京都府・音がうるさいと19歳の女性刺す。隣室の松元雄一容疑者逮捕

事件現場画像 事件

京都府京田辺市のマンションで、隣の部屋の女性を刺したとして、松元雄一(まつもとゆういち)容疑者が逮捕されました。

騒音トラブルが原因とみられています。

スポンサーリンク


事件の概要

隣室の女性に対する殺人未遂容疑で逮捕されたのは、京都府京田辺市三山木、無職の松元雄一容疑者(38)です。

2018年7月19日午前8時45分ごろ。

京田辺市三山木のマンションの住人から、

「助けてと声が聞こえ、外に出ると血の跡がある。」

と119番通報が入りました。

事件現場画像
引用元:FNN PRIME

駆けつけた消防が、マンション近くの保育所の前に、血まみれで倒れている19歳の女性を発見。

女性は、背中などを刺されており病院に運ばれましたが、幸い命に別条はありませんでした。

駆けつけた警察が女性の血痕をたどると、血痕はマンションへと続いていました。

事件現場画像
引用元:FNN PRIME

血痕が途切れた場所にあったのが松元容疑者の部屋。

警察が松元容疑者に話を聴いたところ、女性を刺したと供述。

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕となりました。

女性は、マンションの廊下を歩いていた時に松元容疑者に後ろから刺され、保育所の前まで逃げてきたとのこと。

近所の人によれば、事件当時、松元容疑者がドアを開けて「うるさい」と叫ぶ声が聞こえていたそうです。

事件現場画像
引用元:FNN PRIME

動機について松元容疑者は、

生活音がうるさくて眠れなかった。

殺そうと思っていた。」

と話しています。

殺そうと思い立つ前に、音がうるさいことを女性に伝えたり、大家さんや不動産屋に相談したりしていたのでしょうか。

解決策を何も考えずに、気に入らない相手を消してしまえばいいというのは、あまりにも短絡的です。

 

スポンサーリンク


事件の現場は

事件現場画像
引用元:MBS

事件の現場となったのは、京都府京田辺市三山木(きょうたなべしみやまき)にあるマンションです。

マンションの間口(バルコニーなど大きな開口部がある側の長さ)は、あまり広くないようですね。

ネットの反応

こうゆう事件が1番腹立たしい。
何でいきなり刺さらないといけないの?
こんなやつでも大した刑罰にはならない。

引用元:Yahoo!映像ニュース

生活騒音の問題はいたるところにありますよ。
自分さえ良ければ、他人の事なんか知ったこっちゃ無いと考えてる
人間が増えてるからでしょ?
結局、日本の教育が悪くなってるって事でしょうね。

引用元:Yahoo!映像ニュース

ここ数年でこういう人ほんと増えたと思う。
私もこの前突然すれ違いざま男に蹴られてコーヒーかけられた。。
刺されなかっただけマシなのかな。。
もうそれ以来男とすれ違うのも怖くて身構えてしまう

引用元:Yahoo!映像ニュース

生活音の問題らしいですが、刃物沙汰になる前に何とかならないものか。。と、思う反面 加害者の気持ちもわからなくない。生活音は深刻。

引用元:Yahoo!映像ニュース

刺したいほど憎いことがあってもみんな刺さないのですよ。

引用元:Yahoo!映像ニュース

騒音トラブルというのは、他人ごとではありませんね。

音というのは、感じ方に大きな差があります。

もともと音に鈍感な人もいれば敏感な人もいて、精神状態によっても音の感じ方は変わります。

精神的に不安定になっているときは、些細な音でさえも気になって仕方なくなるものです。

また、自分が置かれている状況によっては、周りに対してとにかくイライラするということもあります。

この女性がどの程度の音を出していたのかはわかりません。

しかし、うるさいから殺してしまおうという解決法が間違っていることは確かだと思います。

 

アパート上階の子どもの声に激高し、子どもをハンマーで殴る事件も起きています。⇒

騒音トラブル!上階に住む男児をハンマーで殴り水谷嘉治容疑者逮捕

ネットカフェで、近くのブースの客の音にイライラして刺殺した事件も。⇒

名古屋のネットカフェで面識のない男性刺殺。稲田府見洋容疑者逮捕

 

スポンサーリンク


コメント