滋賀県彦根市の警官射殺事件。19歳巡査「書類の訂正でストレスが爆発」

11日午後9時ごろ、滋賀県彦根市の河瀬駅前交番で警察官が撃たれ死亡。

警察官を撃って逃走していた19歳の巡査が逮捕されました。

2人が一緒に勤務していたのはわずか2週間。

しかも2人だけで勤務したのは、事件当日で2度目だったそうです。

スポンサーリンク


「ためらわずに撃った」

11日夜、滋賀県彦根市の交番で男性の警察官が拳銃で撃たれ死亡した事件で、警察は同じ交番で勤務していた警察官(19)を殺人の疑いで逮捕した。

引用元:日テレNEWS24

アナウンサー画像
引用元:日テレNEWS24

撃たれたのは井本光(あきら)警部(41)

河瀬駅前交番で、頭と背中から血を流し、椅子に座ったまま机にうつぶせの姿で発見されました。

背後から拳銃で撃たれた井本警部は、病院に搬送されるも死亡。

先に頭を撃たれ、弾が貫通。

即死の状態だったそうです。

交番の防犯カメラには、午後7時47分、座っていた警部の体が突然前に倒れる姿が映っていました。

当時一緒に勤務していた19歳の巡査の行方がわからなくなっていたことから、この巡査が井本警部を撃って逃げたと見て、警察が行方を追っていました。

12日午前1時35分、同県愛荘町の近江鉄道の線路上で身柄を確保された巡査は、

「罵倒されたので撃った。」

と供述していました。

身柄確保された線路付近画像
引用元:日テレNEWS24

しかし、その後の調べで巡査は、

「ちゃんと指導をしてくれていた。」

「特に何も思わず、ためらわずに撃った。

と供述を変えています。

ちゃんと指導してくれていた警部を、ためらわずに撃ったとは・・・

どういうことなんでしょう。

しかも、交番内の防犯カメラには、犯行の約30分前に2人が並んで弁当を食べている姿が写っていました。

警部が銃弾に倒れる事件直前まで、言い争うような姿は見られなかったそうです。

この時点での動機に関する供述は不可解なものでした。

巡査を教育していた巡査部長

高卒の警察官は、警察学校で10か月学んだ後、各地の警察署に配属されます。

その後、交番の勤務に就き、現場での実習を受けます。

交番では、実習指導員である教育係の先輩警察官が、新人の警察官を指導。

実習期間中は常に2人で行動。

実習を終えると、新人警察官は再び警察学校に戻って教育を受けます。

学校と実習、合わせて21か月間の教育を終えると、警察官として1人前と見なされるのです。

河瀬駅前交番画像
引用元:日テレNEWS24

19歳の巡査は去年の4月に県警に採用され、この実習を受けている最中でした。

井本警部が巡査の教育係

2人は先月(3月)26日、この交番に着任したばかりでした。

実習指導員は、人格、指導力、行動力、勤務成績など様々な面で優れていることが求められます。

近隣の住民の話でも、

「いいお父さんという感じだった。」

と、井本警部の人柄の良さを表す言葉も聞かれています。

井本巡査部長画像
引用元:テレ朝news

また、19歳の巡査の子ども時代の友人からは、ムードメーカー的で明るく面白かった巡査の凶行に驚きの声が聞かれています。

高校時代所属していた野球部のチームメイトの母親も、巡査のことを、

「本当にいい子だった。」

と話しています。

井本警部が、ちゃんと指導をしてくれていたと感じていた巡査。

交替勤務だったこともあり、2人の勤務が一緒になるのは3日に1回でした。

しかも、一緒に働いていたのはわずか2週間ということからも、長期間何かを我慢していたと考えるのは難しいです。

スポンサーリンク


事件の現場は

発砲事件が起きたのは、滋賀県彦根市河瀬駅前交番です。

その名の通り、JR東海道線の河瀬駅前に位置する交番。

住宅街や学校、保育園などに囲まれています。

河瀬駅前交番画像
引用元:滋賀県警察の広場

井本警部が倒れているのが発見される30分ほど前、交番から5キロほど離れた隣町の愛荘町の畑にパトカーが突っ込んでいるのが見つかっていました。

11日午後8時すぎに畑に突っ込んだパトカーから巡査が降りてくるのを目撃した人は、

「若い人でした。

車から降りた時ふらふらだったので、酒を飲んでいる状態かなと思いました。」

と話しています。

田んぼに落ちたパトカー画像
引用元:日テレNEWS24

犯行直後、交番のパトカーで逃走した巡査は、交番近くのコンビニにパトカーで乗りつけ、制服のまま入店。

現金およそ50万円を引き出し、タバコを購入する様子が、店の防犯カメラに映っていたそうです。

その後、畑にはまったパトカーを乗り捨てて、さらに逃げていた巡査。

資金を調達して、まだまだ逃走するつもりだったのでしょうか。

ネットの反応は

安全じゃなくなった日本。
少子化が進むなかで適正がある人を、どう人材確保していくか・・・。
30代の今、学校教育より、育成の基礎にある家庭教育が問題と思う。
叱れない親、友達になりつつある親子関係、共依存・・・等々根深いな。
あー嫌な時代。

引用元:YAHOO!映像ニュース

銃見つかり
良かったなぁ
悪用されなくて
安心した。

引用元:YAHOO!映像ニュース

責任取れない未成年に拳銃持たせていいの?

引用元:YAHOO!映像ニュース

耐えがたきパワハラの結末か。

引用元:YAHOO!映像ニュース

一昨年あおり+嫌がらせ運転の車と事故、警察に行ったが嫌がらせしたドライバーは短気でぶっ飛んだ奴、おまけに警察官も短気・・・
警察官になるのに適正検査みたいなのは無いのか?
気が短い、思い込みが激しい、はむかない人材に思えるが。

引用元:YAHOO!映像ニュース

ネット上には、パワハラがひどかったのでは、よほどの恨みがあったのではと推測する声が多く見られました。

背後から、頭と背中に2発を撃ち込んでいることから、かなり強い殺意があったのではないかという声も。

実名報道がされない19歳という年齢の巡査が拳銃を持つことや、警察官としての適性に疑問を持つ声も。

付近の住民に恐怖と不安を与えた凶行。

現職の警察官が同僚の警察官を拳銃で撃つ事件が起きたのは、初めてのことでした。

とにかく捕まって良かったですが、さらに詳しいことがわかるのを待ちたいと思います。

更新情報「ストレスが爆発」

その後の調べで、19歳の巡査の犯行の動機が明らかになりました。

「何度も書類の訂正をさせられ理不尽に思えた。

嫌がらせを受けていると感じた。

犯行の直前に書類作成の指導を受け、ストレスのようなものが一気に爆発した。

何度も書類の訂正を命じられたことを、嫌がらせだと感じた。

交番画像
引用元:MBS

それだけで、いきなり人を殺すというのは一般的に考えて動機としては弱すぎます。

そんなことで人を殺していたら、世のサラリーマンたちは殺し合いが絶えないでしょう。

井本警部の指導が直接の原因ではなさそうです。

書類の訂正がきっかけとなり、井本警部が巡査の中のさまざまなストレスのはけ口になったのだとしたら、それこそ理不尽ではないでしょうか。

19歳の巡査は、殺人と銃刀法違反の非行内容で5月2日、家庭裁判所に送致され懲戒免職処分となりました。

監督責任として彦根署の署長らも処分。

巡査送致画像引用元:MBS

5月24日、大津家裁は元巡査の少年審判を開き、検察官送致とする決定をしました。

元巡査は、起訴され成人と同じ公開の裁判員裁判で審理されることになります。

家裁は決定理由で、犯行の動機を、

「上司である被害者からの指導や扱いに不満や不遇感を募らせていた中、被害者に両親を侮辱されたと感じた。」

と指摘。

犯行が悪質であることや、社会に与えた影響の大きさ、動機の身勝手さ。

元巡査の考え方の特性や反省の状況を考慮しても、刑事処分以外の措置が相当とは認められないとしています。

遺族に対し「謝罪したい」と話している巡査。

しかし、理不尽な動機で命を奪われた井本警部の無念や、ご家族の気持ちを考えると、謝罪という言葉にむなしさを感じます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする