スポンサーリンク

代強容疑者逮捕。電車内の大声を注意した男性が電車に接触し死亡!

吉祥寺駅画像 事件

JR吉祥寺駅のホームで乗客どうしが口論

もみ合いとなった65歳の男性が、駅を出発した電車に接触。

頭を強く打ち重体となっていましたが、2日に死亡しました。

警察は、傷害容疑で逮捕した口論相手の中国籍・代強(ダイ・チャン)容疑者の容疑を傷害致死に切り替えました。

スポンサーリンク


事件の概要

逮捕されたのは、埼玉県春日部市大枝の自称中国籍の調理師、代強容疑者(38)。

口論となった相手の男性の胸ぐらをつかむなどした際、電車に接触させたとして、傷害の容疑がかけられていました。

吉祥寺駅画像
引用元:テレ朝news

事件は、4月29日午前0時35分ごろ、東京都武蔵野市のJR吉祥寺駅のホームで起きました。

大久保駅から豊田行きの各駅停車に、中国人の知人と乗っていた代容疑者。

車内で知人と話していたところ、同じ車両に乗り合わせていた会社役員の土屋英司さん(65)から、

「会話がうるさい。」

と注意されました。

代容疑者が吉祥寺駅で降りると土屋さんも降車。

電車内での声の大きさを巡り、駅のホームで口論となったのです。

吉祥寺駅画像
引用元:テレ朝news

代容疑者に胸ぐらをつかまれもみあいになった土屋さんは、駅を発車し始めた車両に頭をぶつけました。

土屋さんは病院に搬送され、骨折や脳挫傷で意識不明の重体で入院していましたが、5月2日に死亡

警視庁は、容疑を傷害から傷害致死に切り替えました。

事件前、新宿区のJR大久保駅近くの居酒屋で知人らと酒を飲んでいた代容疑者。

その後、知人らと電車に乗り、

「友人と電車内で話していたところ、男性から『うるさい』と注意されて口論になった。」

と供述しています。

お酒を飲んだ勢いのまま電車内で騒いでいたのなら、かなりうるさかったのかもしれません。

 

代強容疑者の顔画像

連行される代強容疑者の顔画像です。

代強容疑者顔画像
引用元:テレ朝news

代容疑者は、

「押したわけではない。」

として容疑は否認しているそうです。

わざと押したわけではないのかもしれません。

しかし、それならばなおさら、注意した男性が死亡してしまったことが悔やまれるのではないでしょうか。

 

事件の現場

吉祥寺駅画像
引用元:テレ朝news

事件の現場となったのは、東京都武蔵野市吉祥寺南町JR吉祥寺駅

吉祥寺は多摩地区でも屈指の繁華街。

多くのバス路線が発着しているため、隣接する市区以外からも大勢の人が集まります。

成蹊大学や東京女子大学など、吉祥寺駅から鉄道やバスで15分圏内に多くの大学があるため、東京有数の学生の街としても知られています。

吉祥寺駅画像
引用元:テレ朝news

また、ジャズ喫茶やライブハウスなどが多いことから音楽の街とも言われています。

多くの漫画家が住んでおり、アニメーション製作会社やゲームソフトメーカーも多数。

そのためか、吉祥寺駅前周辺を舞台とした漫画やアニメも多いのです。

 

スポンサーリンク


ネットの反応

今日、駅降りてすぐ、自転車をなぎ倒すオトコが。。。
注意すべきだが、反射的に避けてしまった。。。
アジア系外国人など、メンタリティが違うのかもしれない。
やはり、怖い。

引用元:Yahoo!映像ニュース

終電間際の酔っ払いか…
迷惑行為を注意したという被害者は、何も間違ってない。
回復してほしい。

 

引用元:Yahoo!映像ニュース

外国人の、ぶっちゃけアジア人の車内でのお喋りや携帯通話は本当に迷惑極まりない。注意してやろうかと何度も考えたけど、結局こういうことになるのだろう。「自分が人生かけてまで注意すべき相手なのか?」というところをポイントに考えて行動するしかない。

引用元:Yahoo!映像ニュース

最近、電車でよくいるね。
団体で乗ってきて、やたらと大声で喋る外国の方。
この様な事、今後もっと増えそう‥

引用元:Yahoo!映像ニュース

でも、中国とかだと電車内で大声で話すのは普通らしくて
電車の中はめちゃくちゃ騒々しいと
どこかで読んだ気がする・・・
でも、電車に突き飛ばすのは別の話で
やってはいけないことだよね

引用元:Yahoo!映像ニュース

迷惑行為に対して注意したいと思っても、危険な目にあう可能性を感じて黙っているという意見が見られました。

お酒を飲んでいなくても中国では大声で話すのが普通、という文化や習慣の違いによる摩擦を指摘する声も。

土屋さんの回復を願う声も多くありましたが、最悪の結果となってしまいました。

代容疑者は、意図的に危害を加えたわけではないかもしれません。

しかし、結果的に相手は死亡・・・

口論せず素直に謝れていたら、このような事態を避けることができたのではと思うと残念でなりません。

 

スポンサーリンク


コメント