埼玉・飲酒の上ひき逃げで女性死亡。市立小学校の教頭逮捕

事故を起こした車画像 事件

埼玉県で女性をひき逃げし死亡させたとして、川口市の小学校の教頭が逮捕されました。

教頭は事故の前、学校関係者らと酒を飲み「バスで帰る」と言って別れていたそうです。

スポンサーリンク

事件の概要

2018年7月29日。

過失運転致死とひき逃げの容疑で逮捕されたのは、草加市長栄(ちょうえい)1丁目、川口市立本町(ほんちょう)小学校の教頭(54)です。

2018年7月28日午前2時ごろ。

川口市東本郷の市道でのこと。

教頭は、自転車に乗っていた同市大竹の飲食店従業員、フィリピン国籍の女性(56)を車ではねて逃げたとされています。

はねられた女性は死亡。

付近の防犯カメラの映像と、現場に落ちていた車の部品から教頭の関与が浮上。

警察の調べに対して教頭は、

「少しものに当たった程度だと思った。」

と容疑を一部否認していました。

しかし、その後の調べで、事件前に教頭が学校関係者と酒を飲んでいたことが判明。

教頭も飲酒の事実を認めています。

同席していた校長によれば、事件前日の27日午後6時半から午後10時ごろまで、教頭を含めた5人で、学校近くの中華料理店や串焼き店で食事をしたとのこと。

その際、教頭は中ジョッキのビールを4、5杯飲んだそうです。

午後10時15分ごろに帰る際、校長らに「バスで帰る」と話し、1人でバス停に向かった教頭。

明るく穏やかな性格で職場や地域などでの人望が厚かったとのこと。

バスで帰っていれば問題はなかったのに、なぜハンドルを握ってしまったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

事故の現場は

女性がひかれたのは、埼玉県川口市東本郷(ひがしほんごう)の市道。

女性の娘さんは、

「事故を起こしてしまったときに、すぐ救急車を呼んでいただけてたら、助かったかもしれない。

本当に残念でならないです。」

と話しました。

 

ネットの反応

「事故を起こしてしまったときに、すぐ救急車を呼んでいただけてたら、助かったかもしれない
ほんとそれ
今どき飲酒運転とは危機意識が無さすぎる

引用元:Yahoo!映像ニュース

そうまでして飲みたいか。
代行運転という選択もあるのに、ケチなの?

引用元:Yahoo!映像ニュース

代行サービスがあるだろう。なぜ利用しないのかなあ?お金が勿体ないとでも思ってたか?

引用元:Yahoo!映像ニュース

飲酒運転の事故のニュースなんてしょっちゅう報道されてるのに、
それでもやる奴ってどういうつもりなんだろ。
自分は運転上手いから大丈夫、それほど酔っていない、とか思ってるんだろうね。

引用元:Yahoo!映像ニュース

ひき逃げの定番言い訳
・当たった覚えはない。
・何かに当たった感じはあったが、人だとは思わなかった。

引用元:Yahoo!映像ニュース

コメントにもありますが、本当になぜ代行を使わなかったのでしょうか。

代行を使っていれば、もしくは同席者に話した通りバスで帰っていれば事故は起きませんでした。

教頭は「少しものに当たった程度だと思った」と話していますが・・・

事故を起こした車画像
引用元:FNN PRIME

車の破損状況を見ると、かなりの衝撃があったのではないかと疑問に思います。

しかも亡くなった女性は、自転車に乗っていたとのこと。

それでも気づかなかったとしたら、相当酔っていたと思われても仕方がないのでは。

子どもたちに交通安全を教えなければならない立場にありながら、車の危険性を認識していない行動。

亡くなられた女性の家族、教頭の家族、学校の先生方、子どもたち、多くの人を悲しませる結果になり本当に残念です。

 

飲酒運転の怖さは言うまでもありません。⇒

青森・飲酒運転のうえ130kmで追突4人死亡事故。男ら2人逮捕

 

スポンサーリンク

参考:NHK NEWS WEB朝日新聞デジタルFNN PRIME

コメント