スポンサーリンク

山口・行方不明の男児をわずか20分で発見。ボランティアの尾畠春夫さん

尾畠春夫さんの画像 国内ニュース

山口県周防大島町で、一時行方不明になった2歳の藤本理稀(ふじもとよしき)ちゃんが、無事に保護された事件。

理稀ちゃんを発見したのは、大分からボランティアで捜索に来た78歳の尾畠春夫(おばたはるお)さんでした。

実はこの尾畠さん、ただのボランティアではなくスーパーボランティアだったのです。

スポンサーリンク


事件の概要

2018年8月12日、山口県周防大島町家房の親戚宅に家族で帰省中に、行方不明になっていた藤本理稀(2)ちゃん。

藤本理稀ちゃん顔画像
引用元:テレ朝news

12日の午前10時半ごろ。

親戚宅から約400m離れた海へ行くため、理稀ちゃんは祖父(66)と兄(3)と3人で家を出ました。

しかし、約100mほど進んだところで「家に帰る」とぐずりだした理稀ちゃんは、1人で親戚宅へと引き返したのです。

理稀ちゃんの母親らも海に向かうとわかっていた祖父は、理稀ちゃんが親戚宅に近づくのを確認し、そのまま海に。

その後、遅れて海にやってきた母親(37)らが祖父らと合流。

しかし、母親は海にくる途中で理稀ちゃんと出会っておらず、理稀ちゃんが行方不明になったことに気がついたのでした。

通報を受けた柳井署や柳井地区広域消防組合などが約160人態勢で付近を捜索。

警察犬やドローンも導入して捜索していましたが、理稀ちゃん発見には至っていませんでした。

 

大分から駆けつけた尾畠さん

2018年8月15日午前7時ごろ。

行方不明になっていた理稀ちゃんが、親戚宅から700mほど山を登った竹やぶの下の沢で発見されました。

理稀ちゃんを見つけたのは、大分県日出町(ひじまち)からボランティアで捜索に加わっていた尾畠春夫さん(78)。

尾畠さん顔画像
引用元:テレ朝news

新聞で理稀ちゃんが行方不明になっていると知った尾畠さん。

8月14日に車で周防大島町を訪れました。

尾畠さんが理稀ちゃんの捜索に向かう前、出会った記者が、

「大分県からわざわざ?」

と質問すると、

尾畠春夫さん画像
引用元:さぁ 焚き火しよう キャンプ日記

「わざわざじゃないですよ。

日本人だから。

言葉が通じるから私は日本中どこでも行きます。」

と答えた尾畠さん。

尾畠さん顔画像
引用元:テレ朝news

「今、聞いたらこの上に道路があってトンネルがあったりするっていうから、進行方向に向かって右側が崖だから、多分下りていないと思うんです。

人間っていうのは下に下りるよりも上に上がる方が好きだから、今から左に重点的にやろうかなと。」

との推測をもって、午前6時半ごろ1人で山へと入っていきました。

それから約20分後。

尾畠さんが呼びかける声に対して、

「ぼく、ここ。」

と理稀ちゃんから返事が返ってきたのです。

声がするほうへ進んだ尾畠さんは、沢の近くの石に座っていた理稀くんを発見。

理稀ちゃん発見時画像
引用元:テレ朝news

尾畠さんが理稀ちゃんを発見した際、飴をあげようとしたところ、理稀ちゃんは自ら飴の袋に手を伸ばして食べようとしたとのこと。

しかし、理稀ちゃんが飴の袋を自力で破れなかったため、尾畠さんが開けて飴を渡すと、理稀ちゃんは飴をガリガリとかんで食べたそうです。

念のため病院に搬送された理稀ちゃんですが、虫に刺されていた以外に目立った外傷はなく、家族と会話もできているとのことです。

 

スポンサーリンク


全国各地の被災地に駆けつけていた

尾畠さん顔画像

インタビューを受ける尾畠さんの手にトンボが。
トンボにも好かれる尾畠さん。

引用元:FNN PRIME

東日本大震災の被災地や、豪雨被害を受けた広島県呉市でも復旧作業にあたっていたという尾畠さん。

20年近く前からボランティア活動に力を入れ、全国各地の災害の被災地に駆けつけていたのです。

東日本大震災で被災した宮城県南三陸町で、がれきの中からアルバムや写真などの被災者の思い出の品を探す活動をしていた。

2017年7月の九州北部豪雨の時には、何度も被災地に出向き、車中泊をしながら浸水した住宅の泥をかき出す作業をしていた。

災害ボランティアの経験が豊富なため、現場でほかのボランティアに作業のポイントを教えていた。

山の登山道にベンチや道案内の標識を設置するボランティアも長年行っていた。

参考:NHK NEWS WEB

また、2016年、大分県佐伯市で、当時2歳の女の子が行方不明になり21時間後に保護された際にも、ボランティアで捜索していたとのこと。

「人の命は重い。

高齢者でも若くても、命はその人しかもっていないもの。

私がお手伝いできるなら、させてもらいたい。」

「学歴もない何もない人間だが、65歳で鮮魚店を辞めて、残りの人生を社会にお返しさせてもらおうと思ってきた。」

と語った尾畠さん。

その語気からは、純粋な尾畠さんの気持ちを感じました。

尾畠さんの着ていたTシャツの背中には、

「命は1つ 人生は1度 交通安全」

と大きく書かれていました。

 

理稀ちゃん退院!

尾畠春夫さんが書いた名言
引用元:カナダでのんびり海外ライフ

8月15日の朝。

尾畠さんに保護された後、病院に入院していた理稀ちゃんが退院しました。

入院した当時は軽い脱水症状があった理稀ちゃん。

3日目ごろに体調が戻ってからは、よく喋るようになり病室で遊んでいたとのこと。

理稀ちゃん顔画像
引用元:FNN PRIME

理稀ちゃんのお母さんの話では、行方不明のあいだ1人だったか聞くと、理稀ちゃんはうなずき、3日のあいだに何か食べたか聞くと、首を横に振ったそうです。

理稀ちゃんは、当時のことを思い出したくないのか、それ以外の質問については「嫌だ」と言う返答しかしないとのこと。

理稀ちゃん、お母さん顔画像
引用元:FNN PRIME

報道陣に囲まれて戸惑いを見せていた理稀ちゃんですが、会見が終わったころには報道陣の「バイバイ」という呼びかけに対して手を振っていました。

とにかくお母さんの嬉しそうな顔が印象に残りました。

本当に良かったです。

理稀ちゃん、お母さん顔画像
引用元:FNN PRIME

そして、この日も豪雨被害の広島呉市でボランティア活動に当たっていた尾畠さん。

理稀ちゃん退院の知らせを受けた尾畠さんは、理稀ちゃんに対しては、

「もし万が一なんかで会ったら、人に優しい人になってねと、お伝えしたいです。

自分に正直にね、人に優しくしてあげてと。」

尾畠さん顔画像
引用元:日テレNEWS24

また、理稀ちゃんの家族に対しては、

「過去のことを、彼が大きくなっても私は言う必要ないと、もう前に前にいって、人に優しく明るい子どもに育ってよと、それだけでいいんじゃないかと。」

という言葉を送りました。

尾畠さん顔画像
引用元:日テレNEWS24

尾畠さんの言葉は、1つ1つがまっすぐ心に沁みてきます。

 

尾畠さん表彰される

2018年11月3日。

尾畠さんが、地元の大分県から表彰されました。

30年にわたり地元・大分県由布岳の登山道を整備してきたことや、被災地でのボランティア活動の功績が認められての表彰。

尾畠さんは同年、地元である大分県日出町や大分県別府市からも表彰されています。

 

ネットの反応

これまでのことテレビで観ましたが、経験からして本当にすごい人です。
関わった皆様、お疲れ様と申し上げます。

引用元:Yahoo!映像ニュース

この人すごいわ。
何がすごいって、純粋に何の見返りも求めないで、偽善でもなく、全国ボランティアで飛び回ってることがすごい。
プロのボランティア。
とてもじゃないけど真似できない。

引用元:Yahoo!映像ニュース

神様みたいな方ですね。ふらっとやってきて、さっさと見つけて助け出した。この方だから、神様が返してくれたのかな。本当に良かった。

引用元:Yahoo!映像ニュース

色々な所に行かれて経験豊富だったことや、初めて来たからこそ、地元の人とは違う考えもでき、ここには行かないだろうという事もないだろう。今回はそれがいい方にむいたと思う。
たくさんの方々、お疲れ様でした。無事で本当に良かった!

引用元:Yahoo!映像ニュース

警察→亡くなってる事前提で捜索。
ボランティア男性(神)→生きている事前提で捜索。
この差もあるかと。
ボランティア男性赤の他人の為に県外から来て必死で捜索して素敵だな…

引用元:Yahoo!映像ニュース

神様ですね。拝みたくなりました。素晴らしい。こんな人がいるなんて、世の中捨てたものじゃないなと感動いたしました。

引用元:Yahoo!映像ニュース

ただただ、頑張った理稀ちゃんと無償の愛をもった男性の方に拍手。

引用元:Yahoo!映像ニュース

尾畠春夫さん
引用元:福井新聞

ネット上には、尾畠さんにただただ感心する声が多数並んでいました。

すぐキレる、無差別に人を殺す、暴力や薬を使って乱暴する、幼い子どもにわいせつ行為をする・・・

このような事件が途切れることなく起きる日本は大丈夫なのか?と思っていた矢先。

尾畠さんのような方がいらっしゃることを知り、救われる思いでした。

理稀ちゃんを見つけてくださったことにも、その存在自体にも感謝です。

がんばって生き抜いた理稀ちゃん、捜索にかかわったすべての方々、本当にお疲れ様でした!

 

理稀ちゃんが行方不明になった時の詳細はこちら⇒

山口・外出先から1人で家に戻り行方不明。2歳の藤本理稀ちゃん発見

 

スポンサーリンク



参考:テレ朝newsFNN PRIMENHK NEWS WEB

コメント

  1. […] 引用元: https://nobury.com/obata/ […]