東京都・井の頭公園で背中に矢のようなものが刺さったカモ見つかる

東京都の井の頭恩賜公園で、矢のようなものが背中に刺さったカモが見つかりました。

カモの背中から真下に向かって刺さっていたのは、金属製とみられる棒状のもの。

警視庁は、鳥獣保護法違反の疑いもあるとみて調べているとのことです。

スポンサーリンク


事件の概要

2018年9月4日午前11時45分ごろ。

東京都武蔵野市の井の頭恩賜公園(いのかしらおんしこうえん)でのこと。

井の頭恩賜公園画像
引用元:FNN PRIME

園内の池にかかる弁天橋の近くで、

「何かが刺さったカモがいる。」

と、通行人から園内の施設に届け出がありました。

矢の刺さったカモ画像
引用元:FNN PRIME

カモの背中に刺さっていたのは、金属製の棒状のもの。

ほぼ垂直に胴体部分に刺さっていました。

矢の刺さったカモ画像
引用元:FNN PRIME

警察官や公園の職員などがカモの保護を試みましたが、4日は台風の影響で中断。

5日の朝から捜索が再開されましたが、カモはいまだ見つかっていません。

警視庁は、何者かがわざと矢のようなものを刺した可能性もあるとして、鳥獣保護法違反容疑も視野に入れて調べているそうです。

矢の刺さったカモ画像
引用元:FNN PRIME

東京都環境局多摩環境事務所・自然環境課の竹内高広課長は、

「クロスボウ(ボーガン)などでカモを狙った悪質ないたずらの可能性が高く、早く保護して矢を除去してあげたい。」

と話しました。

事件の現場は

矢のようなものが刺さったカモが見つかったのは、東京都武蔵野市御殿山1丁目18−31にある井の頭恩賜公園(いのかしらおんしこうえん)です。

1917年5月1日に開園した井の頭恩賜公園。

東京都武蔵野市と三鷹市にまたがり、武蔵野三大湧水池(他に三宝寺池・善福寺池)として知られる井の頭池を中心とした公園です。

矢の刺さったカモが見つかったのは、井の頭池にかかる弁天橋付近

井の頭池画像
引用元:Wikipedia

井の頭恩賜公園は、日本さくら名所100選にも選ばれています。

スポンサーリンク


ボーガンで?

ボーガン画像
引用元:Wikipedia

カモは、西洋で用いられた弓の一種であるボーガンを使って撃たれた可能性があるとのこと。

ボーガンは和製英語。英語ではクロスボウcrossbow

通常、ボーガンの矢には小さな羽根がついています。

しかし、カモの背中に刺さっているのは、先端がネジのように見える金属製の棒状のもの。

ボーガンの矢ではなく、なにか別のもののようです。

ネットの反応

ひどいことを
カモの治療をしてほしい

引用元:Yahoo!映像ニュース

牛豚鶏を無慈悲に食しているだけに、批判は心苦しいが、遊びで殺傷するモノは天罰加えて欲しい。

引用元:Yahoo!映像ニュース

可哀想すぎ! 何とか助けてあげて欲しい!<祈>

引用元:Yahoo!映像ニュース

ボウガンの所持者とか特定しやすんじゃないのかな?
早く犯人が捕まることとカモのケアが施されるといいな。

引用元:Yahoo!映像ニュース

こういう奴は、そのうち物足りなくなって、もっと大きなものを狙うようになる。
早く捕まえて。

引用元:Yahoo!映像ニュース

惨い事をする。
矢の角度から見て 橋の上から垂直に射たと思われる。早く犯人を捕まえないと、いずれは人を射る。

引用元:Yahoo!映像ニュース

コメントにもあるように、背中に垂直に刺さっていることから、橋の下に来たカモめがけて橋の上から撃ったのではないかという気がします。

4日の時点では、カモに衰弱した様子はないとのことでしたが、ときおりくちばしで矢を抜こうとするようなしぐさを見せていたとか。

矢の刺さったカモ画像
引用元:FNN PRIME

痛々しいです。

カモを撃った犯人はもちろん捕まって欲しいですが、まずはカモが無事捕獲され傷の手当てがなされることを願います!

動物に向けて矢を放つ事件や、動物虐待はたびたび起きています。

このようなことをする人のターゲットが人間に向かう可能性は否めません。⇒

矢のようなものが刺さったユリカモメ!70歳男性宅で矢のようなもの発見

奈良・首に矢のようなものが刺さった母ジカ。無事子ジカの元に戻る

横浜市港北区・幼稚園からウサギ2匹盗み切り刻む。19歳の少女逮捕

スポンサーリンク



参考:FNN PRIME産経フォト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする