鹿児島・生後1ヶ月乳児揺さぶられ重傷。父親の須崎拓也容疑者逮捕

事件現場画像 事件

生後1ヶ月の次女の体を強く揺さぶるなどの暴行を加え、重傷を負わせたとして、父親の須崎拓也(すざきたくや)容疑者が逮捕されました。

脳出血などを起こした次女は、体に障害が残るおそれがあるそうです。


スポンサーリンク

事件の概要

2018年11月13日、傷害の疑いで逮捕されたのは、阿久根市赤瀬川在住、建設作業員の須崎拓也容疑者(30)です。

2017年8月7日の夕方。

鹿児島県阿久根市赤瀬川(あくねしあかせがわ)にある須崎容疑者の自宅でのこと。

須崎容疑者は、当時生後1ヶ月だった次女の体を前後に強く揺さぶり、さらに頬に平手打ちをするなどの暴行を加えたとされています。

事件現場画像
引用元:FNN PRIME

事件発生当時、自宅にいたのは須崎容疑者と次女の2人だけ。

家に帰ってきた母親が、次女がうめき声をあげていることに気づき消防に通報。

搬送先の病院は、次女の症状について“乳児揺さぶられ症候群”のおそれがあると診断。

「事件の疑いがある。」

と警察に通報し、事件が発覚しました。

乳児揺さぶられ症候群
新生児や乳児の体を過度に揺することで発生する内出血などの外傷。出血が原因となって言語障害や学習障害、歩行困難などの後遺症が残る可能性や、死に至るケースもある。

事件現場画像
引用元:FNN PRIME

警察の調べに対して、須崎容疑者は容疑を認め、

「娘が泣きやまなかったので、腹が立ってやった。」

と供述したそうです。

現在は、鹿児島市内の福祉施設に入所しているという次女。

体に障害が残るおそれがあるとのことです。

それにしても、事件が起きたのは去年の7月。

逮捕に至るまで1年以上かかっているのですね。

 

事件の現場は

事件の現場となったのは、鹿児島県阿久根市赤瀬川(あくねしあかせがわ)にある須崎容疑者の自宅です。

2018年10月1日の推計人口、19,904人の阿久根市。

市の西部は東シナ海(天草灘)に面しており、大島・桑島など大小さまざまな島が点在。

市の北西部は天草諸島最南の長島と黒之瀬戸をへだてて向き合っており、黒之瀬戸大橋(くろのせとおおはし)が架かっています。

 

ネットの反応

これから先も、またやるかもしれない。父親に殺されないように、母親が赤ちゃんの将来をよく考えて守って欲しい。場合によっては、一緒に暮らさない方がいいかもしれない。

引用元:Yahoo!映像ニュース

赤ちゃんは泣きます。
お腹が空いたとき、おむつを変えて欲しいとき、眠いときだって。
そんな事もわからないやつがホイホイ子供作らないで欲しい。

引用元:Yahoo!映像ニュース

生後一ヶ月の赤ちゃんが泣かない方が異常だよ。

引用元:Yahoo!映像ニュース

赤ちゃん泣くの普通なんだけど、たしかにあまりにギャン泣きしてオムツも替えてミルクもあげたのに、2時間ウロウロ歩いて、ユラユラしながら夜中に1人でやってても、まだ寝なくて泣いてると、私も手が出そうになります。

引用元:Yahoo!映像ニュース

たった一ヶ月。
首も据わらない子に大の大人が平手打ち。
最悪。

引用元:Yahoo!映像ニュース

赤ちゃんは泣くのが当たり前。

わかっていても、泣きやまない時には本当につらくなります。

カッとすることもあるでしょう。

しかし被害にあったのは、まだ生後1ヶ月の赤ちゃん。

生まれたばかりで首も座らない赤ちゃんに対して、大人の男が平手打ちをするとは・・・

須崎容疑者が子どもを育てていくことは難しいのではないかと思います。

体に障害が残るおそれがあるという次女の、これからの人生はどのようなものになるのか。

五体満足で生まれてきたのに、親によって障害のある体にされてしまうとしたら悲しすぎます。

現在は福祉施設に入所しているという次女。

残念なことですが、実の親と暮らすことが幸せとは言えない場合もありますね・・・

 

 

死亡に至る虐待事件が後を絶ちません。⇒

目黒区・結愛ちゃん虐待死亡事件。両親の船戸雄大・優里容疑者逮捕

福岡・息子殺害の父親と娘虐待の母親。納富駿太・麻衣子容疑者逮捕

12年前の事故死は虐待。女児暴行で当時の義父の堀田伸輔容疑者逮捕

スポンサーリンク

参考:FNN PRIME鹿児島 NEWS WEB

コメント