福岡・息子殺害の父親と娘虐待の母親。納富駿太・麻衣子容疑者逮捕

4歳の息子をテレビ台の引き出しにとじ込めて窒息死させたとして、父親の納富駿太(のうとみしゅんた)容疑者が逮捕されました。

また、当時2歳の娘に、高温の液体をかけやけどを負わせたとして、妻の麻衣子(まいこ)容疑者も逮捕。

麻衣子容疑者は、父親をとめるどころか自分も率先して虐待していたようです。

スポンサーリンク


事件の概要

6月18日、4歳の息子を殺害した容疑で逮捕されたのは、北九州市小倉北区砂津の会社員・納富駿太(のうとみしゅんた)容疑者(27)です。

納富容疑者中学時代画像
引用元:FNN PRIME

5月11日の未明、納富容疑者は自宅2階の寝室にあるテレビ台の引き出しの中に、息子の優斗くん(4)を閉じ込めました。

事件現場画像
引用元:FNN PRIME

同日午前6時20分ごろ、納富容疑者が、

「子供が息をしていない。」

と119番通報。

数時間引き出しに入れられ、意識不明の状態で病院に搬送された優斗くん。

約1時間後に死亡が確認されました。

死因は低酸素脳症でした。

事件現場画像
引用元:FNN PRIME

テレビ台の引き出しは、縦約40cm、横約60cm、高さ15cmという狭さで、内側からは開けられない構造。

腰を折り曲げた状態で閉じ込められていた優斗くん。

抵抗した形跡がなかったことから、納富容疑者は優斗くんが寝ている間に犯行に及んだ可能性もあるとみられています。

また、納富容疑者の妻でパート従業員の麻衣子(まいこ)容疑者(24)も、今年2月、当時2歳の娘に高温の液体をかけ、尻に全治2週間のやけどを負わせていたことが判明。

事件現場画像
引用元:FNN PRIME

6月18日、警察は麻衣子容疑者も傷害の疑いで逮捕しました。

警察署画像
引用元:FNN PRIME

この件に関して、県警には児童相談所からの通報は寄せられていませんでした。

2人の認否は明らかにされていませんが、警察は、2人が日常的に虐待していた可能性もあるとして調べを進めています。

両親の言い訳

優斗くんが死亡した後、納富容疑者は周囲に対して、

「息子は狭いところに寝るのが好きで、引き出しの中に寝かしつけた。

死ぬとは思わなかった。」

と話していたそうです。

子どもが狭いところが好きだということはあるかもしれません。

しかし、引き出しの中は狭すぎます。

しかも中から開けられないことは危険極まりないです。

また、娘にやけどを負わせた麻衣子容疑者は、

「娘が誤ってストーブに座って、やけどを負ったかもしれない。」

と児童相談所に説明していました。

小さい子どもがいるのに、ストーブ周りの柵もしていなかったのでしょうか。

子どもがストーブに座れるような状態になっていること自体おかしいです。

どちらも苦しい言い訳と感じてしまいます・・・

スポンサーリンク


事件の現場は

事件の現場となったのは、福岡県北九州市小倉北区砂津(すなつ)にある、納富容疑者の自宅です。
家には5月の時点で親族8人が同居。

近隣住民によると、

「たぶん4世代くらいで、一緒に暮らしていたと思う。」

とのこと。

その中には、3~5歳の児童が複数人いました。

事件当時、寝室には他の子どもも寝ていましたが目撃した者はいなかったとのことです。

ネットの反応

前に見たニュースだと思うけど、事故かと思っていたら虐待だったのか……分かって良かった。ちゃんと捜査してくれたんだね。

引用元:Yahoo!映像ニュース

この事件・・確か最初は事故って出てたよね。
ここのコメントも4歳の男の子なら何するかわからないし、なかなか防ぐのも難しい・・かわいそうというコメントが多かったように記憶しています。
まさかの虐待。というか殺人。
事件が明らかにされて良かった。

引用元:Yahoo!映像ニュース

児童相談所なんかより、もっと厳しく虐待を取り締まる専門の警察を作るべき!

引用元:Yahoo!映像ニュース

どれだけ甘い判決が出るのか、それが虐待の後押しです。

引用元:Yahoo!映像ニュース

毎日のように子供の虐待ニュース、切なくなります。育てたく無いなら作るな。養子に出すとかして下さい。一番可愛い時期なのに可愛そう過ぎます。

引用元:Yahoo!映像ニュース

氷山の一角。全国で虐待されている子供はかなりの数いるはず。身近でおかしいと思ったらためらわず通報せねば。

引用元:Yahoo!映像ニュース

事故が起きた時の報道を覚えていて、事件だったことが明るみになって良かったという声がありました。

虐待を取り締まる専門の機関を作るべきという意見も。

確かに、児童虐待に関して児童相談所の存在は抑止力にはなっていないと感じます。

子どもを産むことはできても育てることができない。

育てたくないのなら、育てられないのなら、それこそ行政に相談して養子に出してほしい。

まるでおもちゃを捨てるように、子どもの命を奪う親の多さに、憤りとむなしさばかりが募ります。

当時5歳の娘をひどすぎる虐待で死なせた両親もいました。⇒

目黒区・5歳女児虐待死亡事件。両親の船戸雄大・優里容疑者逮捕

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする