スポンサーリンク

埼玉・温泉施設の男湯で盗撮。草加市立花栗中学校の男性教諭懲戒免職

花栗小学校画像 性犯罪

さいたま市の温泉施設の男湯で盗撮したとして、市立中学校の男性教諭が懲戒免職処分となりました。

男性教諭は、以前にも同じ温泉施設で盗撮したと話しているそうです。

事件の概要

埼玉県謝罪会見画像
引用元:TBS NEWS

2018年10月26日付で懲戒免職となったのは、埼玉県草加市立花栗中学校に勤務していた男性教諭(33)です。

同年9月22日午後5時ごろ。

さいたま市見沼区(みぬまく)の温泉施設に行った男性教諭。

スマートフォンを録画状態でカゴに入れ、タオルで隠しながら男湯に入ると、約5分間、複数の男性客の裸を盗撮したとされています。

男性教諭の行動を不審に思った男性客が、男性教諭に声をかけたことから事件が発覚。

脱衣所で問い詰められ男性客ともみ合いになった男性教諭は、施設の外に逃走。

しかし、駆けつけた警察官に取り押さえられました。

男性教諭は、同年7月にも同じ温泉施設で盗撮したと話しているとのこと。

中学1年生の担任を務めていた男性教諭。

「見ているだけでは物足りなくなった。

自分の欲望を抑えきれなかった。」

「多くの人を裏切って申し訳なく、情けなく思っている。」

「自分の起こしたことが情けなく一生消えないと思います。」

などとも話したそうです。

教育委員会は、

「教職員としてあるまじき行為で生徒に与えた影響は大きい。」

として、男性教諭を懲戒免職処分としました。

多感な時期の中学生。

担任の先生が盗撮、しかも男湯で・・・

男子生徒たちをどのような目で見ていたのかと思うと、生徒たちのショックもひときわ大きいのではないかと思います。

ちなみに懲戒処分となった男性教諭の詳細は、埼玉県の教職員の懲戒処分についてのページに記載されています。⇒埼玉県ホームページ(教職員の懲戒処分について)

 

スポンサーリンク


事件の現場は

盗撮事件の現場となったのは、埼玉県さいたま市見沼区(みぬまく)にある温泉施設です。

2018年4月1日現在の推計人口、163,123人の見沼区。

少し変わった区名は、かつての武蔵国、今の埼玉県さいたま市、川口市にあった“見沼”という巨大な沼が由来とのこと。

現在も“見沼田圃(みぬまたんぼ)”という広い水田があるそうです。

 

ネットの反応

ビジネスホテルの大浴場に入ってる時
他の客と2人きりになると不安になる事はある。

引用元:Yahoo!映像ニュース

盗撮、ロリ、男色…日本の先生って大丈夫ですか⁈

引用元:Yahoo!映像ニュース

教員ですが、毎年毎年この手の下らない研修ばかり受けさせられ、時間がもったいないです。
こういう不祥事が無くなれば、この手の研修も無くなり、もっと時間が有効に使えるのだから、本当に不祥事起こすの止めてほしいです。

引用元:Yahoo!映像ニュース

まぁ、同性が好きなだけで変態とは思わないが、
しかし、盗撮はあかんわな、変態行為や、
懲戒免職かぁ、
自業自得やな!

引用元:Yahoo!映像ニュース

もう、健康ランドとか、大浴場とか、、、怖くて行けませんね。
以前、ニュース番組でも、公衆浴場で、シャンプーボトルにカメラを組み込み盗撮して、販売してる輩がいると見たことがあり、それ以来、大浴場的なところには、一切行くのをやめました。!

引用元:Yahoo!映像ニュース

コメントに書かれた、公衆浴場のシャンプーボトルにカメラを組み込んで盗撮というケース。

そんなこともあるのですね。

温泉施設や大浴場などに行くだけで自分の裸が撮影されてしまう。

今は外のトイレに行っても、外の浴場に行っても、男女関係なく盗撮される可能性を考えてしまいます。

調べに対して正直に話している男性教諭。

同性が好きなことは罪ではありませんが、盗撮は罪です。

小松弥生教育長は、“不祥事根絶アクションプログラム”を策定し、取り組む中だったと話しています。

研修を受けても不祥事を起こす人は起こすし、研修を受けなくても起こさない人は起こさないでしょう。

「不祥事が発生したことにつきましては大変遺憾であり、県民の皆様におわび申し上げます。」

との県のコメント。

このような不祥事があるたびに、毎回同じような言葉で出される謝罪コメントは見飽きてしまいました。

 

 

毎日のように教育者の盗撮事件を目にします。⇒

兵庫西宮市・小学校のトイレで女児盗撮。小学校教諭藤川拓也容疑者逮捕

福岡・授業中に女子児童のスカートの中を盗撮。小学校の男性教諭懲戒免職

千葉・学習塾でトイレの芳香剤に盗撮カメラ。塾長の福田裕士容疑者逮捕

 

スポンサーリンク



参考:産経新聞日刊スポーツTBS NEWS埼玉 NEWS WEB

コメント