スポンサーリンク

埼玉・駅のコインロッカーに赤ちゃんの遺体遺棄。堀口香織容疑者逮捕

コインロッカー画像 事件

埼玉県坂戸市にあるコインロッカーに赤ちゃんの遺体を遺棄したとして、堀口香織(ほりぐちかおり)容疑者が逮捕されました。

生まれて間もないとみられる赤ちゃん。

死産だった可能性があるそうです。


スポンサーリンク


事件の概要

2018年9月8日、死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、住所不定・職業不詳の堀口香織容疑者(35)です。

堀口容疑者顔画像
引用元:日テレNEWS24

同年8月29日。

埼玉県坂戸市の東武東上線・北坂戸駅(きたさかどえき)の駅員が、

「異臭がする。」

と交番に届け出ました。

駆けつけた警察が、駅のコインロッカーで生後間もない女の子の赤ちゃんの遺体を発見。

駅の防犯カメラを調べたところ、カバンを持ってコインロッカーの近くを歩く堀口容疑者が映っていました。

堀口容疑者の持っていたカバンが、赤ちゃんが入っていたものと似ていたことから関与が浮上。

コインロッカー画像
引用元:日テレNEWS24

事件後、堀口容疑者が家に戻っていないことがわかり、警察が行方を追っていました。

9月8日、埼玉県川越市内で堀口容疑者を発見。

8月25日ごろ堀口容疑者がコインロッカーに赤ちゃんの遺体を遺棄した疑いで、逮捕となりました。

堀口容疑者連行時画像
引用元:日テレNEWS24

司法解剖の結果、赤ちゃんの遺体は身長約50cm、体重約2,200g。

死産だったとみられています。

堀口容疑者は独身。

赤ちゃんを遺棄する前は両親と暮らしていたとのこと。

取り調べに対して堀口容疑者は、

「子どもを産んだが死んでしまい、困って捨てるしかなかった。

などと供述しているそうです。

死産
死産とは、妊娠12週以降に胎児が死んだ状態で生まれること。
死産のときは、胎児を死体として埋葬もしくは火葬する必要があるので、死産届を提出し火葬許可証をもらわなければならない。

困って捨てるしかなかった。

たとえ、堀口容疑者のもとに生きて産まれてきたとしても、育ててもらえるような気がしません。

 

スポンサーリンク


事件の現場は

赤ちゃんが捨てられていたのは、埼玉県坂戸市末広町(さかどしすえひろちょう)の東武東上線・北坂戸駅(きたさかどえき)のコインロッカーです。

2016年度の1日平均乗降人員、19,803人の北坂戸駅。

利用者の中には、駅員以外にも異臭に気づいていた人が多くいたかもしれませんね。

 

ネットの反応

「子供が死んでしまい、困って捨てるしかなかった」
困ったのは自分だよな……
自分のことしか考えられない人だね
捨てるモノじゃないし、捨てる場所でもない

引用元:Yahoo!映像ニュース

この母親の目が怖い。
こういったニュースがあるとすぐに父親を持ち出すような奴がいるが、35歳になったら遺棄したらダメなことくらいわかるだろって話。

引用元:Yahoo!映像ニュース

コインロッカーをそういう風に使うなよ

引用元:Yahoo!映像ニュース

死んで捨てるしかなかったって他に方法あるだろ…なんでコインロッカーに行き着くんだよ。
望んだ妊娠かそうじゃないか知らんが妊娠させた男も男。

引用元:Yahoo!映像ニュース

無責任過ぎる。
自分の子をコインロッカーに置き捨てる、こんなバカな親は、今後子どもは作らないでくれ。
産まれてくる場所を選べない子どもが可哀想だ。

引用元:Yahoo!映像ニュース

堀口容疑者は、赤ちゃんを産み落とすまで両親と暮らしていたとのこと。

両親は娘の妊娠に気づかなかったのでしょうか。

以前も、コインロッカーに赤ちゃんの遺体を遺棄した事件がありましたが、そもそもコインロッカーは捨てたいものを入れる場所ではありません。

亡くなってしまっていたとしても、人間の遺体は“捨てるもの”ではありません。

わが子に対する情のなさ、命そのものに対する関心の薄さが悲しいです。

 

 

赤ちゃんをゴミのように捨てる女性。やりきれません。⇒

歌舞伎町のコインロッカーに赤ちゃんの遺体を遺棄。戸川万緒容疑者逮捕

仙台・3人の乳児の遺体遺棄。25歳風俗店従業員の吉丸伶華容疑者逮捕

長野・下水処理施設の水槽に赤ちゃんの遺体。下水管で流された可能性

スポンサーリンク



参考:TBS NEWS中日新聞埼玉 NEWS WEB

コメント