「胸が大きい」江戸川区の男性職員が生活保護受給の女性にセクハラ発言

東京都江戸川区は、生活保護受給者の女性に不適切な言動を繰り返していたとして、福祉事務所の男性職員を停職3ヶ月の懲戒処分にしました。

男性職員は、6人の女性に「胸が大きいですね」などと声をかけたりしていたそうです。

スポンサーリンク


事件の概要

2018年7月20日、生活保護を受給している女性への不適切な言動で、停職3ヶ月の懲戒処分となったのは、東京都江戸川区の福祉事務所の男性職員(55)です。

江戸川区役所画像
引用元:首都圏 NEWS WEB

2016年4月から2018年5月までの約2年間。

男性職員は、ケースワーカーとして区内の生活保護受給世帯の生活相談などを担当していました。

その間に担当していた女性の自宅を業務で訪問した際などに、男性職員は、

「胸が大きいですね。」

「事務所にはノーブラで来てください。」

「今度、自宅を訪問した時にはノーブラでいてください。」

などと繰り返し発言。

また、私的な電話をかけたりメールをしたり、食事に誘ったりもしていたそうです。

その後、ケースワーカーが交替。

2018年5月24日、被害にあった女性は、

「言葉による性的な嫌がらせを受けていた。」

と後任のケースワーカーに相談。

男性職員のセクハラ発言問題が発覚したのでした。

調査の結果、男性職員が、受給者の30~40代の女性6人に不適切な言動を繰り返していたことが判明。

江戸川区役所画像
引用元:首都圏 NEWS WEB

男性職員は、

「親しくなるための冗談だった。

相手が不快になると思わなかった。」

と事実を認め、

恋愛感情をもっていたのでやってしまった。

申し訳ないことをした。」

とも話しました。

被害にあった女性の中には、

「生活保護が打ち切られてしまうと困るので言えなかった。」

と話している人もいるとのこと。

相手が不快になると思わなかったと話す男性職員。

女性たちは、不快なことを言われても、生活のために嫌な顔ができず調子を合わせていたのかもしれません。

しかも、恋愛感情を抱いていたなどと話していますが、この男性職員は既婚者です。

参考:首都圏 NEWS WEB産経ニュース日刊ゲンダイ

スポンサーリンク


事件の現場は

セクハラ事件を起こした男性職員が勤めているのは、東京都江戸川区の福祉事務所。

江戸川区の福祉事務所は、生活援護第一課から第三課まで3ヶ所ありますが、男性職員がどこで勤務していたのかは明らかにされていません。

ネットの反応

嫁さん可哀相スギル

引用元:5ちゃんねる

逮捕するほどの罪じゃない
職場で懲戒処分を受けるぐらいが相当だね
まあだからこそ実行できたんだというのも透けて見える小悪党

引用元:5ちゃんねる

これでも解雇されないから公務員は美味しいな

引用元:5ちゃんねる

停職三か月って軽すぎないか?
解雇じゃないの?

引用元:5ちゃんねる

ボインか否か?で発言も変わったのだろうね。

引用元:5ちゃんねる

たったの停職3か月w、普通の企業なら懲戒免職

引用元:5ちゃんねる

生活の糧となるものを握られている。

そのような相手から、不快なことを言われたり、されたりしても、拒絶の意思表示をするのは難しいです。

優位な立場に立って、相手の気持ちも考えずに好き勝手なことを言っている男性職員。

安全な場所に守られ、処分も軽いかもしれません。

しかし、因果応報・・・

職場で受ける処分は軽くても、誰かをひどく傷つけた報いは、どこかで受けることになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする