ハワイでサメに襲撃された男性、4年間に3回も危険生物に襲われていた!

ハワイの海岸でボディーボードをしていた男性がサメに襲われました。

しかし、この男性、危険な動物に襲われたのは今回が初めてではありません。

過去にも不運に見舞われ続けていたのです。

スポンサーリンク


サメに襲われたディランさん

サメに襲われたのは、米コロラド州在住のディラン・マクウィリアムス(Dylan McWilliams)さん(20)。

ディラン・マクウィリアムス
引用元:ハワイニュースナウ

2018年4月19日、ハワイ州のカウアイ島沖で、ボディーボードをエンジョイしていたディランさん。

突然、約2メートルもある巨大なサメが足に噛みついてきました。

普通の人であればパニックになり、なすすべもなかったでしょう。

しかし、サバイバル訓練のインストラクターをしているディランさんは、約30メートル離れた海岸になんとか泳ぎ着きます。

手当てを受けるディラン・マクウィリアムス
引用元:ハワイニュースナウ

近くにいた人が救急車を呼び病院に搬送。

幸いにも脚を7針縫うというケガで済んだディランさんですが、

「脚が半分なくなったんじゃないかと思った。」

と、その時の恐怖を口にしています。

一歩間違えば、脚どころか、命をも失っていたかもしれない大惨事。

しかし、ディランさんがこのような恐ろしい目にあったのは、これが初めてではなかったのです!

4年の間に3度も不運に!

マクウィリアムスさんとクマ
引用元:サンデーエクスプレス

実はディランさん、9か月前にも体重約120Kgのクロクマに襲われ、頭部を9針縫う大けがをしていました。

熊に噛まれた所を見せるマクウィリアムスさん
引用元:kansas.com

コロラド州でのサマーキャンプ中、外で寝ていたディランさんは、後頭部をクマにくわえられ引きずっていかれそうになったのです。

熊のイラスト

ビックリして目を覚ましたディランさん。

クマを殴りつけ目つぶしをくらわせるなど、格闘のすえ逃げることができました。

またディランさんは、それ以前にも、ユタ州でのハイキング中にガラガラ蛇噛まれるという不運に出会っています。

ガラガラヘビイラスト

幸いにも、その時も軽い傷ですみ数日で回復したという事です。

スポンサーリンク


事故現場は自然豊かな島の海岸

ディランさんがサメに襲われた場所はハワイのポイプ・ビーチ。

ポイプ・ビーチは、晴れの日が多いことで有名なカウアイ島にあります。

2001年に全米ナンバー1ビーチに選ばれた、ハワイを代表するとても美しいビーチなのです。

ポイプ・ビーチ画像
引用元:フォト蔵

シュノーケリングや海水浴に適したエリアと、サーフィンに適したエリアの2つがあり、多くの人が楽しめる場所になっています。

また、アザラシやハワイアン・モンクシール(絶滅危惧種のハワイ固有のアザラシ)が砂浜で昼寝する姿や、ウミガメが海中でエサを食べる姿などを見ることもできます。

アザラシ画像

ビーチに現れる動物に触ることや近づきすぎることは州法で禁止されていますが、野生の動物と美しいビーチという組み合わせは、他では見られない貴重な光景です。

それゆえに起きた事故ともいえるかもしれませんが・・・

襲ってきたのはイタチザメ!

イタチザメ
引用元:カルムバズ

ディランさんを襲ったのは、イタチザメ

成長すると平均体長3メートルから4メートル、重量は400kg前後にもなる最大級のサメです。

地中海など一部の地域を除いて、世界中の温帯・熱帯海域に生息。

ウミガメを食べるイタチザメが、ボードをウミガメと間違えて襲う事故は多発しています。

サメに襲われそうなサーファー
引用元:ランバーネットワーク

生き物はもちろん、死骸や空き缶など、ゴミであろうと見境いなく食べるイタチザメの貪欲さは、「海のごみ箱」と呼ばれているほどです。

映画「ジョーズ」に出てくる有名な人喰いザメのホオジロザメに次いで、非常に凶暴なサメなのです。

生きていることに感謝

サメ、クマ、蛇・・・

「危険な動物に襲われる」という、命を落としてもおかしくないほどの不運に、4年の間に3回も見舞われたディランさん。

サメ 熊 蛇
引用元:FOXニュース

「ただ、まずい時にまずい場所にいるんだと思う。

両親は、とにかくぼくがまだ生きていることに感謝しているよ。」

と話しているそうです。

大きなケガを負わずにすんでいることには、たくましさと驚きを感じます。

さすがサバイバル訓練のインストラクターと言えるのかもしれませんが、運が味方をしているということもあるかもしれません。

ご両親の言うように運に感謝し、運が尽きたということにならないよう気をつけて欲しいものですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする