長野・下水処理施設の水槽に赤ちゃんの遺体。下水管で流された可能性

柏原浄化センター画像 国内ニュース

7月30日、長野県信濃町の下水処理施設の水槽赤ちゃんの遺体が見つかりました。

赤ちゃんは、下水管を通って流されてきたとみられています。

スポンサーリンク


事件の概要

2018年7月30日午前8時25分ごろ。

長野県信濃町にある下水処理施設柏原浄化センターで、男性職員が小さな赤ちゃんの遺体を発見。

役場を通じ警察に通報しました。

浄化センター画像
引用元:テレ朝news

警察の調べによれば、赤ちゃんは男の子。

大きさは20cm弱。

生後まもないとみられ、目立った外傷はなく、へその緒がついたままだったそうです。

浄化センター画像
引用元:テレ朝news

遺体が見つかったのは、流入槽の手前で大きなゴミなどを取り除く金属製の網の部分。

発見した男性職員は、平日の朝にゴミを取り除く作業をしていましたが、27日の朝には赤ちゃんの姿はなかったとのこと。

浄化センター画像
引用元:テレ朝news

建物の中にある流入槽には普段カギがかかっており、職員以外は入れないそうです。

そのため、赤ちゃんは27日の作業後から30日の朝までの間に、下水管を通って流れ込んだとみられています。

柏原浄化センターでは、信濃町柏原や古間地区の一般家庭約600世帯と、町役場・病院・学校などの公共施設の下水を処理。

浄化センター流入槽画像
引用元:テレ朝news

長野中央署は、31日に赤ちゃんを司法解剖し、死因や妊娠週数などを調べるとしています。

また、死体遺棄容疑の可能性も含め母親を捜しているとのことです。

母親を見つけることはできるのでしょうか・・・

参考:首都圏 NEWS WEBテレ朝news信毎web

スポンサーリンク


事件の現場は

赤ちゃんの遺体が見つかったのは、長野県信濃町大字柏原4219番地1にある下水処理施設柏原浄化センター。

浄化センター地図
引用元:信毎web

信濃町に5つある浄化センターの1つです。

 

ネットの反応

8インチ(20センチ)位の配管なら流れるイメージ。
早期流産とかかな?
いずれにしても赤ちゃんが可哀想。

引用元:Yahoo!映像ニュース

下水処理場って。。胸が詰まる。。

引用元:Yahoo!映像ニュース

母親を探すの大事だけど、父親も探して欲しい。

引用元:Yahoo!映像ニュース

狭い所を流れたって事はかなりの早産児だったとか?だとしても赤ちゃんだと分かる程度には育った状態だったわけだよね。
自分のお腹にいる時、何も思わず過ごしてたのかな。
今妊婦だけど、下水道に流すなんて想像すら出来ないというか、したくない。

引用元:Yahoo!映像ニュース

どんな気持ちで配管を通ったんやろな。
何でこういうことできる輩が居るんやろう。
想像するだけで胸が詰まる。

引用元:Yahoo!映像ニュース

やむを得ない事情があったとしてもこの世に誕生した命をなんだと思っているのか!?(怒)
死産だったとしても病院に連れていってそれなりの処置とかできなかったの?
下水処理施設で見つかるなんて…。
切なすぎる…。

引用元:Yahoo!映像ニュース

下水管で流された赤ちゃん。

考えただけでも心が重たくなります。

どのような経緯で産み落とされ、そのまま流されることになってしまったのか。

警察の調べで、それが明らかになるのかどうかわかりません。

職員の方に発見されたのがせめてもの救いと思うしかないのでしょうか・・・

とにかく赤ちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

 

スポンサーリンク


コメント