するために、多くのニュースを見たり読んだりしますが、大手のニュースサイトやテレビの報道の内容の違いに驚くことが多々あります。

名前の読み方の間違い、事件に関わる人の家族構成などの間違い、事実関係の間違い。

一昔前は、テレビで報道されることはなんら疑わず、そのまま確定的な情報として受け取っていました。

しかし、視聴率やPV数稼ぎの競争が激化したためなのか、大手のニュースまでが情報の確実性よりスピードを重視していると感じるようになりました。

いくつかのニュースを見たり聞いたり読んだりしていると、それぞれで伝えられていることが違っていて、本当はどんなニュースなのかわからなくなることがあります。

また、ネット上のコメントなどには無責任な憶測や、ただ批判したいだけのものも多いかもしれません。

しかし、ニュースサイトのコメント欄などには、事件を理解するのに参考になる言葉や、目からうろこの考え方、事件や事故への対応策などを真面目に考えている言葉などもあります。

大手の企業がさまざまなデータを改ざんしたり、粉飾決算をしたり、官公庁までが虚偽の報告をしたりということが珍しくなくなった昨今。

虚実入り乱れて流される情報に振り回されずに、情報を冷静につかみ取る力が個人に求められているのかなと思います。

ただ、大手の報道には忖度が働いていることがたびたびあり、個人が本当の情報を知ることは簡単ではないのだなとも感じます。

 

 

車は危険な乗り物です。運転を甘く見てはいけません。⇒

東京・首都高でトラックに追突した乗用車が炎上。わき見運転が原因

岡山・中学生が無免許運転で事故。13歳少女死亡、同乗の中学生重軽傷

中学生が盗んだ軽トラで無免許運転!仲間を死なせた事故が悲し過ぎる

 

スポンサーリンク



参考:朝日新聞デジタル朝日新聞デジタル毎日新聞毎日新聞産経新聞

コメント