スポンサーリンク

第2阪奈道路を時速280kmで暴走し動画投稿。35歳無職の男書類送検

スピードメーター画像 事件

自動車専用道路を時速280kmで暴走したとして、大阪市の35歳の男が書類送検されました。

暴走の様子がYouTubeに投稿されていたことから違反が判明。

時速280kmは東海道新幹線の最高速度とほぼ同じスピードとのこと。

怖すぎますね・・・

スポンサーリンク


事件の概要

制限速度を220km超えるスピードで自動車専用道路を運転。

2018年11月5日、道路交通法違反の疑いで書類送検されたのは、大阪市城東区の無職の男(35)です。

スピードメーター画像
引用元:テレ朝news

同年5月。

大阪府警に、“YouTubeに車が暴走している様子が投稿されている”と連絡が入りました。

警察が調べたところ、東大阪市の第2阪奈道路のトンネル内を時速280kmで走るスポーツカーの動画を確認。

同年1月に男が車を運転し、動画を投稿したことが判明。

書類送検されました。

スピードメーター画像
引用元:テレ朝news

容疑を認めた男は、

「最高速度を制御するリミッターを外した車を買ったので性能を試したかった。

みんなに見てほしかった。」

などと供述。

スピードリミッター
原動機(エンジンやモータなど)の運転最高速度を制限あるいは制御する装置。自動車以外でも、高速に動作する機械においては事故防止のために備えられる。

時速280kmは、東海道新幹線のぞみN700A型の最高速度である285kmとほぼ同じスピードとのこと。

城東警察署画像
引用元:テレ朝news

新幹線と同じスピードの車が公道を走っている。

考えただけでも恐ろしすぎます。

 

事件の現場は

男が時速280kmで車を走行させたのは、大阪府東大阪市の自動車専用道路である第2阪奈道路(だいにはんなどうろ)。

大阪府東大阪市の西石切ランプから奈良県奈良市の宝来ランプに至る、延長13.4kmの国道308号のバイパス道路です。

 

スポンサーリンク


ネットの反応

一番恐ろしいのは真似をしようとする者が出てくること。

引用元:Yahoo!映像ニュース

35歳無職にスポーツカー。親にも問題があると思うわ・・

引用元:Yahoo!映像ニュース

GTRはメーター340までついてるからな~
横浜大手自動車メーカー勤務ですが…

引用元:Yahoo!映像ニュース

こんなバカタレに追突でもされて死ぬとか、絶っっっ対イヤだわ。

引用元:Yahoo!映像ニュース

車自体にも文句はあるが…

あかんとわかっててやる奴…あほやろ…
しかも自分で撮影しとる…あほやろ…

こういうやつは、絶対再犯する…
次は他人巻き込むぞ…
世の中に出したらあかん…
出すんやったら車運転させたらあかん…

引用元:Yahoo!映像ニュース

新幹線とほぼ同じスピードの車にぶつかったりしようものなら、ひとたまりもありません。

重ね重ね怖すぎます。

コメントに書かれているように、男性が乗っていたのは日産GT-R。

日本国内では最もスピードの出る車です。

新車であれば価格は1,000万円から2,000万円近くしますが、テレビの取材によれば、男は800万円で購入し200万円で改造したとのこと。

親に買ってもらったのか、無職の男が購入できることも不思議です。

それにしても、公道では制限速度が設けられているのですから、車のリミッターを外すこと自体が間違っているのではないでしょうか・・・

 

 

スピードの出しすぎや脇見、飲酒運転、周りも危険にさらすことを認識して欲しいです。⇒

青森・飲酒運転のうえ130kmで追突4人死亡事故。高杉祐弥容疑者ら逮捕

東京・首都高でトラックに追突した乗用車が炎上。わき見運転が原因

 

 

スポンサーリンク



参考:関西 NEWS WEBテレ朝news

コメント