スポンサーリンク

火災も発生で騒然の渋谷ハロウィーン。暴行・盗撮・痴漢で逮捕者も

国内ニュース

DJポリスや機動隊などが数百人規模で警戒にあたっていた渋谷ハロウィーン。

10月31日夜から11月1日にかけて混乱が続き、公務執行妨害・窃盗・痴漢などの疑いで逮捕者が続出しました。

もはや楽しいお祭り騒ぎではなくなっています・・・

スポンサーリンク


逮捕者続出の渋谷ハロウィーン

2018年10月31日。

トラブルに備えて機動隊などが警戒にあたるなか、多くの人が集まり混雑した渋谷ハロウィーン。

渋谷画像
引用元:テレ朝news

混雑のどさくさ紛れに、痴漢・窃盗・暴行などの事件が続発。

  • 路上ですれ違いざまに20代女性の胸を触った20代の男
  • 歩行者のズボンから現金約17万円が入った財布を盗んだ30代の男
  • 警戒にあたっていた警察官を殴った男
  • トラブル相手を殴った男
  • 下半身を露出した男

など、あわせて13人が逮捕されました。

警視庁は、ハロウィーンの夜が明けた11月1日の午前8時までに警戒態勢を解除。

喧騒の後には酒の空き瓶など多くのゴミが残され、ボランティアや仮装した状態の人たちが、ゴミを片づけたり掃除をしたりしていたそうです。

 

混雑するなか火災も

火災現場画像
引用元:FNN PRIME

またハロウィーンの混雑の中、渋谷駅から500mほどの場所にある7階建ての雑居ビルで火災も発生。

火災現場画像
引用元:FNN PRIME

ビルの2階にある飲食店の壁やダクト(通風管)などが燃えました。

出動した22台の消防車両が、大勢の野次馬によってなかなか進めないという状況だったとのこと。

消防車両画像
引用元:FNN PRIME

現場で立ち止まり火災の様子を撮影する人たちに対して、立ち止まることや撮影を制止する警察官の声が響きました。

幸いにしてケガ人を出さずに火は消し止められました。

しかし、野次馬や混雑によって消火活動がさらに遅れていれば、もっと大きな火災につながっていたかもしれません。

 

ネットの反応

ドサクサで背中にナイフを刺されても不思議じゃない空間。混雑を悪さする為に利用する人が増えてると考えるとゾッとする。

引用元:Yahoo!映像ニュース

若者が批判されてたけど、逮捕者まさかの40代w

引用元:Yahoo!映像ニュース

渋谷、ハローウィンと聞いても
なんかろくでもないというイメージしかない

引用元:Yahoo!映像ニュース

楽しみたい気持ちはわからなくもない。
ストレス発散も大事

だけど渋谷に集まってバカ騒ぎして、その上逮捕なんてされて、冷静になったらどういうことしたかわかるよね。

引用元:Yahoo!映像ニュース

廃止だ廃止!
仮装して暴れに来ている奴らが被害被るのは
ザマァとしか思わないが、通勤通学で渋谷使う人、地元民、商店の人達が気の毒過ぎる。
廃止しないのであればどんどん逮捕しろ。
舐められてるぞ警察。

引用元:Yahoo!映像ニュース

拡声器を持った警察官に、止まらずに歩くように誘導されていた群衆。

まるで、保育園の遠足で先生に引率されている園児をほうふつとさせる姿でした。

何事も節度をなくしてしまうと、こんなにも見苦しいことになってしまうのだと、あらためて思わされる渋谷ハロウィーンでした。

渋谷に住んでいる方、お店を構えている方、仕事をしている方々がとにかく気の毒です。

渋谷区は今後、ハロウィーンの参加者を代々木公園に誘導したり、有料制のイベントにしたりすることを検討する考えだそうです。

誰かに管理されなければ節度を保てないというのは、寂しい気がしますね。

 

 

ハロウィーン本番前から群衆の暴挙が見られていました。⇒

渋谷・ハロウィーンでトラブル。軽トラ横転させられ器物損壊容疑で捜査

 

スポンサーリンク



参考:首都圏 NEWS WEBテレ朝news

コメント