石野真子、石原さとみを上回るかわいさ?美の秘訣と意外な才能!

1978年「狼なんか怖くない」でのデビュー以来、美しさも人気も衰え知らずの石野真子さん

最近では、意外な才能も開花させているようです。

芸能界にもたくさんのファンがいる真子さん。

石原さとみをも上回る驚きのかわいさとは!

スポンサーリンク


タレ目がかわいい女性有名人2位!

石野真子画像
引用元:ツイッター

3年前、ウェブサイトgooのランキング編集部が、「タレ目がかわいい!女性有名人ランキング」というテーマでアンケートを行っていました。

調査機関は、2015年11月3日~17日の2週間。

注目の順位は・・・

1位:トリンドル玲奈(179票)

2位:石野真子(176票)

3位:石原さとみ(168票)

石原さとみ顔画像
引用元:ガールズちゃんねる

なんと、いま大人気の石原さとみさんを抑えて、往年のアイドル石野真子さんが2位にランクイン!

1位のトリンドル玲奈さんとの差も、わずか3票です。

真子さんがデビューした当時のキャッチフレーズは「100万ドルの微笑」

石野真子アイドル時代画像
引用元:ツイッター

優し気なタレ目と、かわいい八重歯がチャームポイントでした。

八重歯は矯正されましたが、タレ目のほうは今も健在。

若作りに必死でイタイ感じの女性芸能人も多いなか、57歳とは思えないナチュラルな若々しさを保っています。

石野真子画像
引用元:ユシブヤ

こんなふうに歳をとりたい、と憧れる女性も多いのではないでしょうか。

アンケートのコメントには、

「下がった目尻からは優しさと母性を感じられ、人の良さがにじみ出ています。」

「彼女ほどタレ目が似合う人はいない。」

といった声が多く見られました。

浜ちゃんも熱狂的なファン!

「100万ドルの微笑」のキャッチコピー通り、その微笑に魅せられた人は、芸能人の中にもたくさんいるようです。

石野真子アイドル時代画像
引用元:ユーチューブ

なかでもダウンタウンの浜田雅功さんは、自身の番組「ごぶごぶ」(毎日放送)で、真子さんの熱狂的なファンであることを明かしています。

その番組に真子さんが電話出演した際には、浜ちゃんと真子さんが頻繁にメールのやり取りをしていることもオープンにしていました。

また、個性派俳優の木下ほうかさんも、出演したいくつかの番組内で、真子さんの親衛隊の副会長を務めていたことをカミングアウトしています。

木下ほうか 石野真子の親衛隊だったころの画像
引用元:ツイッター

ツッパリのイメージでデビューした嶋大輔さんも、実は真子さんの親衛隊に入っていたとか。

現在でも“姫”と呼んで慕っているようです。

嶋大輔画像
引用元:ユーチューブ

さらには人気俳優の沢村一樹さんも、「スター誕生」からデビューしたアイドルの中で真子さんが一番好きだったと告白。

沢村直樹画像
引用元:瓦割ブログ

そして、爆笑問題の太田光さんもファンの1人。

太田さんは、真子さんのファンになったきっかけを次のように話しています。

太田光画像
引用元:オレ的ゲーム速報

それはちょうど、松田聖子さんが真子さんの人気に追いついてきた頃のこと。

太田さんは、真子さんがディスクジョッキーをつとめるラジオ番組を聴いていました。

石野真子ディスクジョッキー画像
引用元:ツイッター

ある時、

「ボクはいままで真子さんのファンでしたけど、最近、聖子さんが好きになったのでこれからは聖子さんのファンになります。」

という失礼なハガキを、真子さんがゲラゲラ笑いながら読んだのです。

太田さんは、そのあっけらかんとしたおおらかさに惹かれたのでした。

また、男性芸能人のみならず、女性芸能人のなかにもファンがいます。

小泉今日子 スター誕生出演画像
引用元:オリコンニュース

あの小泉今日子さんです。

小泉さんは、デビュー当時の憧れのひとに石野真子さんをあげていました。

小泉さんが「スター誕生!」に出た時、決勝戦で石野真子さんの「彼が初恋」を歌ったほど。

同じ芸能人から見ても魅力的な真子さん。

57歳になった現在も、それなりの歳の方々が親衛隊として活動を続けています。

スポンサーリンク


驚きの金額で落札された絵画!

絵を描くことが好きな真子さんは、顔彩という日本画用絵具で水彩画を描いています。

石野真子が顔彩を使って描いた絵画像引用元:ソネットブログ

お花を頂いたときなど、素敵だなと思ったものを描いているようです。

石野真子が顔彩を使って描いた絵画像 引用元:ソネットブログ

公益財団法人ジョイセフを通じ、収益金を被災地の女性の支援にあてるチャリティーオークション「Seven Treasures ~七人のアーティストの宝物アート~」

東日本大震災の災害支援として行われたこのオークションに、真子さんも自身の描いた絵を出展しました。

すると、なんと真子さんが描いた6号サイズの絵画が、131万円で落札されたのです。

131万で落札された石野真子の絵画像
引用元:リトルハイ

二科展に入選した新人画家の作品でさえも、1号サイズで約5,000円。

6号の絵であれば、30,000円ぐらいが通常の相場になるようです。

知名度があるとはいえ、この高い評価は、もはや趣味の領域におさまっていませんね。

謎のアプリも販売している!

真子さんは、いろんな声で起床時間をお知らせしてくれるアプリも販売しています。

石野真子アプリ
引用元:アプリオン

目覚ましボイスが11種類、アラーム停止後のボイスが8種類と、さまざまな言葉で起こしてもらえるようです。

あなたぁ〜〜〜 そろそろ起きてねぇ〜〜〜♡

朝ご飯、できたふぁよぉ〜〜〜♡

もうぅ〜〜〜 そろそろ起きなきゃぁ〜〜〜♡

あっ! 朝から、そんなことダメよぉ〜〜〜♡

今日もボロボロになるまで働いて、稼ぎなさいよ〜〜〜♡

亭主元気で留守がイイィ〜〜〜♡

などと、嬉しいような厳しいような言葉もあるとか・・・

ファンにはなんとも嬉しいアプリですが、社会人やファミリー層の女性にも人気だそうです。

価格は1,080円。

レビューの評価は五つ星の満点。

時代の流れに乗り、IT関連にも参入している真子さんおそるべし!

変わらぬ美しさの秘密・・・

石野真子画像
引用元:ドリームニュース

ある対談で真子さんは、

「毎日をあるがままに受け入れて生きています。

笑って過ごすとお肌の調子もいいです(笑)

睡眠をしっかりとることと、好きなものをおいしく食べることでしょうか。

野菜はたくさん摂ります。

あと、腹式呼吸やストレッチ、かかと上げなど、日常生活の合間にちょっとできることをしています。

あまり情報に振り回されず、自分に合ったものを続けるようにしています。」

と、変わらぬ美しさの秘訣を語りました。

石野真子画像
引用元:クランクイン

絵を描いたり刺繍をしたりという手を動かす作業も、昔から続けているそうです。

そのような作業に集中することは、自律神経を整えることにもなります。

美の秘訣と言っても、手軽に生活に取り入れられたり、自分の心が喜ぶ趣味や食事を楽しんだり。

一見、普通のことですが、そのような普通のことを続けていくのは案外難しいものです。

真子さんの自然な美しさは、普段の生活を丁寧に過ごすことから、自然に生まれているのですね。

真子さんが、今後もかわいく年齢を重ねていく様子に注目していきたいものです!

懐かしの芸能人水泳大会で「めまい」を歌う真子さんの姿も見られます。⇒

芸能人水泳大会。聖子も百恵も水着姿のアイドルが大らかすぎてア然!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする