大阪・富田林署から樋田淳也容疑者逃走。強盗致傷や強制性交で留置中

8月12日の夜、大阪の富田林警察署で勾留されていた樋田淳也(ひだじゅんや)容疑者が逃走しました。

強制性交や窃盗、強盗致傷罪などで起訴されていた樋田容疑者。

弁護士と接見後に面会室のアクリル板を蹴破ったとみられ、警察は顔写真を公開して行方を追っています。

スポンサーリンク


事件の概要

2018年8月12日午後、大阪府富田林市の府警富田林(とんだばやし)署の留置場から、樋田淳也容疑者(30)容疑者が逃走しました。

樋田容疑者顔画像
引用元:FNN PRIME

住所不定、無職の樋田容疑者。

強制性交などの罪で7月に起訴されており、今月8日に別の容疑で再逮捕されていました。

12日午後7時半ごろから、留置場2階の面会室で弁護士と接見していた樋田容疑者。

2時間を過ぎても接見が終わらないことを不審に思った署員が、午後9時45分ごろ確認に行くと、そこに樋田容疑者の姿はなく、弁護士もすでに帰っていました。

面会室のアクリル板に足跡がついていたことから、接見後1人になった樋田容疑者が、アクリル板を蹴って開いた10cmほどの隙間から逃げたとみられています。

面会室アクリル板開けるイメージ画像
引用元:FNN PRIME

弁護士との接見には、原則、時間制限はなく、接見中は警察官は立ち会わないとのこと。

午後5時45分までは、面会室につながる前室に署員が常駐。

しかしその時間が過ぎれば一般人の接見はなく、弁護士しか来ないため、署員は前室に詰めなくていいそうです。

また、面会室には、扉を開けるとブザーが鳴る装置が設置されていました。

しかし富田林署では、接見が終わったら弁護士が署員に声をかけるためブザーは不要と判断し、ブザーの電池は抜かれていたのです。

富田林警察署画像
引用元:FNN PRIME

弁護士は午後8時ごろには接見を終えており、署員が樋田容疑者の逃走に気づくまで約1時間40分たっていました。

当時署内に20人いた署員の中に、逃走する樋田容疑者を見たものは1人もおらず、何時に署を出たのかもわかっていません。

また、樋田容疑者は、警察署の裏側にある高さ3mの塀を脚立を使って乗り越えたとみられるとのこと。

さまざまな要因が、樋田容疑者の逃走に有利に働いてしまったようです。

署内からは白いスニーカーがなくなっており、警察署の駐車場からは樋田容疑者が履いていたサンダルが見つかっています。

靴を履き替えて出て行く余裕まであったということでしょうか。

警察は顔写真を公開し逃走の疑いで行方を捜査。

住民に対して注意を呼びかけています。

ひったくりで逃走資金確保

脱走後、盗んだ赤い自転車で逃走しているとみられていた樋田容疑者。

樋田容疑者顔画像
引用元:日テレNEWS24

大阪府羽曳野市内で、その赤い自転車が発見されました。

8月13日午前0時、松原市で黒いミニバイクが盗まれ、同日午後9時ごろには、羽曳野市でバイクに乗った男に女性がカバンをひったくられる事件が発生。

羽曳野市路上画像
引用元:日テレNEWS24

その後、14日から15日にかけ羽曳野市や大阪市で、いずれも夜間にバイクを使ったとみられるひったくり事件が頻発。

ひったくり発生場所の地図
引用元:日テレNEWS24

樋田容疑者が、ひったくりで資金調達しながら逃走し、現在は4万円ほど手にしているのではないかとみられています。

また、乗り捨てられていた赤い自転車には指紋が残っておらず、樋田容疑者が指紋を残さないようにしながら犯行に及んでいる可能性もあるそうです。

さらに、樋田容疑者が接見を終えて帰ろうとした弁護士に対し、

「面会が終わったことは署員に自分が伝えるので、そのまま帰ってほしい。」

という趣旨の話をしながら、実際には伝えなかったことも判明。

逃走が計画的なものだった可能性があるとのこと。

弁護士が帰ってから約30分後には逃走していたのではないかとみられています。

樋田容疑者の特徴

樋田容疑者顔画像
引用元:FNN PRIME

逃げている樋田容疑者の特徴は以下の通りです。

  • 身長約163cm。
  • 中肉。
  • 現在は髪は長髪でセンター分け。
  • 黒の長袖ジャージにグレーのスウェットパンツ着用。
  • 左脚のふくらはぎの部分に動物の入れ墨。

ふくらはぎの入れ墨は、ウサギが打ち出の小槌でお金を出しているという絵柄。

ふくらはぎの入れ墨イラスト
引用元:産経デジタル

樋田容疑者は、2018年6月、大阪府内のマンションで20代の女性にナイフを突きつけ乱暴。

強制性交や窃盗などの疑いで逮捕され、7月に起訴。

その後、別の強盗致傷罪で追起訴。

8月8日には強制性交未遂などの疑いで再逮捕。

連行される樋田容疑者画像
引用元:FNN PRIME

また、5月上旬に、羽曳野警察署の駐車場の捜査車両が燃えた放火事件にも関わったとみられていました。

見境なく次々と犯罪に手を染めている樋田容疑者は、近隣住民にとって大きな脅威です。

しかし、警察が付近の住民に注意を呼びかける情報を発信したのは、脱走が発覚してから9時間後。

市が防災無線で市民に逃走を知らせたのは、16時間後のことだったそうです。

スポンサーリンク


防犯カメラの画像公開

8月17日。

警察は、逮捕の1週間前に防犯カメラに映っていた樋田容疑者の画像を公開しました。

樋田容疑者顔画像
引用元:テレ朝news

これまでの情報から華奢な体つきを想像していましたが、小柄ではあっても体格はがっちりしていますね。

樋田容疑者顔画像
引用元:テレ朝news

ネット上には「公開が遅すぎる」という声や、「思ったより普通過ぎてすれ違ってもわからない」などという声が見られました。

似顔絵も公開

8月19日、樋田容疑者が逃走してから1週間がたち、樋田容疑者の変装を想定した8パターンの似顔絵が公開されました。

似顔絵画像
引用元:NHK NEWS WEB

似顔絵の公開を受け、ネット上には、樋田容疑者もこの似顔絵を見て、この変装以外の変装をしそうという声も。

この似顔絵が功を奏すと良いのですが・・・

事件の現場は

樋田容疑者が脱走したのは、大阪府富田林市常盤町2−7大阪府警富田林(とんだばやし)警察署。

近鉄長野線富田林西口駅から南に約150mにある富田林署。

現場周辺地図
引用元:FNN PRIME

周辺には、学校や市役所など、人の集まる場所が多いですね。

ネットの反応

声をかけられなければ
接見が終わったかどうかも分からないって
そもそもダメじゃない?

引用元:Yahoo!映像ニュース

街のいたるところに防犯カメラがあるこのご時世、接見室や前室、廊下は元より裏口にも監視カメラをつけるべきでしょう。逃走した正確な時間、逃走経路が不明なんていつの時代の話なのか。

引用元:Yahoo!映像ニュース

弁護士のミスでもあるが、知らせなかっただけで逃げられるってダメだろ

引用元:Yahoo!映像ニュース

罪状が罪状だけに怖すぎます。
関西圏は戸締まりしっかりしないと。

引用元:Yahoo!映像ニュース

罪状みると、逃しちゃだめな男を逃しちゃった感じ。早く捕まえて欲しい。

引用元:Yahoo!映像ニュース

強制性交、窃盗、強盗致傷罪、強制性交未遂、放火容疑。

脱走の大胆さや、脱走後の盗難、ひったくり。

犯行に対して一切の躊躇がなく手慣れていて、どんな犯罪を犯すことにも迷いがなさそうです。

樋田容疑者は、強制性交にしても窃盗にしても、10代から20代くらいの若い女性を狙っています。

とにかく早急に身柄が確保されることを願います。

鑑定留置中に精神病院から脱走した事件もありました。⇒

名古屋市・精神病院から脱走し指名手配。小倉泰裕容疑者逮捕!

スポンサーリンク



参考:産経ニュースSANSPO.COMNHK NEWS WEBFNN PRIMETBS NEWS

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする