SMAPでさえも!?解散したジャニーズ所属グループの共通点・・・

SMAP同様、これまでに解散したジャニーズ事務所の所属グループはいくつかあります。

シブがき隊や光GENJIなど、一世を風靡したグループの解散には、ある共通点が浮かび上がってきました・・・

スポンサーリンク


波に飲み込まれた最初のグループ!

SMAP画像
引用元:都市伝説その裏側

2016年1月13日、木村を除くSMAPメンバー4人がジャニーズ事務所から独立するという、衝撃的なニュースが日本列島を駆け巡りました。

その5日後、SMAPは自身の番組内で、いったんグループ存続を宣言したものの、最終的には同年12月31日をもって解散することとなりました。

SMAPと同じように、ジャニーズ事務所所属で解散したグループはいくつか存在します。

ジャニーズ事務所から1番最初にデビューしたグループは『ジャニーズ』(1962~1967年)です。

最初のジャニーズ画像
引用元:レコードコレクション

ジャニー喜多川が野球を教えていた子供達の中から、真家ひろみ・飯野おさみ・中谷良・あおい輝彦の4人を選抜して結成されたジャニーズ。

当時の人気番組NHK『夢であいましょう』や『紅白歌合戦』出演などの活躍後、ショービジネスを勉強するため本場アメリカに留学しました。

「グループサウンズ」の画像検索結果
引用元:アマゾン

しかし留学から帰国すると、ビートルズの影響もあり大流行していたグループサウンズの人気波に飲みこまれ、解散に追い込まれてしまいました。

シブシブ負けを認めたシブがき隊

ジャニーズの解散を受け、今度はGSの流れに沿った『フォーリーブス』(1968~1978年)が結成されました。

おりも政夫・江木俊夫・青山孝史・北公次をメンバーとした、ジャニーズ戦略の原点となるグループでした。

フォーリーブス画像
引用元:グーブログ

フォーリーブスも『ブルドッグ』などの歌をヒットさせ、NHK『紅白歌合戦』に7回出場、1970年の男性歌手ブロマイド売上1位も記録しました。

しかしその後、新御三家(郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎)をはじめとする後輩アイドルや、フォークソング・ニューミュージックといったジャンルの歌手が台頭。

新御三家
引用元:インスタグラム

この時代の流れに抗うことはできず、フォーリーブスも解散することになりました。

さらに時は過ぎ1982年、小泉今日子・堀ちえみ・早見優・松本伊代・石川秀美・中森明菜など花の82年組と呼ばれるアイドル達がデビュー。

花の82年組アイドルの写真
引用元:みんカラ

布川敏和・本木雅弘・薬丸裕英の3人からなる『シブがき隊』(1982~1988年)や、たのきんトリオ(田原俊彦・近藤真彦・野村義男)チェッカーズもこの時代に活躍しました。

たのきんトリオ
引用元:ただいま放課後

その中で、歌やダンスが苦手だったシブがき隊は『NAI・NAI 16』『100%…SOかもね!』『スシ食いねェ!』など、他の歌手にはない一風変わった曲で人気を博しました。

シブがき隊画像
引用元:旬なトレンド芸能ニュース

シブがき隊活動中期の1985年、ジャニーズから、歌もダンスも得意な『少年隊』がデビューすることとなりました。

少年隊画像
引用元:ミドルエッジ

それから30年後の2015年、テレビ番組に出演した布川は、初めて少年隊を見た時の気持ちをこう語っています。

「俺ら終わったな。」

と・・・

「このままシブがき隊として、おじいさんまでやっていけるのか?

どうせなら人気のあるうちに解散しよう。」

メンバーで話し合い、解散を決めたそうです。

アイドル戦国時代に自ら負けを認めたのでした。

スポンサーリンク


アイドルを超えて・・・

光GENJI画像
引用元:ミドルエッジ

20世紀最後のスーパーアイドルといわれた『光GENJI』(1987~1995年)

ジャニーズJr.で経験を積んだ内海光司・大沢樹生の“光”と、諸星和己・佐藤寛之・山本淳一・赤坂晃・佐藤敦啓という年少組の“GENJI”が融合した異色のメンバー。

しかも、ローラースケートを履いて歌って踊るという斬新なパフォーマンスが、社会現象となるほどでした。

1988年には『パラダイス銀河』で日本レコード大賞受賞、紅白歌合戦6回連続出場。

光GENJI SUPER5画像
引用元:アマゾン

それほどの人気を誇った光GENJIもまた、デビューから7年後の1994年には大沢樹生と佐藤寛之が脱退。

グループ名を『光GENJI SUPER5』と変更し、残った5人で活動を続けました。

ビーイング系ミュージシャン画像
引用元:ニュースパス

しかし、新たなスタートをきった頃には、小室哲哉プロデュースの音楽や、B’z・ZARD・大黒摩季などのミュージシャンが人気となり、アイドルは古い存在へと変化していきました。

結局、光GENJI SUPER5は、約1年で活動期間を終えました。

男闘呼組画像
引用元:ミドルエッジ

グループのメンバーが問題を起こして解散したケースもありますが、ほとんどのグループに共通しているのは、抗うことのできない時代の波に飲まれて消えたということです。

SMAPは、歌だけでなくバラエティやドラマなどオールマイティーに活躍する新しいアイドル像を作り上げ、長くトップに君臨した最強のグループでした。

それでもやはり他のグループ同様、時代の波には抗えなかったSMAP。

しかし、ネット全盛期の今。

稲垣 草彅 香取並んだ画像
引用元:わくわく動物パーク

ジャニーズ事務所から独立した稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾の3人は、ネットの上に土俵を移し、新たな人気者への道を模索し始めました。

時代の波に飲まれようとも、また新たな波に乗り、さらに自ら新たな波を起こすべくチャレンジする。

彼らは、時代の波や事務所の意向に翻弄されて終わるアイドルを超えたたくましい人間像を見せてくれるような気がします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする