郷ひろみさんの母親オレオレ詐欺の被害に!詐欺にあった芸能人たち

歌手の郷ひろみさんの母親が、郷さんを名乗る男らに、現金200万円をだましとられる被害にあっていたことがわかりました。

警視庁は、郷さんを装った特殊詐欺事件として捜査しています。

芸能人が詐欺に狙われる事件は過去にも多数ありました。

スポンサーリンク


事件の概要

郷ひろみの物まね芸人画像
引用元:シーサーブログ

2018年2月5日、東京都目黒区に住む郷ひろみさんの母親(80代)に、郷さんを名乗る男から電話がかかってきました。

最初の電話は、

「カバンを盗まれた。」

というものでした。

目黒警察署画像
引用元:FNN PRIME

しばらくすると、

「カバンは見つかったのだけれど、現金が必要で用意してくれないか。」

という電話が再びかかりました。

目黒警察署画像
引用元:FNN PRIME

そして、電話のあった翌日の6日午後、郷さんの事務所の付き人だと名乗る人物が母親の家を訪ねてきたのです。

郷さんの母親は、訪ねてきた男に現金200万円を渡してしまいました。

その後、郷さんが母親と直接電話で話した際に、だまされたことが発覚したのでした。

事件について郷さんは、

「当初は犯人からもっと高額の要求があったみたいで、定期(預金)を解約しに銀行に行ったら、銀行員に止められたと。

それで口座にあった200万円を渡してしまった」

「そもそも、そんな金額が定期にあったんだって、そっちに驚いた。」

とコメントしています。

更新情報

郷ひろみさんの母親への詐欺事件に関わったとして、埼玉県新座市栗原の職業不詳・丸山一成被告(37)ら男4人と少年2人の、計6人が警視庁に逮捕されました

今回の事件後の2月14日、息子を装った電話で川崎市の女性から50万円を詐取しようとした詐欺未遂容疑で、逮捕されていた丸山被告ら男4人。

男らが利用していた拠点からは約10万人の名簿が押収され、警視庁が余罪を調べていました。

10万人とは驚くべき数字です。

その名簿を利用した事件が、さらに広がるのを食い止められて良かったです。

過去に詐欺の被害にあった芸能人

売れっ子芸能人は収入が多いと思われているからか、過去にも多くの芸能人が詐欺の被害にあっています。

先物取引の投資話詐欺事件

布袋・江角・ガクト画像
引用元:グーブログ

2016年、都内の投資コンサルタント会社「クエストキャピタルマネージメント」の社長による、実体のない先物取引の投資話詐欺事件。

15都府県の63人に対し、計約113億7,000万円の投資を持ちかけたというものです。

「週刊新潮」(新潮社)によれば、この詐欺事件の被害者の中には、ミュージシャンのGACKTさん布袋寅泰さん、女優の江角マキコさんなどもいたそうです。

巨額詐欺事件

矢沢永吉
引用元:T-SITEニュース

歌手の矢沢永吉さんは巨額な詐欺の被害にあっています。

80年代、矢沢さんはオーストラリアで、スタジオ兼音楽学校用のビルの建設を計画していました。

ところが、当時の部下が無断で投資した別の事業が失敗。

担保として、ビルを建てるはずだった土地を差し押さえられてしまったのです。

しかし矢沢さんは、35億円にものぼる被害額をわずか6年で完済。

結果的には、このエピソードは矢沢永吉の伝説のひとつとなりました。

拝み屋洗脳詐欺事件

辺見マリ画像
引用元:毒女ニュース

1988年に、女優の辺見マリさんが被害にあったのは、洗脳詐欺です。

マネージャーから拝み屋と称する人物を紹介された辺見さん。

洗脳状態に陥り、拝み屋に言われるがままお金を差し出してしまったのです。

拝み屋の不吉な予言に不安感をあおられた辺見さん。

資産をすべてつぎ込み、銀行や知人に借金、さらには自宅を売却、写真集を出版、娘であるえみりさんのギャラにまで手をつける事態に陥りました。

オレオレ詐欺事件

布川敏和画像
引用元:パンプキン

1999年、タレントの布川敏和さんの祖母も、オレオレ詐欺で100万円をだまし取られました。

見知らぬ男から、

「妻以外の女性を車に乗せていた時に事故を起こし、事務所にも妻にも言えない。」

という電話を受けた祖母は、布川さんの代理人を名乗る犯人に100万円を手渡してしまったのです。

最初は布川さんの祖母と知らずに話していた犯人が、会話の中で布川さんの祖母と気づき、布川さんになりすましたそうです。

また、さかのぼること40年以上前の1972年。

北島三郎
引用元:清水興業

演歌界の大御所である北島三郎さんも、オレオレ詐欺の被害者になりかけたことがありました。

当時、セカンドシングルの「なみだ船」がミリオンセラーとなっていた北島さん。

ある日、家に帰ると、自宅の前にパトカーが停まっていました。

話を聞くと、

「オレだ。

誘拐されたので助かるために500万必要なんだ!」

と自宅に電話がかかったとのこと。

幸いなことに本人が帰宅したことで、犯行は未遂に終わったのでした。

スポンサーリンク


オレオレ詐欺が少ない県の対策法

オレオレ詐欺イメージイラスト
引用元:神戸ジャーナル

オレオレ詐欺の被害額がもっとも多かったのは2014年。

被害総額は約560億円にものぼりました。

警察庁特殊詐欺対策室によれば、2014年には宅配業者を利用して送金させる送付型が多く、1件あたりの被害単価が高かったことが原因だそうです。

金融機関での振り込みには、振り込める金額に上限があります。

しかし、宅配便で送る場合は制限がなく、高額な被害の発生率が高くなったということです。

その後、宅配業者、コンビニエンスストア、郵便局などと協力することにより、送付型の詐欺は減少したのでした。

宮崎県イメージ画像
引用元:アイリンク国際特許商標事務所

ちなみに平成28年度の振り込め詐欺(未遂も含む)の認知件数が、47都道府県中もっとも少なかったのは宮崎県です。

宮崎県では、高齢者が金融機関で高額の金額を引き出すと警察に連絡されるようにしたり、宅配業者と協定を結ぶなどの対策をとっているそうです。

また青森県では、同県警による「振り込め詐欺対策専用電話」の設置が効果を発揮しているそうです。

振り込め詐欺対策専用電話イラスト
引用元:岐阜市

2016年の10月から運用された専用電話。

呼び出し音が鳴る前に、

「この電話の内容は録音されます。」

という案内が相手に流れます。

また「大変だぁ〜ボタン」というものもついているそうです。

もし通話中に怪しいと感じたときには、このボタンを押せば、自分が登録している連絡先に、

「緊急事態発生!」

という音声が流れます。

登録先は4件まで設定できるので、近所の人を登録しておけば、すぐ家に駆けつけられるということです。

振り込め詐欺予防ポスター画像
引用元:心理戦マスター

現在では、詐欺対策として上記のように豊富な安心機能のついた電話機が販売されています。

芸能人に限らず、老人世帯が多い現代、オレオレ詐欺は深刻な問題です。

相手もあの手この手でだまそうとしてきます。

気をつけることはもちろん大切ですが、専用電話などの助けを借りるのも1つの手かもしれませんね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする