旧大口病院で点滴に消毒液入れ大量殺人。久保木愛弓容疑者驚きの動機

2016年、横浜市の旧大口病院(現:横浜はじめ病院)で患者2人が相次いで中毒死した事件。

当時、病院で看護師として働いていた久保木愛弓(くぼきあゆみ)容疑者が逮捕されました。

久保木容疑者が20人を超える患者を殺害した理由は驚くべきものでした。

スポンサーリンク


事件の概要

2018年7月7日、殺人の疑いで逮捕されたのは、横浜市の旧大口病院で看護師として働いていた、横浜市鶴見区の久保木愛弓容疑者(31)です。

久保木容疑者画像
引用元:日テレNEWS24

2016年9月、旧大口病院に入院していた、横浜市青葉区の西川惣蔵(そうぞう)さん(当時88)と、横浜市港北区の八巻信雄さん(当時88)の2人が相次いで中毒死しました。

2016年9月18日午後4時50分ごろ。

入院中の西川さんの心拍数が低下。

午後7時に死亡が確認されました。

それから2日後の9月20日、西川さんと同じ部屋に入院していた八巻さんが死亡。

八巻さんの司法解剖の結果、体内から、外用殺菌消毒剤の「ヂアミトール」に含まれる界面活性剤の成分を検出。

消毒液画像
引用元:日テレNEWS24

八巻さんに使われていた点滴にも同じ成分が混入されていました。

そのため、病死と診断されていた西川さんの司法解剖も行った結果、八巻さんと同様の中毒死と判明したのです。

その後、県警が、この時期に死亡した男性(当時89)と女性(当時78)の入院患者についても調べたところ、2人の体内からも界面活性剤の成分が検出されました。

久保木容疑者画像
引用元:日テレNEWS24

この件について、2018年6月29日から任意で聴取を受けていた久保木容疑者が、

「点滴にヂアミトールを入れた。」

と供述。

逮捕に至りました。

久保木容疑者は、

「間違いありません。」

「申し訳ないことをしてしまった。」

などと話す一方で、

「自分の勤務中に患者が亡くなると、遺族への説明をしなければならず苦痛だった。

勤務を交代する看護師との引き継ぎの時間帯に混入させていた。」

と、驚くべき犯行の動機も供述。

久保木容疑者画像
引用元:日テレNEWS24

さらには、

「容態の急変を見るのが嫌で、自分がいないうちに死んでほしかった。」

とも。

さらに、同じような方法で20人以上殺害したという趣旨の話もしており、神奈川県警は、久保木容疑者が犯行を繰り返していたとみて調べを進めています。

更新情報

2018年7月28日。

警察は、西川さんの2日後に亡くなった八巻信雄さん(当時88)の殺害にも関与したとして、久保木容疑者を再逮捕しました。

8月18日。

おととし9月に死亡した、横浜市神奈川区の興津朝江(おきつあさえ)さん(当時78)殺害への関与で3回目の再逮捕。

興津さんは転倒でヒザを負傷し、整形外科にかかるため、2016年9月13日に入院。

死亡の可能性が高い終末期の患者ではありませんでした。

“容態の急変を見たくなかった”“患者が亡くなった時の遺族への説明を避けたかった”などという久保木容疑者の供述とは矛盾。

そのことについて久保木容疑者は、“ケガされるのが怖かった”と話しているとのこと。

そもそも、久保木容疑者が看護師を勤めることに無理があったのだと思います。

スポンサーリンク


事件の現場は

事件の現場となったのは、神奈川県横浜市神奈川区大口通130にある旧大口病院です。

大口病院画像

大口病院は、事件後「横浜はじめ病院」と名前を変えています。

旧大口病院についてGoogleの口コミには、厳しい言葉が並んでいました。

病院の待ち時間は凄く待たされるのが殆どだが、ここは患者が居ないに等しいのですぐに診てもらえるが、医者がパッとせずやる気が見られない。昔々のお医者様〜な雰囲気。それなりの年齢を重ねているのに知識が無い上「風邪かな」の一言で終わる。的外れの薬が出る事もしばしば。病院自体が終わっているから敢えて【はじめ】という名前に変えたのか。

逮捕された看護師の女から「20人以上殺した」との自供あり、背筋も凍るシリアルキラーだわ…
病院関係者も何かがおかしいと薄々分かっていたけど、ベッドの回転率を上げる為に黙認してたんじゃないのか?
恐ろしい病院だねえ、名前を変えたくらいじゃ体質は変わらないだろうと思う。たとえ近所でも絶対に行きたくありません。

患者殺しがバレて大口病院が名前変えた。名前変えるやつや場所にろくなのいないしろくなところはない。看護師のいじめもひどいらしい。絶対に行ってはいけない。

何の解決もせずに、あろう事か名前を変えて営業。地元の恥晒し。しかしかながら幼少期30年以上前は良くして貰った。看護師もドクターも良かった。そんな記憶があるからこそ、怒りが込み上げる。何が、はじめ病院だ。行政も行政だ。未だ殺人容疑者が働いているかも知れない現場を再開させるとは。無責任極まりない。

大口東病院でお世話になったが、基本的に看護師や事務員は無責任な言動が多かった。2時間以上待たされたあげく、診察を忘れられたこともあった。「まだですか」と声をかけると謝罪するわけでもなく、逆切れする事務員と看護師。たまたまかもしれないが外勤の医師にあたると、ぶっきらぼうな態度で診察された。

実際に病院で診察を受けた方の意見から、病院全体の雰囲気が伝わってくるような気がします。

いくら高齢の患者さんたちだとしても、本来、緊急に亡くなる可能性のない患者さんが次々亡くなるのは異様なことです。

その異様さに本当に病院が気づかなかったのだとしたら、それもまた異様なことです。

ネットの反応

そもそも、何故、看護師になったんだろう?

引用元:Yahoo!映像ニュース

看護師が勤務中に亡くなった患者さんについて遺族に説明する?
それって、医師の責任だろう。同じ医師として、違和感があり過ぎる。看護師のした事も重大だが、この病院のシステムや組織が起こした犯罪の様に感じる。
院長や経営者の責任追及も行い、訴追すべき

引用元:Yahoo!映像ニュース

動機はそれだけじゃないと思う。
他の同僚看護師の制服に対する嫌がらせはどう説明づける?
20人を認めたのは、今までの捜査、取り調べからの疲れか?投げやりなのか。
誰か引き継ぎが面倒だから、といった他の犯人いなかったっけ?なんかデジャヴを感じる。

引用元:Yahoo!映像ニュース

おいおい、
障害者施設で包丁振り回すとかの時より
、派手さはないけど同等以上じゃないですか?
障害者、病人、どちらも弱者を標的にしているし。
結構、物凄いニュースだと思うのですが
なぜ報道が少ない?

引用元:Yahoo!映像ニュース

狂ってる。
病院もよくここまで気づかなかったな。

引用元:Yahoo!映像ニュース

なぜ久保木容疑者は看護師になったのか。

なぜ久保木容疑者の行為に病院は気づかなかったのか。

亡くなった方が20人以上もいるのに、病院内での特異な殺害方法により、事件の凄惨さが軽んじられているのではないかとの声も。

確かに、これがもし刃物や拳銃で20人以上殺していたなら、とてつもない騒ぎになるでしょう。

コメントの中にもありますが、患者さんの死亡に対して看護師が説明するということにも違和感を感じます。

また、病棟の看護師の中では1番若かった久保木容疑者に、業務の負担が多くかかっていたかもしれないという同僚の話もあるそうです。

久保木容疑者個人の問題として片づけられないような背景もあったのではないか・・・

病院や看護師さんを信頼して預けていた命を、逆に奪われてしまった多くの患者さん。

現在も入院されている患者さんたちのためにも、真相の究明がなされることを祈ります。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする