福井・においフェチ?男性警部補、女性署員の履物のにおい嗅ぐため侵入

30代の男性警部補が、深夜に署内の事務室に侵入したとして書類送検されました。

侵入の目的は、好意を寄せていた女性署員の履物のにおいを嗅ぐためでした。

スポンサーリンク


事件の概要

5月18日、福井県警越前署の30代の男性警部補が、建造物侵入の疑いで書類送検されました。

越前警察署画像
引用元:Wikipedia

2月下旬の深夜、当直勤務中だった警部補は、マスターキーを使い、鍵のかかっていた事務室に侵入。

事務室にあった女性の履物のにおいを嗅いだり、私物を触ったりした疑いがもたれています。

事務室から出てくる警部補の姿は、以前から同署の署員によって目撃されていました。

警部補の行動を不審に思った署員は、室内にビデオカメラを設置。

防犯カメライラスト

カメラには、警部補の一連の行為が、約1分間に渡り写っていたのでした。

当直幹部としてマスターキーを持てる立場だった警部補。

調べに対し、

「女性に好意を持っていた。」

「浅はかなことをしてしまい、深く反省している。」

と話しているそうです。

反省する男性イラスト

監察課は、

「においを嗅ぐ行為自体は刑罰法令に触れるものではないが、警察官としてふさわしい行為ではない

本来の目的以外で事務室に入ることは建造物侵入罪に該当しうる。」

としています。

事件発覚後、警部補は本部長訓戒処分となるも辞職

本部長訓戒処分
職務上・経済上の不利益が生じない程度の軽度の処分

福井県警は、当時の署長と副署長の監督責任を問い、口頭で厳重注意しました。

このようなことで、辞職に追い込まれるとは。

警官を辞めた解放感から、行為がエスカレートしないことを祈ります。

事件の現場は

事件の現場となったのは、福井県越前市日野美にある福井県警越前警察署

福井県越前市・今立郡池田町・南条郡南越前町を管轄しています。

推計人口80,938人(2018年4月1日現在)の越前市。

越前和紙や、たけふ菊人形などが有名で、文化財の保有数も製造品の出荷額も県下一。

伝統産業から先端技術産業まで幅広い産業が集積。

絵本作家のいわさきちひろさんや、歌人の俵万智さんの出身地でもあります。

スポンサーリンク


においフェチの芸能人

安めぐみ

安めぐみ
引用元:芸能人の噂最新

天然癒し系の安めぐみさん。

テレビでも「においフェチ」であることを明かしています。

体臭がキツそうな人が好きだとか。

ご主人の東貴博さんは潔癖ぎみで無臭のイメージがありますが・・・

橋本マナミ

橋本マナミ
引用元:芸能生活

『国民の愛人』などと呼ばれる、おっとりセクシー系の橋本マナミさん。

「目の前に来て、オナラをブッとされるのが好きだったんですよ。」

「臭いんですけど、それがまたいいんです。」

と好きな人のオナラのにおいを嗅ぐのが好きだったことを、テレビ番組で告白しています。

桐谷美玲

桐谷美玲
引用元:幸福への道標

スレンダーなスタイルにお人形さんのような顔が愛らしい桐谷美玲さん。

そんな桐谷さんも、大のにおいフェチ。

臭いものがたまらなく好きだと、バラエティ番組などで繰り返し発言しています。

紗蘭(さら)

紗蘭
引用元:エンタメ情報チャンネル

藤田ニコルの親友で、モデルの紗蘭さん。

おじさんの靴下のにおいが好きすぎて嗅がずにいられない。」

「臭くはない。

その人の人生がしみ込んでいて感動する。」

取引先の重役などのにおいも嗅ぎたがり、商談が破談にならないかマネージャーが心配するほどだそうです。

それにしても、人生がしみ込んでいるとは深いですね。

斎藤工

斎藤工
引用元:斜め上からこんにちは

ワイルド系人気俳優、斎藤工さん。

2017年6月7日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ)でのこと。

出演していた女性の1人が、今日のインナーはパジャマのままだと告白すると、

「インナーパジャマっていうことはオイニー(におい)が気になりますね。」

「ちょっと嗅ぎたくなる。」

などとマニアックな発言を連発。

困惑した国分太一や松岡昌宏から、

「変態おさえてもらっていいですか。」

などと厳しいツッコミが入りました。

においフェチの芸能人を見ると、大らかな感じの方が多いような気がしますね。

時と場合を考えて

においが好きだというのは自然な思いです。

しかし、不審に思われないよう時と場合を考えて、嗅ぎたい欲求をコントロールすることが必要ですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする