スポンサーリンク

三重伊賀市・橋から転落した車が走ってきた電車に衝突。運転女性軽傷

事故現場画像 国内ニュース

10月31日の朝、三重県伊賀市で橋から転落した車が伊賀鉄道の線路を走っていた電車と衝突。

車を運転していた63歳の女性が軽いケガをしました。

女性は自宅の駐車場に車を停める際、アクセルとブレーキを踏み間違えたと話しているそうです。

スポンサーリンク


事故の概要

転落した車画像
引用元:CBC News

2018年10月31日午前7時50分ごろ。

三重県伊賀市上野桑町(うえのくわまち)で、伊賀鉄道の線路にかかる跨線橋から車が転落。

跨線橋(こせんきょう)
鉄道線路の上をまたぐような形で架けた橋。

そこに走ってきた、伊賀神戸発ー上野市駅行の2両編成の電車と衝突しました。

事故現場画像
引用元:TBS NEWS

跨線橋のレンガ塀を突き破り、約7m下の線路に転落した車は、約100m電車に引きずられ停車。

車を運転していた63歳の女性は、電車との衝突前に車から脱出しましたが、転落した際に頭などを打ち軽傷を負いました。

伊賀鉄道の男性運転士が車に気づき急ブレーキをかけましたが、間に合わなかったとのこと。

女性は、

「自宅に車を停めようとしてアクセルとブレーキを踏み間違えた。」

などと話しているそうです。

電車の乗員や乗客約200人にケガはありませんでした。

橋画像
引用元:TBS NEWS

伊賀鉄道は、車が転落した際に架線が切れた影響により全線で運転を見合わせ。

運転再開の見込みは立っておらず、上野市駅ー伊賀神戸間はバスによる振替輸送で対応しているとのことです。

振替輸送
列車の運行不能等があった場合、他の鉄道会社に依頼し、運行不能区間を他の鉄道会社線などの経路で利用してもらうこと。

 

 

事故の現場は

事故現場画像
引用元:TBS NEWS

事故の現場となったのは、三重県伊賀市上野桑町(うえのくわまち)の伊賀鉄道の線路です。

伊賀鉄道は三重県の伊賀市内を走る全長16.6kmの鉄道。

現場は同鉄道の桑町駅から北に約350m、茅町駅と桑町駅の間で、周囲には病院や住宅などが立ち並んでいます。

 

スポンサーリンク


ネットの反応

やはり車の自動運転システムの導入を早めた方がいいと思うな。これから高齢者ドライバーが増えてくるし、毎日どこかで事故は起きているわけだし。

今日でも高齢者のドライバーが普通に一方通行の道を逆走していた。道を知らないからだと思うが、こちらが気をつけても相手がそんなんでは危なくて仕方ない。

引用元:Yahoo!映像ニュース

駐車場に停めようとして…で、こうなるんだ…。
お年寄りの踏み間違い事故が多すぎる。
これで人をはねてしまう事も多々だし…
生活に車は必需品の地域だけど免許を返すという選択も必要かも。

引用元:Yahoo!映像ニュース

これで軽い怪我というのが衝撃

引用元:Yahoo!映像ニュース

命が助かって何より。

だが、損害賠償等がある為 手放しでは喜べないと思うが
もぅ免許は返納した方がいいかも

引用元:Yahoo!映像ニュース

今の世の中、何処から
車が現れるか分からないな…。

引用元:Yahoo!映像ニュース

約7m下の線路に転落しながら軽傷ですんだこと、電車と衝突する前に車から脱出できたこと、乗客にケガがなかったことなど、まさに不幸中の幸いです。

7mもの高さから車で転落するだけでも、ひどいケガを負ったり、命を落とす可能性はあったでしょう。

もし車に乗ったまま電車の正面に衝突していれば、なおのことです。

アクセルとブレーキを踏み間違えたと話す女性は、まだ63歳。

そこまで高齢でもありません。

しかし、年齢が何歳であろうが、踏み間違えてしまったことは事実です。

今後また周囲に危険を与える可能性もあるかもしれません。

1度、このまま運転していても大丈夫か考える必要があると思います。

奇跡的に助かった命を大切にして欲しいです。

それにしても、上空から車が落ちてくるとは電車の運転手も思ってもみなかったでしょうね。

 

高齢者の起こす危険すぎる事故が多発しています。⇒

千葉県柏市・77歳女性の車が国道逆走し正面衝突。本人死亡3人重軽傷

若者でも橋を乗り越えて転落する事故は起きています。⇒

日光市・バイクの少年が橋の欄干下に衝突。投げ出され川に転落し死亡

 

スポンサーリンク



参考:YOU東海テレビTBS NEWS

コメント