スポンサーリンク

12年前の事故死は虐待。女児暴行で当時の義父の堀田伸輔容疑者逮捕

警視庁画像 事件

約12年前、生後11ヶ月の女児に暴行を加え死亡させたとして、当時の義父の堀田伸輔(ほったしんすけ)容疑者が逮捕されました。

堀田容疑者は容疑を認めているということです。

スポンサーリンク


事件の概要

2018年11月8日までに傷害致死の疑いで逮捕されたのは、神奈川県相模原市南区在住、自称、建設作業員の堀田伸輔容疑者(42)です。

堀田容疑者顔画像
引用元:FNN PRIME

2006年12月30日。

東京都新宿区のマンションでのこと。

堀田容疑者は、当時、義理の父親として一緒に住んでいた櫻井亜衣(さくらいあい)ちゃん(生後11ヶ月)に暴行を加えました。

堀田容疑者が119番通報し、亜衣ちゃんは病院に搬送されましたが、2ヶ月後の2007年3月9日に死亡。

死因は、硬膜下血腫などによる気管支肺炎でした。

堀田容疑者顔画像
引用元:FNN PRIME

駆け付けた救急隊に対して、

「目を離した隙に娘はこたつから落ちた。」

などと説明していた堀田容疑者。

当時、亜衣ちゃんの死は事故死とみられていました。

亜衣ちゃんは、堀田容疑者の当時の妻と別の男性との間の子どもで、元妻の三女。

亜衣ちゃんが暴行を受けた時、妻は外出しており、部屋には亜衣ちゃんと堀田容疑者の2人だけでした。

司法解剖の結果、頭蓋骨の骨折などが見つかっていた亜衣ちゃん。

しかし、堀田容疑者の所在が一時わからなくなるなどしたこともあり、捜査は難航していたそうです。

堀田容疑者と亜衣ちゃんの母親は、事件後に離婚しています。

 

 

特命捜査対策室が再捜査

2010年、傷害致死罪の公訴時効が10年から20年に延長。

公訴時効(こうそじこう)
犯罪が終わった時から一定期間を過ぎると訴訟や問題を持ちだせなくなること。時効の一種。 

そのため警視庁の特命捜査対策室が、2018年3月から再び捜査していました。

特命捜査対策室
(けいしちょうとくめいそうさたいさくしつ)
過去の重要未解決事件などを捜査するための特命捜査班。警視庁捜査1課に設置。コールドケースと呼ばれる長期未解決事件を、DNA鑑定などの科学捜査も駆使して捜査する。

当時の解剖資料などをもとにして、頭部の傷を検証。

その結果、亜衣ちゃんの傷がこたつからの転落ではできないような大きさで、外部から強い衝撃を受けた可能性が高いと判明。

また、亜衣ちゃんの“胸腺”が縮んでいたことも確認。

胸腺(きょうせん)
免疫の機能に関わる臓器。胸腺の委縮(いしゅく)は繰り返し虐待を受けた子どもに多くみられる特徴。

日常的に虐待を受けていた疑いが強まったとのこと。

堀田容疑者顔画像
引用元:FNN PRIME

調べに対して堀田容疑者は、

「こたつから落ちたという説明はうそだった。

当時はいらいらしていた。

罪を償いたい。」

と供述しているそうです。

“罪を償いたい”

心からそう思っているのであれば、せめてもの救いと言えるでしょうか・・・

 

スポンサーリンク


事件の現場は

事件の現場となったのは、東京都新宿区にあるマンションでした。

ネットの反応

連れ子を平気で殺す男多すぎ。

お母さん、お願いだからもっとよく見極めてみてほしい。

こういう男は簡単に一緒になるけど、
被害にあうのは子供だよ。

引用元:Yahoo!映像ニュース

殺した奴は忘れてたかもしれないが、殺された赤ちゃんの怨念は捜査員らを逮捕に導いたか…。

引用元:Yahoo!映像ニュース

変な男と付き合ったり、内縁だったり、再婚したり…
結局は子供が幸せになるかならないかは母親次第。

大変な事は重々承知してるけど、母親が再婚せず、シングルマザーで1人で育てあげた方が子供は間違いなく幸せ。知らないおじさんが家にいるなんて怖くて仕方ない。

引用元:Yahoo!映像ニュース

身体に虐待の痕があったら、12年前でも分かった気がするんだけど…

引用元:Yahoo!映像ニュース

生後11ヵ月でもう次の男と結婚してる母親もどうなの?
ろくでもない同士がくっつくと結局子供が犠牲になる。

引用元:Yahoo!映像ニュース

“生後11ヶ月でもう次の男と”というコメント。

確かに前の夫の子どもを産んでから1年たたないうちに、堀田容疑者と結婚していたということですね。

もしかしたら、お母さんは3人の子どもを抱えて生活することが難しく、堀田容疑者に頼りたかったのかもしれません。

しかし、その結果、まだ1歳にも満たなかった亜衣ちゃんが命を落とすことになりました。

事件から12年がたっても、虐待が見過ごされず今回のように逮捕に至ることに驚きました。

見過ごされないのは良いことだと思います。

ただ、12年前には、虐待かどうか判断することができなかったという事実にも同じくらい驚きました。

見過ごされている虐待がどれほどあるものか・・・

考えるだけでもつらい気持ちになりますね。

 

 

ひどすぎる虐待事件が後を絶ちません。⇒

目黒区・結愛ちゃん虐待死亡事件。両親の船戸雄大・優里容疑者逮捕

福岡・息子殺害の父親と娘虐待の母親。納富駿太・麻衣子容疑者逮捕

 

 

スポンサーリンク



参考:テレ朝newsFNN PRIME日本経済新聞西日本新聞首都圏 NEWS WEB・北國新聞2018/11/9付

コメント