スポンサーリンク

神奈川県三浦市・三崎港から海に車転落し家族3人死亡。無理心中の可能性

転落した車画像 国内ニュース

10月31日の未明、神奈川県三浦市の三崎港の岸壁から車が海に転落。

車に乗っていた家族とみられる男女4人のうち、海中の車内から見つかった3人が死亡。

10歳くらいの男児が車から自力で脱出したとみられ、病院に搬送されましたが命に別条はないとのことです。

スポンサーリンク


事件の概要

転落した車画像
引用元:読売テレビニュース

2018年10月31日午前1時45分ごろ。

神奈川県三浦市三崎5丁目の三崎港の岸壁で、

「車が海に落ちた。

子どもが1人浮かんでいる。」

と、近くで釣りをしていた人から警察に通報がありました。

海に転落した車に乗っていたのは、40代ぐらいの女性、60代ぐらいの女性、12歳ぐらいの男児、10歳くらいの男児。

このうち10歳ぐらいの男児が近くの海面に浮いていたところを救助され、命に別状はないとのこと。

転落した車画像
引用元:読売テレビニュース

男児は車から自力で脱出したとみられています。

残りの3人も車の中から助け出され、病院に搬送されましたが、いずれも死亡が確認されました。

車に乗っていた4人は東京都内に住む家族。

三崎港画像
引用元:読売テレビニュース

コンクリート製の車止めを乗り越えて海に転落していた車。

岸壁にはブレーキをかけた痕がなく、

「前進でかなりのスピードが出ていた。」

という目撃情報もあることから、警察は無理心中の疑いもあるとして調べているそうです。

 

スポンサーリンク


事件の現場は

三崎港画像
引用元:読売テレビニュース

車が転落したのは、神奈川県三浦市三崎5丁目三崎港(みさきこう)です。

漁港の周辺には、マグロ料理などの店が立ち並び、東京から日帰りで気軽に訪れることができる人気の観光地とのことです。

 

残された男児は・・・

車が海に転落した理由はまだハッキリしていませんが、1人残された男児のことを考えると、苦しい気持ちになります。

車が海に転落する時の恐怖。

転落した車から脱出する時の恐怖。

とても、想像できるものではありません。

そして、亡くなってしまった家族。

まだ10歳の男児が、これから先の人生で、この恐怖の記憶と家族を失った悲しみを背負っていくのかと思うと、やりきれない思いです。

 

 

この事件の次の日には、父親が妻と娘を道連れに無理心中したとみられています。息子1人が生き残りました。⇒

大阪枚方市・家族3人刺され死亡し長男が通報。父親による無理心中か

母親は子どもを残していけないと考えるようですが、子どもの命は母親のものではないのです・・・⇒

文京区・母子4人死亡、無理心中の可能性。周囲に不安を話していた母親

兵庫・40歳母親と生後2ヶ月半男の子遺体発見。“探さないで”のメモ残し

 

 

スポンサーリンク



参考:神奈川 NEWS WEB日本経済新聞産経新聞カナロコ読売新聞ニュース

コメント