佳子さまイギリス留学へ!国際結婚の可能性が高くなるってホント?

英リーズ大学に留学し、キャンパスライフをスタートさせた秋篠宮家の次女・佳子さま

美しい佳子さまは、英国紳士にモテモテなのでは・・・

国際結婚の可能性もあるのでしょうか!?

スポンサーリンク


眞子さま婚約内定!佳子さまの恋愛は?

ティアラをかぶる佳子様画像
引用元:ぶろくろの

2017年9月3日、秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約が発表されました。

時を同じくして、イギリス・リーズ大学留学のため、2017年9月12日、日本を旅立たれた次女の佳子さま。

美しいプリンセス、佳子さまの恋愛もひそかに気になるところです。

リュックを背負った佳子様画像
引用元:ほらふ起稿

「佳子さまの恋愛や結婚相手について、紀子さまがかなりナイーブになっているようなのです。

一般家庭で育った小室さんが眞子さまのお相手だったことに、一部で“逆風”が吹いたことに苦い思いをされたようで、佳子さまのお相手は“名家のかたに”と考えていらっしゃるようです。」

と、ある宮内庁関係者は小声で明かしました。

佳子さまが、留学先の英国で見初められる可能性は十二分にあります。

そして意外にも、皇族の国際結婚については特段禁止されているわけではないようです。

佳子さま画像
引用元:ハフィントンポスト

元宮内庁職員で、皇室ジャーナリストの山下晋司氏によれば、

「皇室典範に国際結婚を禁じる記述はありません。

そもそも女性皇族の結婚は皇室会議を開く必要もありませんので、法的には一般と同様に本人の意思だけで可能です。」

とのことです。

李垠さま方子さま画像
引用元:鎮魂旧大日本帝国陸海軍

1901年に梨本宮家の長女として、お生まれになった方子(まさこ)女王が、朝鮮半島の李王朝の皇太子の李垠(りぎん)と結婚したという例もありました。

さらに、皇室記者は語ります。

「女性皇族にとって留学は英語や他国の文化を学ぶ機会である一方、日本を離れ開放的な気分になるのも事実。

ある女性皇族は現地の外国人と付き合ったこともあると言います。

リーズ大学では世界各国の学生が学んでおり、中には“日本のプリンセスとお話ししてみたい”と興味津々の学生もいると聞きます。

佳子さまの運命の赤い糸が国際結婚に繋がっている可能性も大いにあるのです。」

スポンサーリンク


リーズ大学ってどんなとこ?

リーズ大学画像
引用元:beoイギリス留学

リーズ大学はロンドンから列車に乗って約2時間、イギリスのウェスト・ヨークシャー地方の中心にあります。

赤いレンガが使用された特徴的な校舎は、赤レンガ大学群(Red Bricks)の愛称で知られています。

校舎の所在地は、産業革命時、羊毛産業の中心地でした。

リーズ大学画像
引用元:リーズ・バケット大学

自然豊かで緑に覆われた風光明媚な校舎の敷地には、羊毛工場として使用されていた建物が残されていたり、数々のオブジェが点在しています。

イギリス屈指の名門校であり、国内最大規模の教育機関として9つに分かれた学部があり、世界トップレベルの教育が行なわれているそうです。

佳子さま画像
引用元:AFP

「佳子さまはパフォーマンス文化産業学科に所属され、舞台芸術や心理学を学ばれる予定です。

多くの留学生のように寮生活。

身の回りのことは自分自身ですべて行わなければならないため、佳子さまには初めてづくしの毎日になります。」(宮内庁関係者)

気になる治安は?

佳子さま写真
引用元:朝日

約10か月の今回の留学では、佳子さまは現地の学生寮に入られます。

日本での佳子さまの暮らしには、身の回りのお世話をする職員がいましたが、留学先ではご自分で日常生活を送ることになります。

佳子さま画像
引用元:フラッシュ速報

留学先のリーズの治安について、

「移民が多く、低所得者で金銭をねだる人もいるなど日本より治安は悪いです。

昼間は集団で街に出かければ問題ないですが、夜は気をつけなければなりません。」

イギリスでの佳子様画像
引用元:インフィニティニュース

1999年までリーズ大学大学院に在籍していた須田敏子さん(青山学院大学大学院教授・国際マネジメント研究科)はこう話しています。

日本では、側衛(そくえい)と呼ばれる皇宮護衛官が、常時、皇室の方々を警護していました。

皇宮護衛官写真
引用元:皇宮警察本部

しかし、留学先の佳子さまについて、皇室ジャーナリストの山下晋司氏は、

「基本的に外国留学中の警護は現地の警察に任せます。

どのような形の警護態勢をとるかは、日本側と現地とで協議して決めると思います。

皇太子殿下の場合は、現地の屈強な警察官がついていました。

ただ、皇太子殿下とはお立場が違いますので日本国内よりも警護が緩くなるでしょう。

おひとりで街を歩かれることもあるかもしれません。」

と、語っています。

地元の警察官を信頼し、無事を祈るしかないということですね。

佳子様画像
引用元:皇室の話題

海を渡り、初めてご自身での生活にチャレンジされる佳子さま。

日本より自由な環境への期待と共に、不安な気持ちもあるのではないでしょうか。

そんな佳子さまのナイトとなる存在が現れるのかどうかは、恋の女神アフロディーテしかわかりませんね。

眞子さまの結婚が再来年(2020年)に延期されるという、少し残念なニュースも聞かれましたが、いずれ眞子さまのように素敵なお相手に巡り会えたら良いですね!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする