スポンサーリンク

神戸・女性専用車両で面識のない女性の首絞める。ミャンマー国籍の男逮捕

女性専用車両画像 事件

神戸市の地下鉄で女性専用車両に乗っていた女性を殺害しようとしたとして、ミャンマー国籍の専門学校生、チョウ・ティハ・ピョー容疑者が逮捕されました。

チョウ容疑者と女性に面識はなく、チョウ容疑者がいきなり女性の首を絞めたとのことです。

事件の概要

2018年10月27日。

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、神戸市中央区八雲通(やぐもどおり)在住、ミャンマー国籍の専門学校生、チョウ・ティハ・ピョー容疑者(26)です。

兵庫警察署画像
引用元:テレ朝news

10月27日午後6時ごろ。

事件が起きたのは、兵庫県神戸市の市営地下鉄大倉山駅から湊川公園駅を走行中の電車内でのことです。

神戸市須磨区のパートの女性(46)は大倉山駅から女性専用車両に乗り込みました。

そこに乗り込んできたチョウ容疑者。

座席に座った女性の前に立ち、女性がかけていた眼鏡をいきなり奪い取ると、床にたたきつけ踏み潰しました。

さらに、突然女性の首を手で絞めて殺そうとした疑いが持たれています。

首を絞めるイメージ画像
引用元:テレ朝news

隣の車両にいた男性が女性の叫び声を聞いて止めに入り、チョウ容疑者は次の駅(湊川公園駅)で駅員に引き渡されました。

首を絞められた女性にケガはありませんでした。

調べに対してチョウ容疑者は、

「間違いありません。」

と容疑を認めているそうです。

電車画像
引用元:テレ朝news

女性とチョウ容疑者に面識はなく、兵庫署は動機や詳しい経緯を調べているとのことです。

 

スポンサーリンク


事件の現場は

事件の現場となったのは、兵庫県神戸市の市営地下鉄大倉山駅から湊川公園駅を走行中の電車内です。

女性が乗り込んだのは、痴漢対策のために作られた女性専用車両。

なのに、なぜ当たり前のようにチョウ容疑者が乗り込むのか?と思いましたが・・・

日本の女性専用車両について国土交通省は、

“鉄道事業者において、輸送サービスの一環として導入された女性等に配慮した鉄道車両”

と定義。

女性しか乗れない車両ではなく、女性が優先的に乗る車両。

なので、男性は乗らないように協力して下さいという程度のもので、男性の乗車を禁止する法的な根拠も、法的な拘束力もないそうです。

女性しか乗れないのかと思っていました・・・

 

ネットの反応

えっ、なんで!?
面識ないのに?誰でも良かった的な?
怖すぎる…。
女性が無事で良かったです。

引用元:Yahoo!映像ニュース

動機が見えない現状だと意味がわかんなくて怖すぎる。
どうしてそうなったかはちゃんと報道して欲しい。

引用元:Yahoo!映像ニュース

たまたま隣の車両にいた人が止めに入ったから命が助かったからいいものもしも近隣車両に人がいない時間帯であったり死角で気が付かなかったとしたら怖い。
面識のない被害者に対して加害者が何かしらのストレス等が原因で凶暴な事件を起こしたとしたら怖すぎる。

引用元:Yahoo!映像ニュース

池の水抜いたりして、外来種の危険性と在来種の保護をやってる番組あるけど人間も同じなのかなと感じてしまう。
少子高齢化で人口が減るなら、その規模の国にすればいい。今を維持する必要なんてない。
世界的にも少子高齢化の国はあるし、そのモデルケースを日本が作ればいいんじゃないかなと思う。

引用元:Yahoo!映像ニュース

止めに入ってくれる人がいて良かった。通り魔も恐怖だけど、こういう時助けてくれる人に出会えるかも大きく人生左右するかと思うと怖い…

引用元:Yahoo!映像ニュース

面識のない女性の眼鏡を床にたたきつけて踏んで、首を絞める。

なぜ?

という言葉しか出てきません。

女性はただ電車に乗っただけなのに。

しかも女性専用車両に。

なぜ見ず知らずの人にいきなり首を絞められなければならないのでしょう。

助けてくれた男性が勇気のある方で良かったですが、いきなりの暴挙を目にして、誰もが止めに入れるわけではありません。

隣の車両に誰もいなかったら、誰かいても気づかなかったら、気づいても助けられなかったら・・・

女性が殺害されていた可能性もあったと思うと恐ろしい限りです。

 

 

電車内でのトラブルで死亡にまで至った事件もあります。⇒

代強容疑者逮捕。電車内の大声を注意した男性が電車に接触し死亡!

 

スポンサーリンク



参考:イザテレ朝news

コメント