瀬戸内アイドルSTU48。シングル「暗闇」でメジャーデビュー!

瀬戸内海沿岸7県を活動拠点とするアイドルグループ「STU48」

当初、2017年11月に予定していたメジャーデビューが、3か月先送りされていました。

しかし、2018年1月31日、シングル「暗闇」で無事にメジャーデビューを果たしました!

スポンサーリンク


延期されていたワケは?

STU48メンバー画像
引用元:nsk

2017年3月、AKB48の6番目の姉妹グループとして誕生したSTU48。

瀬戸内海を囲む兵庫・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛の7県を拠点に活動しています。

瀬戸内海を運航する船の中に専用の劇場を作り、活動内容も7つの県に合わせて七変化させる、異色のアイドルグループです。

7つの県画像
引用元:ヤフー知恵

2017年11月1日、待望のメジャーデビューが発表されていました。

5月3日にグループメンバーのお披露目をしてから、わずか半年でのメジャーデビューは、48グループの中で最速となるはずでした。

しかし同年8月、予定通りデビューできない事態であることが発覚したのです。

延期を告げられ驚くSTU48メンバー画像
引用元:STUまとめニュース

その理由は「デビューまでの期間が短すぎて、船上劇場の完成が間に合わない」ということでした。

延期の話を聞くSTU48メンバー
引用元:STUまとめニュース

「造船会社を含む関係各社と打合せを重ねておりますが、現状、まだ船上劇場を発表できる段階ではなく、メジャーデビューするタイミングとして適当ではないと判断しました。」

2017年8月18日、STU48の公式ウェブサイトで正式に発表されたのでした。

最速デビュー記録達成!

STU48メンバー画像
引用元:STUまとめニュース

船上劇場完成の遅れにより、2018年1月31日に先送りされたメジャーデビュー。

当初、メンバーからは「残念」との声が上がりましたが、前向きなコメントも発表されました。

「最速でデビューできることをすごく楽しみにしていたので、すごく落ち込みます。

でも3か月、準備する期間が増えて、その分STU48を知ってもらう期間が増えたのかなと思います。

1月に向けて、みんなでまた頑張りたいです!」(瀧野由美子)

STU48瀧野由美子画像
引用元:ネバー

「楽しみにしてくださっていた皆さんには申し訳ないですが、STU48の原点の劇場がないままメジャーデビューするのはおかしいことなので、今回の決断は良かったのかなと思います。

劇場が船のため、いろいろな問題が出てくるので、そこをクリアにして、一刻も早く皆さんに会いに来て頂けるようにしたいです。

今は、7県の瀬戸内ツアーを成功させることを目標に、みんなで頑張っていきたいと思ってます。

これからも応援よろしくお願いします!」(岡田奈々)

岡田奈々写真引用元:ユーチューブ

予期せぬ困難に直面しても、見方を変えることで、それを好機ととらえる姿勢が素敵ですね。

ちなみに、お披露目からメジャーデビューまで273日となったものの、これまで最速のNMB48の記録284日より短いことに変わりなく、予定通り最速デビュー記録は達成されました!

スポンサーリンク


デビュー決定!紅白出場を目指す!

STU48のメンバーは、ほとんどが瀬戸内7県の出身です。

STU48写真引用元:デイリースポーツ

同じ瀬戸内出身の劇場支配人山本学は、

「拠点が1つの都道府県ではないという、他のグループにはない強みを生かし、地元の方々の協力を得ながら地域に貢献できるグループにしていきたい。」

と張り切っています。


引用元:瀬戸内ファインダー

初のオリジナル曲「瀬戸内の声」のミュージックビデオの撮影は、瀬戸内の観光地などで行われました。

まさに瀬戸内の観光PRビデオといった感じに仕上がり、その4Kの高精細な映像は、YouTube動画サイトでも公開されています。

グループのキャプテンには、生真面目でしっかり者の風紀委員長的な岡田奈々が決まりました。

また当初は、指原莉乃が劇場支配人とメンバーを兼任する予定でしたが、あまりの多忙さにその任務をおりました。

様々なハプニングに見舞われたSTU48・・・

2018年1月31日、シングル「暗闇」無事メジャーデビューを果たしました!

メンバーたちは、このデビュー曲をヒットさせ、大みそかのNHK紅白歌合戦に単独出場を!と意気込んでいます。

祈るSTU48メンバー
引用元:テレビ広島

この勢いがあれば、鳴門の渦潮に飲まれるように、STU48の魅力にみんなが惹き込まれていきそうです。

困難を明るく乗り越えてきたSTU48。

冬の荒波の中、前途洋々の船出となりますように!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする