福岡・23歳女性を自宅に4日間監禁し性的暴行容疑。椿原清容疑者逮捕

バスロータリー画像 性犯罪

23歳の女性を自宅に4日間監禁。

その間に何度も性的暴行を加えたとして、56歳で無職の椿原清(つばはらきよし)容疑者が逮捕されました。

椿原容疑者は、この事件の前にも、わいせつ略取事件を起こしていました。


スポンサーリンク


事件の概要

2018年9月20日、誘拐・監禁・強制性交の疑いで春日署に逮捕されたのは、福岡県春日市塚原台2丁目在住、無職の椿原清容疑者(56)です。

バスロータリー画像
引用元:テレビ西日本

2018年6月28日。

椿原容疑者は、食品の営業で家を訪ね回っていた市内在住の女性(23)に、

「契約できそうな人を紹介する。」

などと声をかけました。

その日の夜、福岡市南区大橋1丁目のバスロータリーで待ち合わせることになった椿原容疑者と女性。

午後8時30分ごろ。

バスロータリーに現れた女性を自分の軽自動車に乗せた椿原容疑者は、そのまま女性を誘拐。

“人を紹介する”という椿原容疑者の話はでした。

それから4日間にわたって、1人暮らしの自宅に女性を監禁した椿原容疑者。

「性行為に応じないと殺す。」

などと女性を脅し、性的暴行を複数回繰り返したとされています。

バスロータリー画像
引用元:テレビ西日本

容疑者に見張られ監禁されていた女性は、7月1日の午後10時33分ごろ、警察に言わないことを条件に解放されました。

その後、女性は家族に相談。

春日署に被害届けを出しました。

調べに対して椿原容疑者は、

「事実関係はありません。」

容疑を否認しているそうです。

卑劣な手口を使った椿原容疑者。

わいせつ事件を起こしたのは今回が初めてではありませんでした。

 

今年1月にもわいせつ略取事件

椿原容疑者は、今年の1月にも、女性を脅して車に乗せ性的暴行を加えるという、わいせつ略取事件を起こしています。

わいせつ略取
わいせつ行為を目的として、暴行または脅迫を用いて第三者の行動の自由を奪う罪。

事件の現場となったのは、久留米市内のコインランドリーです。

1月の深夜。

椿原容疑者は、1人でコインランドリーにいた30代の女性に刃物の様なものを見せ、

「騒ぐな。

言うことを聞いたら殺さない。」

などと脅しました。

そして、駐車場に止めていた自分の車の助手席に女性を無理やり乗せ、性的暴行を加えたとされています。

その後、椿原容疑者はコインランドリーから離れた場所まで車を移動し、女性を開放。

女性の家族からの通報で事件が発覚し、防犯カメラの画像から椿原容疑者の関与が浮上。

しかし、この事件についても椿原容疑者は、

「そのようなことをしたことはない。」

容疑を否認しているそうです。

参考:犯罪被害者の会

車内への監禁から、今回の事件では4日間も家に監禁と、行為がエスカレートしていますね。

 

スポンサーリンク


事件の現場は

女性が監禁されていたのは、福岡県春日市塚原台2丁目にある椿原容疑者の自宅。

2人が待ち合わせしたのは、福岡市南区大橋1丁目、西鉄大橋駅前のバスロータリーです。

福岡市の中心市街地まで10km程度の春日市は、福岡市の発展に伴いベッドタウンとして都市化が進んだとのこと。

2018年8月31日現在の春日市の人口は113,281人。

人口密度は福岡県で最も高いそうです。

椿原容疑者と女性が待ち合わせた場所から、監禁場所となった椿原容疑者の自宅までは、車で20分くらいの距離。

車に乗っている間、お客さんを紹介してもらえると思っていた女性。

椿原容疑者の自宅に閉じ込められたと気づいた時、どれほどショックだったことでしょう。

 

ネットの反応

保険のお姉さんも平気で人の家入ってるけど、一歩間違えたら同じことになってるかもね。

引用元:Yahoo!映像ニュース

本当にかわいそう。
4日も・・・信じられない、怖かったと思う、まだ若いのに。

引用元:Yahoo!映像ニュース

訪問営業で個人のお客さまを増やしていきたい人にとって「知り合いを紹介する」は本当に嬉しいし、このチャンスを逃してはいけないという気持ちもあって車に乗ってしまったのかなと想像します
怖かったでしょう、辛かったでしょう
被害にあった女性の心と身体が回復しますように
紹介をエサにこんな犯罪を犯す男は許せないですし、今年捕まっているような男がもう世間をうろついて再犯…
性犯罪者が社会に復帰するときの何か監視のようなシステムがあってほしい

引用元:Yahoo!映像ニュース

本人は真面目に仕事して件数取らないと怒られるし必死なのにね

引用元:Yahoo!映像ニュース

性善説を前提にした訪問販売なんて危険すぎる。介護とか保険とかもそうだけど、家に行くなら必ず二人ひと組でないとと思います。

引用元:Yahoo!映像ニュース

これも含めておかしな事件いっぱいやけど、どうせ七年も入れば、出てきて同じようなことをするんだろう。何故罪にふさわしい罰を与える法律が出来ないのだろうか?
不思議でならない。

引用元:Yahoo!映像ニュース

“契約する”という成果を求められる営業は、過酷な仕事です。

ましてや、まだ23歳の女性。

契約をとらなければと必死だったと思います。

その気持ちを見透かしたように声をかけ、だました椿原容疑者。

しかも警察に言わないなら解放してやると・・・

監禁や性的暴行はもちろんのこと、だましの手口や口止めなど、卑劣すぎます。

社会に出たばかりで、これからがんばろうとしていた女性が受けた大きすぎる傷。

時間はかかってもなんとか心を立て直して、社会復帰できるよう祈るのみです。

そして女性1人での営業は、やはり危険ですね。

 

 

スポンサーリンク



参考:テレビ西日本九州朝日放送西日本新聞SANSPO.COM日本経済新聞

コメント