ハッカ油で作る自家製虫よけスプレー。犬の防虫にも効果あり!

アロマ お役立ち

近年、建物の中は気密性や断熱性が良く、虫たちにとっても季節を問わず快適な環境です。

お部屋で虫に遭遇するのはイヤ!

でも殺虫剤は体に悪そう・・・

そんなあなたに、お香とアロマを使った虫除け方法をご紹介します!

 

スポンサーリンク


お香の高貴な香りで虫除け対策

可愛い姿の害虫

1日の終わりや、お休みの日、お部屋でゆったりくつろぐ時間。

ふいに現れ、周りを飛び始める“コバエ”

不快な羽音で近づき、カユミまで置いていく“蚊”

突如現れ、黒光りする不気味な背中で、私たちを恐怖のどん底に陥れる“ゴキブリ”

部屋に入れたくない!

でも殺虫剤での退治は有害物質が気になる・・・

そんな時は、お香やアロマオイルなど、自然の力で守ってもらいましょう!

アロマオイル画像
引用元:マイベスト

お香の原料には、白檀・ヒノキ・クスノキ・龍脳などの植物が使われています。

これらの植物の香りには、害虫を寄せつけない忌避効果(きひこうか)があると言われています。

お香と言えば、おなじみの蚊取り線香がありますが、それより煙が少なく香りも良いニーム香というものがあります。

ニーム香写真
引用元:石けん百貨

このニーム香、人間にとっては、仏事用のお線香に近いオリエンタルな良い香り

でも、ゴキブリや蚊などの害虫、昆虫類、ネズミなどの小動物にとっては生理的に嫌な香り。

なので、寄ってこなくなるというわけです。

ただし、カブトムシなどの昆虫やハムスターなどの小動物も、この香りを嫌がるので、これらのペットを飼われている方は要注意です。

自分で虫除けスプレーを作ろう!

ミント画像 引用元:チャーム

多くの害虫は精油(エッセンシャルオイル)の成分を嫌がります。

特に、和ハッカ(日本のハッカ)は虫よけの効果が強いと言われています。

和ハッカという名称は、あまり聞き慣れないかもしれませんが、虫によっては(ダニなど)殺傷効果も期待できるそうです。

ミント系アロマである和ハッカ。

清涼感あふれるスッキリとした香りです。

和ハッカは、ハッカ油の主成分である「ハッカ脳」を、洋ハッカより約30%多く含んでいるため、化学合成剤を使わないゴキブリ対策としても研究されているようです。

ハッカ油を使った虫除けスプレーは簡単に作れます。

作り方をご紹介しますので、ぜひ作ってみましょう。

ハッカ油スプレー材料画像
引用元:暮らしの手帖

用意するものは以下の通り。(100ml分)

  • ハッカ油:2cc(小さじ5分の2)
  • 無水エタノール:10ml(小さじ2杯)
  • 精製水:90ml(水道水でも問題なし)

まず、無水エタノールにハッカ油を混ぜて油を溶かします。

水とハッカ油を先に混ぜると混ざりにくいので、この手順は守りましょう。

そこに精製水を加え、スプレー容器に入れたら、もうできあがりです!

アロマ精油100%商品画像
引用元:行列のできる情報館

ちなみに、100円ショップのアロマオイルは合成香料を使用していることが多く、精油が含まれていない可能性もあります。

その場合、虫除けなどの効果がなくなってしまうので、少々割高でも天然由来100%の精油を購入するのがおすすめ。

快適な部屋画像
引用元:ガジェット通信

防虫効果が続くのは10日ほどなので、時々新しいものに作り変えましょう。

ハッカ油スプレーを、シンクの下や台所の三角コーナーのゴミ箱にスプレーすると、ゴキブリやコバエがいなくなるという効果もあります。

お部屋に散布しておけば、蚊を寄せつけず、ダニも死滅。

また、梅雨の時期のカビ予防にも効果的。

爽やかな香りも楽しめます。

使用時には油分が偏らないよう、良く振ってから使用してくださいね。

 

ハッカ油は犬にも効果的!

ハッカ油スプレーは、犬の防虫にも使用できます。

お散歩前に、犬にハッカ油スプレーをシュッとかければ、ノミ・ダニ・蚊などの小さな虫だけでなく、ハエ・ゴキブリ・ムカデなどの大きめの虫も寄せつけないようにしてくれます。

足やシッポなども忘れずに、身体全体にかけたほうが良いのですが、目にはスプレーがかからないよう注意が必要です。

犬の散歩をする女性

虫よけ効果は1時間ほど持続。

長時間、お散歩やおでかけをするなら、ハッカ油スプレーを携帯し再度かけてあげましょう。

犬のトイレなどの臭い消しにも使えますよ。

 

スポンサーリンク


他にもある、頼もしいアロマたち

天然アロマオイル画像 引用元:情報カレンダー

他にも虫よけアロマとして代表的なものに、レモングラスがあります。

レモングラスには、蚊やダニが嫌う「シトロネラール」という成分が含まれています。

その名の通り、レモンのような爽やかな香りがするため、ボディースプレーなどにも使われています。

また、ローズマリー・ローズウッド・ラベンダー・シダーウッド・サンダルウッド・シナモン・クローブ・月桃・ゼラニウム等にも虫除け効果があります。

甘いものが好きな虫は、バニラビーンズやアニスなどの甘い香りには逆に寄ってきますので、アロマ選びには注意も必要です。

ディフューザー画像
引用元:おしゃれ女子必見

アロマの利用方法はいろいろありますが、香りが強くなり広がりやすいディフューザーを使用すれば、効果も大きくなります。

精油は蒸発しやすいので、虫が元気な時期には毎日焚きましょう。

ディフューザーがなくても、、ティッシュペーパーやコットン、キッチンペーパーなどに染み込ませ室内に置くという簡単な方法もあります。

また、ゴキブリが唯一食べない食品であるに、精油を垂らして置いておく方法も。

アロマオイルをティッシュに垂らす画像
引用元:お肌トラブル解決!

化学成分の防虫剤や殺虫剤を使用し続けると、害虫の生殖本能を刺激し、逆に害虫が強くなり、数年後には効果がなくなることが考えられます。

しかし天然精油などにはそのような心配はなく、様々な観点から安心して使えます。

虫よけ効果のあるお香やアロマの香りに守られながら、リラックスした時間を過ごしたいものですね。

 

同じ虫でも、このような虫なら出会いたいものです。⇒

ブルー・ビーは幸せの青い蜂!?会える場所に出かけましょう!

スポンサーリンク


コメント