スポンサーリンク

SNSで知り合った女子中学生とホテルでわいせつ。21歳男性会社員逮捕

女子生徒の足元画像 性犯罪

神奈川県川崎市に住む男性会社員が、さいたま市の女子中学生とわいせつな行為をかさねていたとして逮捕されました。

SNSで知り合ったとみられる2人。

トラブルに巻き込まれる可能性をかえりみず、簡単にSNSで見知らぬ男性と連絡を取り合う少女も問題です。


スポンサーリンク


事件の概要

2018年9月11日、神奈川県川崎市中原区井田1丁目在住の会社員の男性(21)が、県青少年育成条例違反の疑いで逮捕されました。

2018年6月30日から7月1日にかけて、三郷市内のホテルで、さいたま市に住む女子中学生にわいせつな行為をした疑いが持たれています。

埼玉県の浦和西署
引用元:Yahoo!ニュース

男性は、女子中学生が18歳に満たないと知りながら行為に及んでいました。

6月30日に少女の両親が、

「娘が帰ってこない。」

と浦和西署に届け出て事件が発覚。

男性と少女はSNSの会員制交流サイトを通して知り合ったとみられ、これまでに複数回連絡を取り合っていました。

浦和西署は、パソコンやSNSを解析して、この男性を特定したということです。

男性は容疑を認めています。

青少年健全育成条例
日本の地方公共団体の条例の1つで、青少年保護育成とその環境整備を目的に地方自治体で公布した条例の統一名称。

事件の現場は

事件の現場となったのは、埼玉県三郷市(みさとし)内のホテルです。

埼玉県南東部に位置する三郷市の人口は約14万人。

市内を流れる江戸川河川敷の運動公園で、毎年夏に開催される「みさとサマーフェスティバル花火大会」が有名です。

音楽と花火の融合が特徴で、音楽のリズムに合わせて打ち上げられるダイナミックな花火が人気となっています。

 

スポンサーリンク


2018年8月にも同じような事件

同年8月22日。

草加署は、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで、千葉県市川市国府台4丁目に住む男性会社員(48)を逮捕していました。

埼玉県草加署画像
引用元:埼玉新聞

5月29日に八潮市内のホテルで女子高生にわいせつな行為をした疑いが持たれています。

男性会社員は、女子高生が18歳未満と知りながら現金を渡して行為に及んでいたとのこと。

この事件でも、2人はSNSで知り合っていました。

女子生徒の母親が、

「娘がSNSで知り合った男に写真を撮られ、拡散されると言われた。」

と草加署に相談し事件が発覚。

男性は、

「成人だと思った。」

と容疑を一部否認しているそうです。

“写真を撮って拡散する”と脅迫するパターンはよくあります。

脅されて母親に相談した少女は、そのようなリスクを一切考えていなかったのでしょう。

脅されることがなければ、またSNSで他の男性と連絡をとったかもしれません。

 

ネットの反応

警察に届け出るようなことになる前に、やるべきことは親としてたくさんあっただろう。

引用元:Yahoo!映像ニュース

いつも買う側だけ罰してるけど、肝心の売る側にも罰則ないとダメだよ。年齢が若かろうが、捕まることだという仕組みにしないと抑止力ないもの。

引用元:Yahoo!映像ニュース

一泊二日で、女子中学生と出来るなんて羨ましい。マッチングアプリで出会い放題。良い時代が来たものだ。

引用元:Yahoo!映像ニュース

男を避難する声が少ないヤフコメ民に気持ち悪いものを感じる。

引用元:Yahoo!映像ニュース

過保護過ぎる親達のせいで、馬鹿な子供が増える。もういい加減、少年法を改正して欲しい。どんどん大人の尊厳が無くなっていく。

引用元:Yahoo!映像ニュース

本来なら「自宅に帰りなさい」と促すべき大人が こんなことしてることが問題。
まだ正確な冷静な社会的な判断ができないから 未成年なんですよ
帰りたくないような家庭環境だったのか なぜついていってしまったのか 中学生でも利用できてしまう出合い系SNSサイトの仕組みとか
きちんと考えなければならない

引用元:Yahoo!映像ニュース

あと何人の男がこいつの為に逮捕されるのか

引用元:Yahoo!映像ニュース

よっぽど 帰りたくない 家の環境だったんだろ!
家庭内の環境改善も指導した方が良いんじゃない?

引用元:Yahoo!映像ニュース

こんだけSNS絡みの凶悪事件が毎月起こってるのによく会いに行こうと思うよねwいくらもらったか知らないけどたった数万の為に下手したら殺されるかもしれんのにwすごい勇気だわw

引用元:Yahoo!映像ニュース

何にしても男女平等を訴える世の中で、この手に関しては全て男が悪いとは。私は女ですがこれは両者に罰則がないといけないと思います。

引用元:Yahoo!映像ニュース

売った側を罰しないのは、そうすると買売春事件が発覚しなくなるから。
罰せられると分かっていたら、売った側は全力で隠すし、通報なんか絶対しない。
理不尽で不平等なルールだが、残念ながら他に方法がない。

引用元:Yahoo!映像ニュース

女子中学生がホテルに一泊できてしまうということは、確かに家庭環境にも何らかの問題はありそうです。

若い男性も、中年の男性も、老いた男性も、若い女の子を求める男性は多いでしょう。

それに対して売ろうとする少女がいることは、買いたい男性には好都合。

ただ、その場限りのことで終わらないかもしれないという危険性を、少女たちは考えていないようです。

SNSがらみの凶悪犯罪の報道などを見て、出会った相手が悪ければ殺害される可能性もあると思わないのでしょうか。

売るほうも買うほうも罰しないと、このような事件はなくならないというコメントを多数見かけました。

確かにその通りですが、

「罰せられると分かっていたら、売った側は全力で隠すし、通報なんか絶対しない。」

というコメントにあるように、確かに売る側にも罰則があると、事件を明るみにすることすら難しくなってしまうようです・・・

 

 

スポンサーリンク



参考:埼玉新聞

コメント