輪島あわびまつり2018、輪島市マリンタウンで7月29日(日)開催!

日本海側ではココだけ、7月29日(日)石川県輪島市あわびまつりが開催されます。

海女さんが海で採ったアワビやサザエなど、夏の味覚が楽しめます。

しかも今年は、輪島の海女漁の国の重要無形民俗文化財指定を祝う一大イベント。

楽しいこと間違いなしですよ!

スポンサーリンク


能登の夏を告げる食のフェスティバル!

あわびまつりポスター
引用元:北國新聞

7月29日(日)午前8時30分から午後2時。

輪島市マリンタウンで、輪島あわびまつり~能登わじま海物語【夏編】が開催されます。

あわびまつりでは、舳倉島(へぐらじま)や七つ島周辺で採れたアワビやサザエなど、輪島産の新鮮な海の幸を、いつもより安い浜値で販売。

また、購入したものをその場で食べることもできます(●^ー^●)

浜値(はまね)
漁協が市場に卸す卸値ではなく、漁協が海女さんから買い付ける値段に近い値段。

毎年恒例のあわびまつり。

日本海側で開催されるのは輪島だけ。

観光客のみならず地元客にも大人気なのです!

イベント内容

物販コーナー

美しい能登の海の、栄養豊富なワカメやコンブ。

それらの海藻類を食べて育つ天然のアワビやサザエ。

養殖物とはひと味違います。

風味・甘さ・歯ごたえ・身の厚さ、どれをとっても日本一!と言ってもよいのではないでしょうか。

また、輪島のアワビやサザエは、国の重要無形民俗文化財に指定された「輪島の海女漁の技術」で1つ1つ丁寧に採られています。

そのため身にキズがなく、とても綺麗なのです。

あわびを持つ海女さん
引用元:いしかわ百万石食艦

海女採りあわびの即売場は早朝から行列ができるほど大人気。

売り切れ御免!

なので、輪島あわびまつりで新鮮なアワビを存分に味わうには、早朝の来場をオススメします。

あわびの刺身
引用元:アメーバブログ

アワビは、刺身、水貝、酒蒸し、ステーキ、すべて満足。

サザエは壷焼きが一番!

ですが、お刺身も美味。

輪島海産物炭火焼
引用元:ほっと石川

能登の荒波で育った輪島フグは、プリプリふっくらした食感と、ほのかな甘みが特徴。

輪島ふぐポスター
引用元:輪島ナビ

地物産品の即売会で購入できるものは・・・

輪島塗・いしる・ゆべし・蒸しアワビ・コノミダケ・門前そば・七面鳥・能州紬・輪島ガンチ・水ようかん・輪島せんべい・えがら饅頭・輪島そうめん・丸柚餅子など。

「能登誉」「白菊」「寧音」「百石酒屋のおやじの手造り」「能登末廣」といった、おいしい日本酒もあります。

輪島地物特産物
引用元:朝市みやげ処

飲食コーナー(バーベキューブース)

飲食コーナーには、約150席の炭火焼きコーナーと、約250席の飲食コーナーがあります。

バーベキューブース
引用元:エキサイトブログ

そこで食べられるのは・・・

能登牛や、能登豚串焼き。

能登牛、能登豚串焼き屋台
引用元:エキサイトブログ

海女さん手作りのアワビ飯や、サザエ飯。

あわび飯
引用元:インスタグラム

アワビの踊り焼きや、サザエの壷焼き。

あわび、サザエ網焼きしている画像
引用元:アメーバブログ

各種飲み物も販売されています。

(車を運転する人はお酒を飲んではいけません!)

注意事項
・炭火焼きコーナーでは席のご案内、予約等は行っておりません。
 各自で席の確保をしてお楽しみください。
 また、混雑時はすぐに席に着けない場合がございます。
・遠方から多くの方があわびまつりを楽しみに来場されます。長時間のご利用はご遠慮ください。
・天候不良・漁獲量減少により輪島産・県外産あわびともに品薄となる可能性があります。
 そのため、終了までにあわびが売り切れる場合があります。
 みなさまに購入いただけるよう販売に制限を設ける可能性もございます。
 何卒ご了承ください。

スポンサーリンク


抽選コーナー

アワビやサザエの漁協直販ブースで3,000円以上購入すると、抽選券が1枚もらえます。

抽選券1枚につき1回抽選ができますよ。

販売されるカゴに沢山入ったアワビ
引用元:FC2ブログ

賞品は、アワビやサザエ、地酒や千枚田で採れるお米などの輪島の特産物。

ハズレれはティッシュです( ̄д ̄)

抽選コーナーで抽選をしている画像
引用元:アメーバブログ

お楽しみコーナー

移動ミニ水族館

ミニ水族館
引用元:石川県観光連盟

さざえ釣り

サザエ釣の看板
引用元:エキサイトブログ

子供がサザエ釣りをしている画像
引用元:エキサイトブログ

子どもたちが喜びそうですね。

アトラクションコーナー

アトラクションコーナーでは、御陣乗太鼓(ごじんじょだいこ)の演奏を聴くことができます。

御陣乗太鼓は、異様な雰囲気の、ある種独特な迫力で、人々の心に強く食い込んでくる太鼓。

そんな御陣乗太鼓発祥のいわれは・・・

天正5年、越後の上杉謙信が名舟村(輪島の漁師村)へ攻め込んできました。

武器らしいものを持たない無力な村人達。

村の知恵者といわれる古老の指図に従い、樹の皮で仮面を作り、海藻を頭髪とし、太鼓を打ち鳴らしながら寝静まる上杉勢に夜襲をかけました。

上杉勢は思いもよらぬ陣太鼓と、奇怪きわまる怪物の夜襲に驚き、戦わずして退散したと伝えられています。

御陣乗太鼓は、昭和36年に輪島市指定文化財に、昭和38年には石川県無形文化財に指定されています。

開催場所

あわびまつり開催場マリンタウン
引用元:アメーバブログ

あわびまつりの開催場所「輪島市マリンタウン特設会場」は、石川県輪島市マリンタウン1-1にあります。

アクセス方法

アクセス方法
引用元:海の駅

金沢より車で約120分(のと里山海道、国道249号線経由)

駐車場は約1,000台収容。

金沢より特急バスで約120分(輪島特急線「輪島マリンタウン行き」乗車→「輪島マリンタウン」下車)

のと里山空港から各地へ、ふるさとタクシーでも行けます。

ふるさとタクシーポスター

のと里山空港からのアクセス
引用元:のと里山空港

お問い合わせはこちら↓↓↓

【輪島あわびまつりに関するお問い合わせ時間】 営業日am9:00~pm17:00

イベント開催や内容は天候等の都合により変更となる場合もございます。

〒928-0075 石川県輪島市鳳至町下町166番番地
石川県漁業協同組合輪島支所(能登わじま海物語実行委員会事務局)
・ TEL:(0768)22-1485
・ FAX:(0768)22-9480
・ e-mail : wajima-soumu07@nsknet.or.jp

輪島の綺麗な海と、新鮮でおいしい海の幸に癒され、御陣乗太鼓に元気をもらいましょう!

2018年あわびまつり終了!

7月29日に開催された2018年の輪島あわびまつりには、約3万人が訪れ、大盛況のうちに幕を閉じました。

今回用意されたアワビは、地元産250kg、宮城・新潟などの県外産が340kg、サザエは地元産で500kg。

地元産のアワビは100gで1,200円という浜値で販売されました。

まつりの前日に海がしけたために、今年は少し高値での販売となったようです。

インタビューに対し、毎年のように来ていて、もう何回も参加していると話す方が多く見られました。

1度参加すると、そのおいしさにやみつきになるのかもしれませんね!

夏のおでかけ。一面に咲き誇るひまわりに元気をもらいに行きませんか?⇒

石川県のひまわり畑名所4選!黄色の絨毯ひまわりに癒され暑気払い

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする