庶民の味マルシンハンバーグ。斬新な3つの工夫でロングセラー!

昭和から現在まで受け継がれる庶民の味、マルシンハンバーグ。

肉の味が他のハンバーグとはなにか違うと感じたことはないでしょうか。

実はロングセラーを続けるマルシンハンバーグには、様々な工夫がされているのです!

スポンサーリンク


魚屋さんが作ったハンバーグ!

マルシンハンバーグ画像
引用元:シーサーブログ

子供のころ、運動会や遠足などのお弁当に、家族団らんの食卓に、マルシンハンバーグが輝いていた記憶はないでしょうか。

マルシンフーズのマルシンハンバーグは、庶民の味として長年ヒットし続けている商品です。

マルシンフーズの創業者である新川有一社長は、1960年(昭和35年)、築地魚市場で水産加工会社を立ち上げました。

新川有一社長写真
引用元:NTTコム

もともとは魚をさばいて売っていたのです。

その約2年後、世間で洋食が流行り出したころ。

海外のレストランで、当時まだめずらしかったハンバーグを初めて食べた新川社長は、

「これはおいしい。」

「家庭で簡単に食べられるようになれば大ヒットするはずだ。」

ハンバーグ画像
引用元:おいしいお

あまりのおいしさに感動し、その時ハンバーグの製造を心に決めたのでした。

今でこそ調理加工されたハンバーグはたくさん出回っていますが、当時そのようなハンバーグの製造は日本で初めての試みだったのです。

値段を安くするため原料を工夫!

マルシンハンバーグは、1962年(昭和37年)に販売が開始されました。

発売当初の価格は14円

当時は、コロッケが10円、牛乳が14円、コーヒーが60円という価格でした。

肉を使っていながら、14円という手ごろな価格に抑えられたことには理由があります。

1968年のマルシンハンバーグ広告
引用元:ピンタレスト

新川社長は、供給量が少なく高価だった牛肉ではなく、安価な豚肉を原料に使用しました。

そしてさらに、当時安値だった鯨肉やマグロも混ぜ込むことを思いついたのです。

マグロ、鯨イラスト

「ハンバーグといえば肉」というイメージにとらわれず、水産加工会社であることの強みを活かしたわけですね。

このような原料の工夫が、庶民的な値段での販売を可能にしたのでした。

ちなみに現在のマルシンハンバーグは、原料に鶏肉、豚肉、牛肉、大豆なども使用しています。

ハンバーグ原料表示画像

引用元:ソネットブログ

しかし、大きさや形は発売当初とほぼ変わっていません。

油脂コーティング技術の発明!

マルシンハンバーグの製造を始めたころは、今ほど冷蔵庫が普及していませんでした。

そんな中で、ハンバーグの鮮度を保つにはどうしたらよいか。

さらには調理の手間を減らすためにはどうしたらよいか、新川社長は考えました。

マルシンハンバーグ画像
引用元:グーブログ

その結果、食の革命とまで呼ばれた、独自の「油脂コーティング技術」を発明することとなったのです。

油脂コーティングとは、加熱処理したハンバーグにラードを薄くコーティングする技術です。

この技術によって、保冷程度の温度(約10度以下)で2週間くらいは鮮度を保てるようになりました。

コーティングされた油が調理の際に溶け出すため、フライパンに油をひく必要もありません。

鮮度を保ち、調理の手間もはぶく。

そんな考えを現実のものとしたコーティング技術。

この技術で特許を取得した新川社長は、さらに製造を拡大していったのでした。

スポンサーリンク


営業の方法も斬新だった!

マルシンハンバーグが発売されたころ、庶民の生活には徐々に肉食文化が浸透し始めていました。

とは言え、まだハンバーグがどんな食べ物なのか知らない人のほうが多い状況でした。

販売する営業マン当人ですら、ハンバーグのことをよく知らなかったくらいです。

ハンバーグと叫ぶ人の画像
引用元:アメーバブログ

どうやって広めるか・・・

ここでも新川社長は営業の斬新な手法を考えます。

商品の販売経路として、築地での水産加工業の流通を利用したのです。

肉製品であるハンバーグを、魚市場を通して全国へ流通させたわけです。

しかし営業マンたちは、販路となる魚市場の人達から、

「それは何?」

「さつま揚げのオバケかい?」

とバカにされてしまいました。

「これでは売れない!」と焦った営業マンたちは知恵を絞りました。

実践販売している画像
引用元:ナイフ小僧コム

そうして思いついたのが、マルシンハンバーグの実演販売です。

「これがハンバーグですよ。」

「どうです、美味しいでしょう!」

全国の市場や販売店に出向いていき、実際に作ってふるまったのでした。

また、「タイムボカンシリーズ」や「ハクション大魔王」などのスポンサーになり、子供たちが食べたいと思ってくれるよう、アニメ番組の時間にCMを流しました。

アニメの記憶とともにマルシンハンバーグを思い出す中高年の人も、多いのではないでしょうか。

このような社長や社員たちの創意工夫と、並々ならぬ努力の結果、マルシンハンバーグの名は全国的に知られるようになりました。

しかし1980年以降、一般家庭でも本格的なハンバーグが簡単に食べられるようになっていきます。

マルシンハンバーグの人気にもかげりが見え始め、バブルの時代にはCMが一時中断される事態にもなりました。

マルシンハンバーグの入った弁当
引用元:グーブログ

それでもまた近年の弁当ブームの波に乗り、再び売り上げは伸び始めています。

中断していたCMも2005年以降再開しました。

いろんな工夫が盛り込まれたマルシンハンバーグの人気は、やはり根強いものがあったのです!

みみちゃんの名前の由来は?

みみちゃん写真
引用元:ヤフーブログ

マルシンフーズのシンボルマーク「みみちゃん」

実は、みみちゃんのキャラクターはマルシンハンバーグから生まれています。

みみちゃんのデザインをよく見てください。

クルンとした髪の毛は、リボンの曲線は豚のしっぽに似ています。

当時の原材料がデザインにとり入れられているのです。

みみちゃんの姉妹たち

現在マルシンハンバーグには、いくつかのバリエーションがあります。

みみちゃんの姉妹たちを紹介します!

マルシンハンバーグ贅沢仕立て

マルシンハンバーグ贅沢仕立て写真
引用元:アマゾン

マルシンハンバーグの中でも、原材料にこだわった贅沢なハンバーグです。

豚肉と牛肉の合挽き肉を使用することで、肉粒感とジューシーさを出しました。

また、生のたまねぎと、ソテーしたたまねぎを両方使用することで、旨みと甘みを出しています。

さらには隠し味として赤ワインも加えてあり、コクと深みのある贅沢な美味しさとなっています。

3種のチーズ入りハンバーグ

チーズハンバーグ画像
引用元:ライブドアブログ

チェダ―・カマンベール・ゴーダの3種類のチーズが入った、濃厚でマイルドなハンバーグです。

チーズとお肉のマッチングが嬉しいハンバーグです。

マルシンハンバーグ ブラックペッパー

ブラックペッパー味ハンバーグ画像

引用元:もぐナビ

ブラックペッパーが入っていてパンチの効いた味になっています。

爽やかな香りと刺激的な辛さで、ごはんのおかずだけでなく酒の肴にも最適です。

マルシンハンバーグが愛され続けているのは、材料・製造方法・営業方法、これらの創意工夫があってこそなのですね。

無意識に「こういうものだ」と決めつけていないか、ときどき見直してみると、いいアイディアが生まれたり、物事がスムーズに進む意外な方法が見つかるかもしれません。

マルシンハンバーグは、昔よりスーパーで見かけることが少なくなりましたが、代表的な庶民の味の1つとして、これからも受け継がれて欲しいものです!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする