愛知岡崎市・トイレの便座に座ったままミイラ化。死体遺棄容疑で妻逮捕

事件

愛知県岡崎市のマンションで、トイレの便座に座ったまま一部が白骨化した遺体が見つかりました。

死体遺棄の疑いで、遺体が見つかった部屋に住む無職の石橋直惠(いしばしなおえ)容疑者が逮捕されました。

スポンサーリンク


事件の概要

2018年8月23日、死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、愛知県岡崎市岩津町2、無職の石橋直惠容疑者(68)です。

現場のマンション画像
引用元:TBS NEWS

2018年8月23日午前11時10分ごろ。

愛知県岡崎市のマンションの大家から、

「部屋から異臭がし住人と連絡が取れない。」

と警察に通報が入りました。

駆けつけた警察官が部屋に入り見つけたのは、一部が白骨化した性別不明の遺体。

遺体は、壁にもたれかかった状態で、トイレの便座に座ったままミイラ化していたのです。

発見された遺体イメージ画像
引用元:TBS NEWS

この部屋で暮らしていたのは、職業不詳の石橋誠一さん(75)と妻の直惠容疑者。

当初は2人とも行方不明とされていましたが、その後、警察が岡崎市内で直惠容疑者を発見。

遺体を遺棄したのではないかと聞くと、

「間違いない。」

と容疑を認めたそうです。

現場マンション画像
引用元:TBS NEWS

長袖シャツと長ズボンの男物の服を着ていた遺体。

直惠容疑者は、遺体が夫の誠一さんであることもほのめかしており、警察は司法解剖して遺体の身元の確認や死因を調べています。

腐敗が進んだ遺体は、死後4ヶ月から8ヶ月ほど経っているとみられるとのこと。

この猛暑の中、その異臭や腐敗の度合いを想像すると軽いめまいを覚えます。

 

スポンサーリンク


事件の現場は

現場マンション画像
引用元:TBS NEWS

死体が遺棄されていたのは、愛知県岡崎市岩津町(いわづちょう)2にあるマンションの一室です。

岡崎市の北部に位置する岩津町。

現場周辺には、病院や郵便局、交番や銀行、コンビニや100円ショップなどがあり、生活するには便利な場所に見えますね。

「夫は家で寝ていた、体長悪くて。

(2人は)仲よかったと思う。

夫が体調悪くなって生活が狂っちゃった。」

というマンションの住民の声も。

ご主人が元気な時には、便利な場所で穏やかに暮らしていたのではないでしょうか。

 

ネットの反応

旦那さんが亡くなって、どうしたらいいのか分からないんだったら、役所とか誰かに相談したら良かったのにね。
トイレに座ったまま白骨化って可哀想すぎる。

引用元:Yahoo!映像ニュース

こういう時に身近に相談出来る人や定期的に訪問する人がいれば違う結論もあったのだろうけど。
相談するべき相手が先に旅立ってしまい、どうして良いかわからなかったのかなあ。
もしくは認知機能が落ちてしまってるのか。
そうであれば減刑してあげて欲しい。
これから先、益々こういう事例は増えて来るのだろうか。。。

引用元:Yahoo!映像ニュース

他人事ではない事件!
葬式費用が出せなくて、こうなったと思う!

引用元:Yahoo!映像ニュース

うちの実家の隣の人も、トイレに座ったまま亡くなってました。
トイレに行くと、急激に体温が下がるので、要注意だそうです。

引用元:Yahoo!映像ニュース

最近高齢者家族のこういうケースが多い
葬式代が無く 誰にも相談できず どうしていいか分からないのか 精神疾患か
家族が無くなると 色々な手続きや親族知人への連絡など高齢者一人でするのは本当に大変だと思う

引用元:Yahoo!映像ニュース

葬儀を出す金が無かったのかな?高齢者、若者問わずこういうのは多いね。普段から相談出来る人を作っとかないとダメですね。

引用元:Yahoo!映像ニュース

このての「亡くなったのをそのまま放置」ってよくあるけど、知的能力の低い人や、相談できる友人や身内が一切いない人って、どうにもならない人がいるんだと思う。「犯人」と呼ぶのはちょっと違う気がするんだよなぁ…。

引用元:Yahoo!映像ニュース

二人で生活してたのにまるで孤独死。
なんだか切ないね

引用元:Yahoo!映像ニュース

最近こういうの多いね、おそらく病死でしょうが、
それにしてもどこで用を足してたんでしょうか。

引用元:Yahoo!映像ニュース

気温差や、いきみによる血圧の変動などで、高齢者がトイレで倒れるのは珍しいことではありません。

遺体が直惠容疑者のご主人であるならば、コメントにもあるように、直惠容疑者は、ご主人に頼って生活していたのかもしれません。

頼ったり相談したりしていたご主人が急に亡くなって、どうすればいいのかわからない間に、月日が流れてしまったのかもしれません。

直惠容疑者自身もどちらかと言えば高齢です。

もしかしたら認知機能にも多少の衰えもあったかもしれません。

「二人で生活してたのにまるで孤独死。切ない。」というコメントには思わず頷いてしまいました。

誰か相談できる人がいなかったのか。

普段頻繁に関わっていなくても、何かあった時に相談できるようなつながりがあれば、このような切ない結果にはならなかったのではと思います。

それにしても直惠容疑者、トイレはどうしていたのでしょうか・・・

 

スポンサーリンク



参考:TBS NEWS東海テレビCHUNICHI Web

コメント