スポンサーリンク

京王井の頭線の電車内で痴漢し線路を逃走。慶大生の長谷川敬史容疑者逮捕

性犯罪

京王井の頭線の電車内で女子大生に痴漢したあと、線路に降りて逃走したとして、慶応大1年の長谷川敬史(はせがわたかし)容疑者が逮捕されました。

「女性がきれいで触ってしまった」と供述している長谷川容疑者。

きれいな女性に触りたい気持ち、多くの世の男性たちは我慢しているのですよ・・・

事件の概要

2018年10月22日。

都迷惑防止条例違反と威力業務妨害の疑いで北沢署に逮捕されたのは、杉並区上高井戸(かみたかいど)、慶応大1年の長谷川敬史容疑者(20)です。

長谷川容疑者顔画像
引用元:FNN PRIME

同年6月11日午後7時45分ごろ。

長谷川容疑者は、京王井の頭線の下北沢-明大前駅間を走行中の車内で、都内に住む大学2年の女性の尻を触りました。

触られた女性が長谷川容疑者の手首をつかんで、明大前駅で降ろすと、長谷川容疑者はホームから線路に飛び降り逃走。

約8分のあいだ電車を緊急停止させ、駅の業務を妨害したとされています。

長谷川容疑者顔画像
引用元:FNN PRIME

周辺の防犯カメラの映像などから長谷川容疑者の関与が浮上。

逮捕に至りました。

調べに対して長谷川容疑者は容疑を認め、

女性がきれいで触ってしまった。

逮捕されると思い、逃げた。」

などと供述しているそうです。

きれいな女性だったとのことですが・・・

手首をつかんで駅で降ろすとは頼もしいですね。

都迷惑防止条例違反(とめいわくぼうしじょうれいいはん)
公衆に著しく迷惑をかける行為や暴力的で公序良俗の範疇を超える行為(暴言・暴走・わいせつ行為・執拗な客引き・チケット乗車券などの転売・押し売り・つきまとい・待ち伏せなど)6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金。
威力業務妨害(いりょくぎょうむぼうがい)
威力(暴力や脅迫など何かしらの圧力)を用いて人の業務を妨害すること。
3年以下の懲役または50万円以下の罰金。

 

事件の現場は

長谷川容疑者が痴漢行為を働いたのは、京王井の頭線の下北沢-明大前駅間を走行中の車内。

線路を逃走したのは、明大前駅です。

京王井の頭線は渋谷と吉祥寺という繁華街同士を結び、1日数十万人が利用する鉄道路線。

駅間距離が非常に短く、隣の駅までが1km未満(平均駅間距離0.8km)であることがほとんどで隣の駅がホームの端から見える駅も少なくないそうです。

 

ネットの反応

最近さらに有名大学になりましたな。

引用元:Yahoo!映像ニュース

線路上を逃走したっていずれ捕まるって

引用元:Yahoo!映像ニュース

線路侵入くらいでは賠償は発生しない。ケースが多い。おそらく停止時間が~30分くらいなら器物破損でもない限り、裁判の手間を考えると賠償請求できない。
それは民事の話であり刑事はそれなりに罰するだろう。

引用元:Yahoo!映像ニュース

昔、痴漢されたなどは、なかなか女性は声をあげることは出来なかったことが多かったと思う。最近は、しっかり女性が身を守ることや、痴漢されたら逃がさない、許さないという意識が強くなり、電車から引きずりだすこともできるようになってきた。が、その反面、冤罪という事件も起きている。男性は、痴漢を疑われたりする世の中。男性側も自分を守ることを忘れてはいけない。

引用元:Yahoo!映像ニュース

どーしてかなぁ。
慶応にいける頑張れる力があるのになぁ。

うちの息子にはその頑張りはなかった…
だが今のところ犯罪を犯すこともない…
そんな息子をもてたこと幸せと思わなきゃいかんかな。

引用元:Yahoo!映像ニュース

慶応に行ける頑張れる力があるのに・・・

本当にそうです。

学力を考えても、学費を考えても、誰でも行ける場所ではありません。

学力はあっても思慮が足りないことがもったいないです。

痴漢を疑われて線路に逃げるケースが増えていますが、危険極まりない上に、さらに罪を重ねることになります。

そういう報道がしょっちゅうされているのに、それでも線路に逃げるというのは犯罪者特有の心理なのでしょうか。

残念な事件です。

 

 

痴漢の被害に悩んでいるのは女性だけではないようです。⇒

京都・電車内で同じ男子高校生に連日痴漢。鳥羽高校教諭の橋本幸樹容疑者逮捕

 

参考:YOMIURI ONLINEFNN PRIME産経新聞

コメント