千葉・海岸に切断された女性の胴体。相次ぎ発見の頭部や足は同一人物

9月29日、千葉県大網白里市の海岸で女性のものとみられる胴体部分が見つかりました。

10月2日には、千葉県九十九里町の片貝海岸で女性の頭部、白子町の浜宿海岸で片足を発見。

警察は、司法解剖の結果、胴体と頭部と足同一人物のものとみられると発表。

女性の似顔絵を公開し、情報提供を呼びかけています。

スポンサーリンク


事件の概要

胴体部分発見

事件現場画像
引用元:テレ朝news

2018年9月29日午前7時35分ごろ。

千葉県大網白里市四天木(してんぎ)の河口で釣りをしていた男性から、

「人間の胴体のようなものが浮いている。」

と110番通報がありました。

駆けつけた警官が、大網白里市の堀川の河口付近の岸に横たわる人の胴体部分を発見。

遺体には、死後、頭部と両手足をのこぎりのような刃物で切断された痕跡があったとのこと。

遺体は衣類を身に着けておらず、所持品もありませんでした。

頭部発見

事件現場画像
引用元:テレ朝news

2018年10月2日午前10時半ごろ。

千葉県九十九里町の片貝(かたかい)海岸で、サーフィンをしていた男性から、

「女性の頭部らしきものがある。」

と、町役場に通報がありました。

役場からの連絡で駆けつけた警官が、海岸の砂浜に人の頭部を発見。

肩にかからないくらいの長さの髪の毛は、ほぼ白髪だったとのこと。

片足発見

事件現場画像
引用元:テレ朝news

さらに同日の午後5時過ぎ。

約7km離れた白子町の浜宿海岸に釣りに訪れた男性が、砂浜の波打ち際に1本の足があるのを発見し警察に通報。

足は付け根の部分から足首までしかなかったそうです。

もう1つの片足発見

10月8日午後5時20分ごろ。

千葉県九十九里町の片貝漁港で、釣りに来ていた男性が人間の足が浮いているのを見つけました。

見つかった人間の足は、先に見つかった足と同じように足首から先がなく、腐敗が進んでいて、左右どちらの足かは不明とのこと。

警察がこの足について詳しく調べた結果、DNAの型が胴体などと一致したそうです。

遺体は同一人物

別々の場所で発見された遺体の関連について調べていた警察は、司法解剖の結果、それぞれの遺体が同一人物のものとみられると発表。

遺体は50代以上の女性とみられ、死後1~2週間経過。

目立った外傷はなく、死因はわかっていないそうです。

警察は、他の遺体の部位がないか、さらに現場周辺を捜索するとともに、DNA型鑑定などで身元の特定を急いでいるとのことです。

女性の似顔絵と特徴発表

似顔絵画像
引用元:FNN PRIME

10月5日。

女性の似顔絵と特徴が公開されました。

《女性の特徴》

  • 年齢:50代から70代。
  • 身長:約150cm。
  • 甲状腺に腫れ。
  • 歯にインプラント4本などの治療跡。

警察は情報提供を呼び掛けています。

千葉県警(043-201-0110)

スポンサーリンク


遺体発見現場は

胴体が発見された現場は、千葉県大網白里市四天木(おおあみしらさとししてんぎ)堀川の河口付近。

近くには九十九里浜や白子温泉といった人気の観光地があります。

頭部が発見されたのは、千葉県九十九里町片貝(かたかい)海岸。

片足が発見されたのは、白子町(しらこまち)浜宿海岸(はましゅくかいがん)。

ちなみに、この“浜宿海岸”

「地図から消えた海岸」と言われ、心霊スポットとされているようです。

浜宿海岸で起きた5件の焼死事件

浜宿海岸はもともとは人気の海水浴場だったそうです。

しかし、1982年、この海岸で1年間に5件もの焼死事件が発生。

人が寄りつかなくなり、“地図から消えた海岸”と言われているとか。

(実際は、自然保護を目的に車の進入を禁止したため海岸を訪れる人が減り、閉鎖したともいわれています。)

1982年に起きた連続焼死事件は以下の通り。

1月:燃えた車の後部トランクから、千葉市内のスナックのママ(44)の焼死体。

4月:燃えた車の運転席に、東金市在住のバスの運転手(44)の焼死体。

4月:炎上したトラックの運転席から、柏市在住の会社員(44)の焼死体。

5月:燃えた乗用車から、幼いこどもと父親(44)の焼死体。

子どもを除いて、亡くなった人の年齢がすべて44歳。

しかも、どの事件も車内で焼死しているという共通点がありました。

奇妙な一致が不気味なことから“焼死者の霊が出る”と噂になり、心霊スポットの1つとなってしまったようです。

参考:東京別視点ガイド

今回の事件には関係ありませんが、近くに住む方の中には、この不気味な連続事件を思い出される方もいるかもしれませんね。

ネットの反応

海岸散歩してると時々靴が砂に埋もれるように落ちてたりするんだけど中身がついてるんじゃないかと思うと怖くて触る気になれない(´;ω;`)

引用元:5ちゃんねる

最近は慣れっこになってるが、冷静に考えたら恐ろしい事件だ

引用元:5ちゃんねる

サーファーの人が頭部見つけたってニュースで見た。
気の毒に…
片貝海岸、毎年行くけど怖いな

引用元:5ちゃんねる

違ってたらそれはそれで怖いな。

引用元:5ちゃんねる

頭が見つかったなら歯型や治療痕で身元がわかりそう。残りの手足もはやく見つかるといいですね。

引用元:Yahoo!映像ニュース

別々の場所で見つかった遺体の部位が、同一人物のものだったとのこと。

別の人間のものだったら、バラバラにされた人が複数いるということなので、それはそれで確かに怖いです。

歯の治療痕やDNA型鑑定などで身元が判明すれば、女性の周辺の人間関係などもわかってくるでしょう。

見つかった片足は足首までしかなかったとのこと。

その先も切断されたのなら、細かくバラバラにされた遺体がまだ散らばっっていることになります。

犯人は、遺体が見つからないようにバラバラにしたのかもしれませんが、こうして人目に触れる場所に現れた遺体。

遺体の執念のようなものを感じます。

まずは、身元が確認されますように祈りたいと思います。

草津市のバラバラ遺体遺棄事件は犯人が特定されました。⇒

滋賀県草津市・遺体切断遺棄事件。杠共芳(ゆずりはともよし)容疑者逮捕

海上でも身元不明の女性の遺体が見つかっています。⇒

茨城県ひたちなか市・海上でブラジャーのみ身に着けた女性の遺体発見

スポンサーリンク



参考:千葉 NEWS WEB朝日新聞デジタル産経ニューステレ朝newsテレ朝newsFNN PRIME千葉 NEWS WEB

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする