元千葉市議小田求容疑者逮捕。妹家族4人死傷、過去には父親も殴打!

5月13日、千葉市の居酒屋で家族4人が刃物で刺され、6歳の女の子が死亡した事件。

逮捕された元千葉市議小田求(おだもとむ)容疑者は、刃物をバッグに入れて店内に持ち込んでいました。

小田容疑者には、自身の父親を殴って逮捕された過去もありました。

スポンサーリンク


事件の概要

千葉市稲毛区の飲食店で、家族4人を包丁で切りつけ死傷させたとして逮捕された、住居不定、元千葉市議の小田求(おだもとむ)容疑者(46)。

切りつけられた4人は、子ども2人を含む小田容疑者の妹家族。

5月13日6時50分ごろ、妹家族とお店の個室に入った小田容疑者は、入店からわずか10分後、隣に座っていた40代の父親をいきなり切りつけました。

事件現場画像
引用元:FNN PRIME

その後、斜め向かいにいた6歳の長女、続いて40代の母親、1歳の次女と次々に襲っていったそうです。

病院に運ばれた4人のうち、父親と母親は重傷

母親に抱かれていた1歳の次女は軽傷

背中を刺された6歳の長女、高木彩友美(たかぎあゆみ)ちゃんは死亡しました。

死亡した高木彩友美ちゃん画像
引用元:日テレNEWS24

最初に刺された父親は、

「妻の兄と一緒に食事をしていたら、突然、大声を出して切りつけてきた。」

と話しています。

逮捕された当初、小田容疑者は意味のわからないことを話していましたが、

「仕事についてとがめられ、カッとなってやった。」

「子供の頭をなでようとしたら嫌がられ、父親にも止められた。」

「4人とも殺そうと思った。」

などと、殺意があったことを認める供述をしています。

その後の調べで、凶器の包丁を事件の直前に購入していたことが判明。

「最初から4人全員、殺すつもりだった。」

とも話しています。

小田容疑者は、仕事について身内に指摘されることに、以前から不満を抱いていたようです。

事件現場画像
引用元:FNN PRIME

事件当日の13日は、小田容疑者の46歳の誕生日でした。

妹家族とお祝いするために、自らお店を予約し、沖縄から千葉の店に駆けつけた小田容疑者。

小田容疑者は、10日が誕生日だった彩友美ちゃんのためにウサギの人形も用意していました。

しかし同時に、小田容疑者は直前に刃物も購入していたのです。

「ウサギの人形」と「刃物」

どんな気持ちで用意していたのでしょうか・・・

小田求容疑者顔画像

5月15日の朝、送検される時の小田求(おだ・もとむ)容疑者です。

小田容疑者画像
引用元:テレ朝news

カメラに向かって会釈する小田容疑者。

小田容疑者画像
引用元:テレ朝news

ずっと微笑んでいます。

小田容疑者画像
引用元:テレ朝news

こちらは千葉市議時代の小田容疑者です。

小田容疑者顔画像
引用元:FNN PRIME

市議になる前にはオペラ歌手としてCDも出していた小田容疑者。

さわやかだった風貌が、議員を辞めて3年ほどで、ずいぶん変わってしまったようです。

小田容疑者を知る人からは、

「そんな事件を起こすような感じの人ではない。」

という声もありますが、

精神的に安定していないところがあると聞いた。

家族とうまくいっていないと。」

という声も聞かれています。

小田容疑者顔画像
引用元:FNN PRIME

千葉市の市議会議員をしていた小田容疑者は、任期中の6年前にも、自分の父親を棒で殴りつけ逮捕されるという事件を起こしていました。

その頃から、今回の事件の兆候が現れていたということではないでしょうか。

スポンサーリンク


父親に暴力をふるった過去の事件

2013年3月19日、当時40歳だった小田容疑者は、66歳の父親を棒のようなもので殴りつけ、全治3週間のケガを負わせました。

小田容疑者の母親(当時65歳)が、

「息子が暴れている。」

と警察に通報。

父親を殴ったあと行方不明になっていた小田容疑者は、横浜市中区の路上で発見され逮捕されたのでした。

小田容疑者画像
引用元:FNN PRIME

その時、小田容疑者は、

「事件のことは話したくない。」

と供述を拒んでいました。

その後、家族が事件を取り下げ、小田容疑者は処分保留のまま釈放されています。

しかし、この事件によって議員は辞職。

当時の新聞では、小田容疑者が精神障害で悩んでいたことが事件を起こした原因ではないかと推測されていました。

「最近、小田市議は精神的に悩んでいた様子で、挙動がおかしかった。」

という市議会関係者の証言もあります。

挙動不審な小田容疑者を心配した家族から、病院に行くことを勧められ、小田容疑者が反発したのではないかという見方も。

この事件の時に、小田容疑者が抱える精神的な問題に向き合っていたら、彩友美ちゃんの命まで奪われることは避けられたのでは、と考えてしまいます。

事件の現場は

事件の現場となったのは、千葉市稲毛区小仲台(いなげくこなかだい)

JR稲毛駅前にある居酒屋でした。

事件現場居酒屋画像
引用元:FNN PRIME

ネットの反応

居酒屋の名前といきなり包丁で切りつけたこととで完全にやる気で
どんな恨みを買っていたんだ
鉄の棒で親を叩くような人物の様だから気が違う人なのかもしれないが
精神鑑定からの気が違う人優遇で無罪は勘弁して欲しい

引用元:Yahoo!映像ニュース

被害者にとっては相手がどんな状態であれ、加害者であることには変わらない。
錯乱状態や精神病や覚醒剤をやっていたら責任能力が無いというのはもうやめないか?
犯罪者には変わらないんだし、普通に生活している人にとっては危なくて仕方がない。

引用元:Yahoo!映像ニュース

犯人の親はたまらんな。可愛い孫を失い犯人は息子って…

引用元:Yahoo!映像ニュース

意味不明の発言をしていた犯行初日は不可解だが、
周到に凶器を準備していた点からも、刑事責任能力に問題はなさそう。

引用元:Yahoo!映像ニュース

小田容疑者の精神的な問題が問われていることから、責任能力の有無や、刑事罰はどうなるのかに注目する意見が多く見られました。

なかには、自分の息子に自分の孫を殺害された、小田容疑者の父親の気持ちを思いやる声も。

兄の誕生日を祝おうとして娘を殺されてしまった、小田容疑者の妹さんのショックを考えると、言葉が出てきません・・・

4月にも、無職で小言を言われた容疑者が、親族5人を殺害するという事件が起きています。⇒

鹿児島・親族5人殺害の岩倉知広容疑者。「小言にカッとなった」

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする