福岡・有名ブロガーHagexさん刺殺。低能先生こと松本英光容疑者逮捕

事件現場画像 事件

IT関連のセミナーをしていた岡本顕一郎(おかもとけんいちろう)さんが殺害された事件。

出頭した無職の松本英光(まつもとひでみつ)容疑者が逮捕されました。

Hagexという名の有名ブロガーでもあった岡本さん。

ブログ上で松本容疑者とトラブルになっていたとみられています。

スポンサーリンク


事件の概要

2018年6月25日、殺人と銃刀法違反の疑いで逮捕されたのは、福岡市東区筥松(はこまつ)1丁目在住、無職の松本英光容疑者(42)。

殺害されたのは、東京都江東区東雲(しののめ)2在住、インターネットセキュリティー会社の社員、岡本顕一郎さん(41)です。

事件現場画像
引用元:テレ朝news

2018年6月24日午後8時ごろ。

福岡市中央区大名にある起業家支援施設で事件は起きました。

その日、岡本さんは、午後5時半開催のIT関連のセミナーで講師を務めていました。

セミナー終了後。

施設の1階トイレ付近から、

「救急車を呼んでくれ。」

という声がしました。

トイレに確認に行った施設関係者の男性が目にしたのは、刃物を持った松本容疑者と血だらけの岡本さんの姿でした。

首や胸など数ヶ所を、刃渡り約16cmのレンジャーナイフで刺されていた岡本さん。

事件現場画像
引用元:テレ朝news

病院に搬送されましたが、傷の一部は心臓にまで達し、出血性ショックで死亡が確認されました。

犯行後、松本容疑者は自転車で逃走。

警察は殺人事件として松本容疑者の行方を追っていました。

約3時間後の24日午後11時前。

福岡市東区の交番に、

「中央区の殺人は自分です。」

と松本容疑者が出頭。

警察車輌画像
引用元:テレ朝news

バッグの中には血のついたナイフが入っており、25日の朝、松本容疑者は殺人などの疑いで逮捕されました。

セミナーには参加していなかった松本容疑者。

セミナーが終了するのを待ち、トイレに入った岡本さんを刺しました。

調べに対して松本容疑者は、

「ネット上で被害者の男性を恨んでいた。

死なせてやろうと思った。」

と容疑を認めています。

事件現場画像
引用元:テレ朝news

警察は、ネット上のトラブルで松本容疑者が岡本さんへの恨みを募らせ、計画的に犯行に至ったとみています。

 

有名ブロガーだった岡本さん

岡本さんは「株式会社スプラウト」=東京都港区南麻布=というインターネットセキュリティー会社で働いていました。

岡本さん画像
引用元:FNN PRIME

スプラウトは、企業や官公庁に対してサイバーセキュリティの支援を行う会社。

ホワイトハッカーと呼ばれるセキュリティエンジニアなど、サイバーセキュリティ分野の専門家が集まっています。

創業時からのメンバーだった岡本さんは、オンラインのセキュリティメディアの編集長を務めていました。

そんな会社の仕事とは別に、Hagexという名前で「Hagex-day.info」というブログを運営していた岡本さん。

岡本さんブログ画像
引用元:FNN PRIME

事件当日の「ネットウォッチ勉強会」というセミナーでは、ブログ運営のノウハウや、運営時のトラブルへの対処法などを解説していたようです。

研究会案内イラスト
引用元:ATND

有名ブロガーの岡本さんのブログに対し、誹謗中傷などを書き込む荒らし行為を行っていたアカウントがありました。

岡本さん以外のユーザーに対しても荒らし行為を繰り返していたそのアカウントは、「低能先生」と呼ばれ、何度もアカウントを凍結されていました。

凍結されるたび新規のアカウントを作り、荒らしを続けていた「低能先生」が松本容疑者とみられています。

岡本さんは「低能先生」の荒らし行為を受けるたびに、ブログ運営会社に通報していました。

岡本さんブログ画像
引用元:FNN PRIME

松本容疑者が逮捕される前、ネット上には、事件への関与をほのめかす松本容疑者のものとみられる「犯行声明文」が投稿されていました。

 

犯行声明文全文

松本容疑者投稿画像
引用元:FNN PRIME

犯行声明文の全文です。

おいネット弁慶卒業してきたぞ

改めて言おう

これが、どれだけ叩かれてもネットリンチをやめることがなく、俺と議論しておのれらの正当性を示すこともなく(まあネットリンチの正当化なんて無理だけどな)

俺を「低能先生です」の一言でゲラゲラ笑いながら通報&封殺してきたお前らへの返答だ

「予想通りの展開だ」そう言うのが、俺を知る全ネットユーザーの責任だからな?

「こんなことになるとは思わなかった」なんてほざくなよ?

ただほぼ引きこもりの42歳はここで体力が尽きてしもうた

事前の予定では東京までいってはてな本社にこんにちはするつもりだったが、もう無理

足つってるし

なんだかんだ言ってはてなというか増田が俺をネット弁慶のままで食い止めていた面もあるしなあ

逆に言うと散々ガス抜きさせてもらった恩がある

はてブと通報厨には恩など欠片もないが

てことでこれから近所の交番に自首して俺自身の責任をとってくるわ

足つってるから着くまで30分くらいかかるかも

松本容疑者の住むアパートの階段には転々と血の跡がついており、自首する前にいったんアパートに戻っていたのではないかとみられています。

その時に書かれたものと思われます。

 

スポンサーリンク


真面目だった松本容疑者

送検される松本英光容疑者です。

松本容疑者画像
引用元:テレ朝news

高校時代まで、熊本県天草市の実家で生活していた松本容疑者。

松本容疑者の父によれば、松本容疑者は聞き分けのいい息子だったとのこと。

近所の人も、学生時代の成績も運動神経も良く、いつもニコニコしていたと話しています。

入学した九州大学文学部で専攻していたのはイスラム文明。

卒業後にアルバイトから正社員になって働いていた、福岡県内のラーメンの製麵工場は3年前に辞めています。

大学の同級生の男性は、

「地味で目立たず、真面目でおとなしい人だった。

こんな事件を起こすなんて信じられない。」

と話しました。

経歴や現状を見ると、松本容疑者には、今の自分に満足できないフラストレーションがあったのでは、と思ってしまいます。

 

事件の現場は

事件の現場となったのは、福岡市中央区大名2丁目6番11号「Fukuoka Growth Next」

飲食店などが立ち並ぶ繁華街にあります。

2014年3月に閉校した大名小学校の建物を利用し、福岡市などが運営する官民共働の創業支援施設

施設には、企業や、起業を目指す個人が入居。

雇用創出や地域経済発展への貢献、企業が新たな価値を生み出すことや、世界的市場へのチャレンジの支援を目的とした施設です。

 

2ちゃんねる創設者のひろゆき氏は

2004年にブログを開設したHagexさんこと岡本さん。

「2ちゃんねる」などの匿名掲示板の書き込みを、独自の視点でピックアップしてコメントをつけるブログが人気を博してきました。

2ちゃんねる創設者のひろゆき氏は、今回の事件を受けて、

ネット上でお互いに顔を知らない同士で揉めるのはあるけど、殺人事件まで行ったケースは日本では初めてな気がします。 ネットで他人を追いこむとこういう結果にもなる場合があると。。。

引用元:Twitter

とツイートしています。

 

ネットの反応

実名晒すのは「本当に」危険!それを誰よりもご存じだったはずの被害者。身を持って世間に知らしめる結果になってしまいましたね。合掌。

引用元:Yahoo!映像ニュース

ここでも時々、必要以上にやり合ってる人たちがいる。
意見を戦わせる事と悪口の言い合いは別モノ
仮想の世界が総ての人には無理なのか…

引用元:Yahoo!映像ニュース

昔は口は災いの元だったが、今はコメントは災いの元に…コメントする側は気を付けないといけない、と言う事を教えてくれた事件。

引用元:Yahoo!映像ニュース

今、出ている情報をまとめると容疑者がネット上で誹謗・中傷を繰り返していた→被害者がそれを非難→容疑者がキレる→殺害。
ただ、容疑者が誹謗・中傷に至る経緯を明らかにして欲しいです。

引用元:Yahoo!映像ニュース

まぁ犯人が悪いのには違いないが、事実だったとしても
不特定多数に向けて「低能先生」などと、上から目線で言うのも
どうかと思うよ。

引用元:Yahoo!映像ニュース

「意見を戦わせる事と悪口の言い合いは別モノ」確かにその通りです。

Hagexさんが、ブロガーのイケダハヤトさんや、はあちゅうさんをいじっていたことに対して、

Hagexさんの事件を受けて、彼をまるで聖人みたいに「いい人だった」と言及する記事が増えている。でも、正直、彼が日常的にやっていた「いじり」は度がすぎていたと思うんですよね。控えめにいっても。

引用元:はてな匿名ダイアリー

という意見も見受けられました。

岡本さんにも松本容疑者にも、それぞれの言い分があったでしょう。

ただ1つ言えることは、ネットの文字の向こうには生身の人間がいるということ。

「人」対「人」である以上、ネットの中でのいさかいが、ネットの中だけで終わらない可能性はあるということです。

相手に対して礼儀もなく、一切の遠慮もなく感情をぶつけてしまう。

それが人間関係において相当恐ろしい結果を招くということは、誰もが忘れてはいけないことだと思います。

 

更新情報

2018年7月3日。

事件直後に投稿された「犯行声明文」について、松本容疑者が書いたと供述していることが判明。

岡本さんを襲った理由として、

「ネットリンチ(私刑)が許せなかった。」

と話していることも明らかになりました。

2018年7月11日から松本容疑者を鑑定留置していた福岡地検は、精神鑑定の結果から刑事責任が問えると判断。

勾留満期の2018年10月5日に殺人罪で起訴する方針を固めました。

 

スポンサーリンク


コメント