石川県白山市・製紙会社「中川製紙」の溶剤タンク内で従業員3人死亡

中川製紙画像 国内ニュース

石川県白山市にある製紙会社「中川製紙」の溶剤タンクの中で従業員3人が倒れ、死亡しました。

3人の死因は硫化水素による急性中毒と断定。

会社では硫化水素に対する対策はとられていなかったそうです。

スポンサーリンク

溶剤タンクに落ちて死亡

6月6日午前3時45分ごろ、石川県白山市の製紙会社「中川製紙」の工場関係者から、

「溶剤タンクに人が落ちた。」

と119番通報がありました。

駆けつけた消防が、深さ5メートルほどの溶剤タンクの中に、倒れている男性3人を発見。

事故現場画像
引用元:日テレNEWS24

約1時間後、現場で3人の死亡が確認されました。

3人はいずれも同社の従業員。

金沢市三口新町4丁目の男性(57)、白山市新田町の男性(49)、白山市番田町の男性(27)です。

事故当時、タンク内に詰まった異物を除去しようと、タンク内に入った57歳の男性が倒れたため、他の2人が助けに行ったそうです。

溶剤タンクは薬剤を使って古紙を溶かすタンク。

再生紙を作るため、水や古紙、希硫酸、マグネシウムを混ぜて溶かす作業が行われていました。

工場画像
引用元:日テレNEWS24

3人は、タンク内に発生した硫化水素を吸った可能性があるとみられていましたが、その後の調べで3人の死因は硫化水素による急性中毒と断定。

今回の事故に関し、中川製紙の社長は、

「(タンクの中に入ることは)一般的にはございません。

今まではそこ(タンク)に入ることを想定していなかった

安全対策は万全ではなかった。

従業員に対する注意喚起が充分ではなかったことを認め、陳謝しました。

 

事故の現場は

事故が起きたのは、石川県白山市相川新町(そうごしんまち)718にある中川製紙株式会社。

中川製紙画像
引用元:日テレNEWS24

現場となった工場は、JR松任駅から北西約3キロの海沿いに位置しています。

1952年4月1日設立(創業1937年2月)の中川製紙株式会社は、70名の従業員を抱える製紙会社。

業務は3交替で行われていたそうです。

 

スポンサーリンク

硫化水素の危険性

高濃度の硫化水素(りゅうかすいそ)をあびると、数呼吸で呼吸麻痺を起こし呼吸が停止。

昏倒状態に至ります。

本来は独特なにおいを持つ硫化水素。

しかし、硫化水素には嗅覚を麻痺させる作用があり、高濃度でにおいを感じなくなるのです。

登山者やスキー客、温泉客などが外で硫化水素をあびて死亡するケースが多いのも、においがわからないため。

温泉硫化水素画像
引用元:温泉部

硫化水素で急性中毒を起こした人を助けようとすれば、深刻な二次被害をともなう危険があります。

そのため救出時には空気呼吸器の着装が必須。

また化学防護服を身に着けるのが望ましいとされています。

しかし中川製紙では、作業中の硫化水素の発生自体が想定されておらず、必要な対策もとられていませんでした。

ほかの製紙業者によれば、

「パルプが腐敗すれば硫化水素は発生しやすい。」

とのことです。

 

ネットの反応

なぜ3人も亡くなったんだろう。
安全管理体制に問題がありそうですね。

引用元:Yahoo!映像ニュース

別の報道では自らタンク内に入って行って
次々と倒れたともあった 有毒ガス?酸欠?転落そのものが分からないが 3人の死亡とは大事故です 1日でも早い原因究明が必要ですね
亡くなられた方々の ご冥福をお祈りいたします!

引用元:Yahoo!映像ニュース

タンク内で酸欠になったのか 溶剤のガスでやられたのか 悲しい事故ですね、
安全管理体制が気になるなぁ

引用元:Yahoo!映像ニュース

お亡くなりになられた方々に、御冥福をお祈り申し上げます。
悔やんでも悔やみきれないくらいですね。
恐らくですが、作業を命じた上司及び企業のトップ(事業主)は、管理責任を問われると同時に、労働安全衛生法及び業務上過失致死で、法人としての企業・事業主は書類送検濃厚ですね。

引用元:Yahoo!映像ニュース

タンクってマジで怖い
毎年何人も死んでる

引用元:Yahoo!映像ニュース

安全管理体制に対する疑問の声や、亡くなられた方々を悼む声が多く見られました。

中川製紙では、1995年4月にも、段ボールの原料液を混ぜる撹拌機に転落した従業員が死亡。

当時の社長が、労働安全衛生法違反の疑いで書類送検されています。

生死にかかわるような危険と隣り合わせであっても、製造過程で必要な作業に従事せざるを得ない方々。

それらの方々の身の安全を、なんとか守って欲しいものです。

亡くなられた従業員の方々や、ご家族のことを思うと胸が痛みます。

 

追記(書類送検)

同年12月6日、事故を防ぐための安全対策を怠ったなどとして、業務上過失致死の疑いで技術顧問の男性(68)書類送検されました。

死亡した作業員らが行っていたのは、タンク内に硫化水素が発生する危険作業。

にも関わらず、技術顧問の男性がタンク内の換気を行うことを指示せず、安全対策を怠ったとのこと。

同日、金沢労働基準監督署も、会社と技術顧問の男性を労働安全衛生法違反の疑いで書類送検。

中川製紙は、

「書類送検されたということを重く受け止めています。

今後は安全対策をしっかり行っていきたいです。

亡くなられた方にご冥福をお祈りするとともにご遺族に対して申し訳ないという気持ちです。」

とコメントしました。

 

スポンサーリンク

コメント