神奈川・家事で口論になり姉の首絞め殺害。弟の鼎智将容疑者逮捕

事件現場画像 事件

神奈川県横浜市で、姉の首を絞めて殺害しようとしたとして鼎智将(かなえともまさ)容疑者が現行犯逮捕されました。

事件から約1週間後の17日、意識不明の重体となっていた姉は死亡しました。

スポンサーリンク


事件の概要

6月10日、姉の首を絞め殺害しようとしたとして逮捕されたのは、横浜市都筑区茅ケ崎東の自称会社員、鼎智将(かなえともまさ)容疑者(23)です。

鼎容疑者は、姉の真美子さん(25)と2人で住んでいました。

事件現場画像
引用元:FNN PRIME

事件が起きたのは、2018年6月9日午後11時半ごろ。

真美子さんと口論になった鼎容疑者は、真美子さんの首を絞めてしまいます。

「姉の首を絞めて殺した。」

鼎容疑者本人からの110番通報で駆けつけた都筑署の署員が、その場で鼎容疑者を現行犯逮捕。

鼎容疑者は、

家事をやる、やらないで口論になった。」

と容疑を認めました。

事件現場画像
引用元:FNN PRIME

病院に運ばれ意識不明の重体となっていた真美子さん。

事件現場画像
引用元:FNN PRIME

6月17日、死亡が確認されました。

 

スポンサーリンク


事件の現場は

事件の現場となったのは、神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎東(つづきくちがさきひがし)にある鼎容疑者の自宅です。

市営地下鉄のセンター南駅を中心に、茅ケ崎町・茅ケ崎東・茅ケ崎南・茅ケ崎中央からなる、都筑区の茅ケ崎。

湘南地方の中心に位置する、神奈川県茅ヶ崎市(ちがさきし)と、呼び名が同じで紛らわしいですが、文字の表記が違います。

都筑区の方は「茅崎」で、ケが大きく、湘南の方は「茅崎市」と小さなヶとなっています。

事件現場画像
引用元:FNN PRIME

姉の真美子さんと2人暮らしだった鼎容疑者。

普段から2人の間になんらかの問題があったのかもしれません。

家事をめぐる口論がきっかけになったのではと思われます。

 

ネットの反応

もともと仲が良くなかったんだろうね。
家事が原因というよりはきっかけだったんだと思う。
毎日毎日同じような喧嘩してたんだようなぁ。

引用元:Yahoo!映像ニュース

家事で口論⇒死亡。何でこうなるのかな?悲しすぎる極端な結末。

引用元:Yahoo!映像ニュース

大人になった兄弟姉妹が一緒に生活するのは難しい。親は自立させないとだめだね。

引用元:Yahoo!映像ニュース

自分も不仲の弟がいるのでわかるけど、家族だからって仲良くする必要もないし無理な人物もいる。世間から責められることもあるけど。どちらか家を出ればよかったのに、結局似た者同士だったのかな。

引用元:Yahoo!映像ニュース

殺人までいく兄弟不仲って、絶対に親の兄弟差別があったと思う。
まわりだと、特に姉弟は母親が姉は自分の分身でいっしょに我慢させる、弟は溺愛の対象にしているケースばかり。姉は諦めて実家に距離を置くし、弟は優遇されるのが自然になってるから家事とかやらない。
こういう姉弟だと、幼い頃から溝は深いと思う。

引用元:Yahoo!映像ニュース

殺人が毎日のようにあるからさして驚かない自分が怖い・・それより初めて見た苗字だ。

引用元:Yahoo!映像ニュース

死人に口なし…
多分違う理由だと思う。

引用元:Yahoo!映像ニュース

家族内でもこんなことが起きるという現実…。感情のコントロールが出来ない人が多くて、生活に不安を感じます。

引用元:Yahoo!映像ニュース

家事を巡る口論が直接の原因ではないのでは、という意見が多く見られました。

感情を抑えられず殺人にまで至ってしまう事件の多さに不安を感じる声も。

家族であったとしても、誰かと同居するということは確かに大変なことです。

“親しき中にも礼儀あり”とあるように、近い関係こそ礼儀を尽くすよう心がけていないと、他人以上にこじれてしまうのではないかと思います。

 

1月には、息子が父親を刺殺する事件が起きています。家族に対する父親の暴力に、耐えかねたすえの犯行でした。⇒

大田区・父親殺害の慶応大生、鳥屋智成被告。鑑定留置後に起訴

 

スポンサーリンク


コメント