「ホワイトタイガーの飼育やめます」大牟田市動物園の思いに多くの反響

福岡県大牟田市(おおむたし)の大牟田市動物園「今後、ホワイトタイガーは、飼育しません」という展示パネルを設置しました。

そのパネルが反響を呼んでいます。

いったいなぜ飼育をやめることにしたのでしょうか?

スポンサーリンク


ホワイトタイガーは飼育しません

福岡県大牟田市にある大牟田市動物園。

ここでは、メスのホワイトタイガー「ホワイティ」が飼育されています。

白い体毛に青い眼のホワイトタイガー。

希少で美しいトラです。

ホワイティ画像
引用元:日テレNEWS24

しかし2018年3月、大牟田市動物園は、

「今後、ホワイトタイガーは、飼育しません。」

というパネルを展示しました。

展示パネル画像
引用元:日テレNEWS24

そのパネルに疑問や賞賛の声が寄せられ話題になっています。

いったいなぜ、飼育をやめるのでしょうか・・・

近親交配させたホワイトタイガー

ホワイトタイガーとは、「ホワイトタイガー」という種類のトラではありません。

ホワイトタイガーイラスト
引用元:日テレNEWS24

体毛が白くなる遺伝子を持つ「ベンガルトラ」です。

ホワイトタイガーが生まれるには、オスとメス両方が白い体毛になる遺伝子を持っていなければなりません。

ホワイトタイガーイラスト
引用元:日テレNEWS24

しかし、白い体毛になる遺伝子を持つこと自体がまれなこと。

繁殖させる相手を見つけることはとても難しく、日本では、兄妹や親子を交配させる近親交配を行っているのです。

ホワイトタイガー近親交配イラスト
引用元:日テレNEWS24

このような不自然な交配を繰り返した結果、多くのホワイトタイガーが斜視や関節の異常など、病気を抱えて生まれてくるようになりました。

大牟田市動物園のホワイティも、眼球が内側に寄る「内斜視」になっています。

ホワイティ画像
引用元:日テレNEWS24

病気をもって生まれてくるホワイトタイガーは、長生きできないことも多いといいます。

大牟田市動物園の展示パネルでは、ホワイトタイガーを、

「『きれい』『珍しい』という人間の好みで維持している動物」

と説明。

「このまま増やしていっていいのかどうか、みんなにも考えてほしい。」

と呼びかけているのです。

スポンサーリンク


ホワイティを大切に飼育していく

ホワイトタイガーを増やせば、新たに普通のトラを飼育するスペースが少なくなってしまう。

このことも、ホワイトタイガーを増やさない理由の1つとされています。

希少なホワイトタイガーでなくとも、普通のトラ自体が絶滅が危惧されている動物。

普通のトラを多く繁殖させなければ、トラを保全することができません。

ホワイトタイガー画像
引用元:日テレNEWS24

大牟田市動物園はこのように考え、ホワイティ以外のホワイトタイガーを新たに飼育しないと決めたのでした。

今後も、ホワイティが少しでも長生きできるよう、大切に飼育していくとしています。

ホワイトタイガー画像
引用元:日テレNEWS24

大牟田市動物園の冨澤奏子さんは、

「ホワイティが生きている時になぜこんなことを書く必要があるのかと言われたりもしたんですが、当園としては生きている時に出すことに意義があると思っていますので、これを機会に正しい理解が深まっていけばと思っております。」

と話しています。

大牟田市動物園とは

大牟田市動物園HP画像
引用元:大牟田市動物園HP

大牟田市動物園(おおむたしどうぶつえん)福岡県大牟田市昭和町163にあります。

1941年10月に開園した大牟田市動物園。

大牟田市民の憩いの場である延命公園の南端にあり、市民のあいだでは延命動物園と呼ばれることも多いそうです。

もとは宝塚ファミリーランド(兵庫県宝塚市にあった遊園地兼動物園)で飼育されていたホワイティ。

2003年、宝塚ファミリーランドが閉園した際に、大牟田市動物園が引き取りました。

以来、大牟田市動物園は九州でホワイトタイガーの展示を行う唯一の動物園となっています。

ネットの反応

愛のある決断だと思うよ。それでいい。

引用元:Yahoo!映像ニュース

ブラックジャックに変種の白いライオンの赤ちゃんに正常な色体に戻す手術をして、全国の子供からブラックジャック宛に抗議の手紙が殺到するって話があったな。

引用元:Yahoo!映像ニュース

みんな大好き『ブラックジャック』でもホワイトタイガーのエピソードがあるのに、結局誰も手塚先生のメッセージを受け止めてなかったってことやね

引用元:Yahoo!映像ニュース

これは当然の判断だな。
動物園は本来学びの場であって、客寄せのショールームではない。

引用元:Yahoo!映像ニュース

この記事を見て初めて近親交配が行われているのを知った人も多いんじゃないかな?決断は遅すぎる様な気もするけど。同様に販売用ペットの近親交配が行われているのも知らない人も多いと思う。

引用元:Yahoo!映像ニュース

命に責任を持つこと。
大牟田動物園の熟慮に熟慮を重ねた決断は英断だと思う。

引用元:Yahoo!映像ニュース

何か綺麗事に聞こえてしまった。無理な繁殖をいいだけ繰り返して来た当事者のコメントだから、何だかなぁ〜って感想です。親子関係での繁殖が危険な事ぐらい素人でも判る事ですよ。その様な事を行なっている事実を公表して居なかった所が問題だと思うし、今更感が非常に強い件だと思いました。

引用元:Yahoo!映像ニュース

大牟田市動物園の決断に対して、好意的な意見が多数を占めていました。

手塚治虫さんの漫画「ブラックジャック」に、今回のような問題を危惧するお話があったことを覚えている方も多く見られました。

今回の大牟田市動物園の呼びかけで、ホワイトタイガーの不自然な繁殖方法を初めて知り、ショックを受ける声も。

今さらきれいごとに感じるという声もありました。

しかし、動物園のお客さんに疑問を投げかけ、一緒に考えて欲しいと求めたことには、大きな意味があると思いました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする